オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイク通勤におすすめの車種3選!人気がある排気量はやっぱり125cc!

calendar

渋滞や満員電車を避けてバイクで通勤したい…そう思うことってありますよね。

ですが…特にバイクに詳しくない方には何を買って良いのかわからない状態ってことも。

 

持っている免許や個人の好みや使い方によって選ぶべき車種は変わってきますが、多くの方が通勤に使っている人気車種を今回は紹介したいと思います。

通勤用途であれば、買うべきは125ccのバイク!

その理由も紹介していきますよ。

 

ちなみに通勤距離はそれほど長距離ではなく、1時間以内くらいを前提にした内容となっていますので、そこだけよろしくお願いします。

スポンサーリンク

バイク通勤におすすめの車種3選!

バイク通勤におすすめするべく車種ですが、次の3車種を紹介したいと思いますよ。

・スズキ アドレスV125
・ヤマハ NMAX
・カワサキ Z125 PRO

 

大別するとアドレス小さめスクーター、NMAXは普通サイズのスクーター、Z125がちょっと趣味も交えたMT車って感じでしょうか?

ライバル車となる車種も紹介しますので、見た目や好みのメーカーで選んでくださいね。

スズキ アドレスV125

出典:スズキ株式会社

別名「通勤快速アドレス号」と呼ばれるほどに、通勤車両としてこの車種を外すことは出来ません。

50ccと間違える様な小さく軽い車体に、125ccのエンジンを搭載したことから非常に元気よく走ります。

 

特に都内の渋滞などではその小ささが非常に有利となり、見渡す限りアドレス…なんてケースもありますよね。

あ、すり抜けに関しては色々と議論が分かれるところで…当たり前のようにやっている方も多いですが一応グレーとだけ言っておきます。

 

おすすめランキング第1位なアドレスV125なのですが…残念ながら生産終了が決まっており在庫限りの状態になっています。

後継モデルとしてアドレス125が発売されていますがこちらはコンセプトが多少違い、125ccとしては普通サイズのスクーターとなっています。

それが故に、通勤でアドレスV125を愛用していた方達からは不評のようですね。

 

V125の後継としてはSwishという新しい車種がそうではないかと思われますので、急がない方はそちらを待ってみても良いかもしれません。

Swishに関しては別記事がありますので、関連記事からどうぞ!

 

ライバル車種としてはホンダのリード125やヤマハのアクシスZ辺りでしょうか?

出典:本田技研工業株式会社

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

リードはフロントが12インチですが、10インチを採用している小さいスクーターは街中での取り回しが楽で良いですよね。

半面高速走行には向かないところがありますので、ストップ&ゴーが多い通勤路や住宅街やオフィス街などの狭い道が多い方におすすめです。

スポンサーリンク

ヤマハ NMAX

出典:ヤマハ発動機株式会社

先ほどと比べるとちょっと大きめ(125ccスクーターとしては普通)サイズでおすすめなのはヤマハのNMAXです。

原付に比べると実に一回りは大きく、車から無理な追い越しをかけられたり…なんて心配な方にもおすすめですね。

 

車体の大きさとともに車両価格も上がりますが、ABS搭載となったり安全面や装備も豪華になっていきます。

アドレスV125とかは原付の延長…って感じがありますが、NMAXなどは「125ccのスクーター」って感じで別物感がありますね。

 

NMAXは2018年春頃に新型が出るのではないかと言われていますので、その辺りが気になる方はちょっと待った方が良いかもです。

その辺りの話は別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

ライバル車としては、やはりホンダのPCXではないでしょうか?

出典:本田技研工業株式会社

ただ、PCXも近々新型になりますので…ちょっと待った方が良いかもですね。

新型に関しては別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

PCXは14インチ、NMAXは13インチとメーカーの思想に違いがありますが、10インチや12インチよりも大きいタイヤを採用しているところは共通ですね。

ボディサイズが多少大きくなりますので、街中での取り回しは多少不便となりますが…とは言っても125cc、それほど心配はいりません。

 

通勤経路が交通量が多い幹線道路だったり、バイパスみたいに流れが速い道路を利用する方におすすめのカテゴリーかと思いますよ。

スポンサーリンク

カワサキ Z125 PRO

出典:株式会社カワサキモータースジャパン

バイク通勤も楽しく!ただの移動手段じゃないよ、って方には125ccのミッション車がおすすめです。

通勤でも使うけどバイクを楽しみたい、バイクを趣味にしたいって思う方は是非MT車を選んでほしいですね。

 

スクーターは楽と言いますし事実楽ですが、ミッション車だからといって大変ってことはないですよ。

車のマニュアルよりも楽かと思いますし、自分で操る楽しさはスクーターとは比べられません。

 

そんな125ccMT車でおすすめしたいのがZ125 PROです。

12インチ採用の小さく軽い車体は非常に取り回しがよく、街中でもオフィス街でも非常に便利ですよ。

フルサイズと言われる17インチホイールを採用したモデルもありますが、比較するとやっぱり乗るのが億劫に思うことが…。

朝はまだしも、疲れて帰る時なんかは結構この違いが大きかったりします。

 

ライバル車としてはホンダのグロムですね。

出典:本田技研工業株式会社

この2車は好みの問題と言って良いくらいにどちらを選んでも失敗しないですので、好きな方を選んで下さいね。

走って良し、いじって良し、ここからバイク沼にハマっていく方も…笑

毎日の退屈な通勤に彩りを与えてくれること間違いなしです。

スポンサーリンク

125ccが人気の理由!

今回全ての車種で125ccをおすすめした理由ですが大きく3点です。

・50ccと違ってしがらみが少ない
・車体がそれほど大きくない
・金額面の負担が少ない

といった3つですね。

それぞれ1記事書けてしまうくらいのボリュームになってしまうので…ざっと要点だけ紹介しますよ。

詳細についても確認したいという方は、別記事が詳しいので関連記事からどうぞ!

50ccと違ってしがらみが少ない

50ccと違って30km/h制限2段階右折がありません。

この辺りの決まりって現代の交通事情には合ってないんですよね。

 

スピード違反を推奨するわけではありませんが、30キロ制限を守っている方が怖い思いをすることも多かったり…。

しかしスピード違反で白バイに停められるのも嫌ですし…。

 

こういったことを125ccでしたら考える必要がなく、車とほぼ同じルールで乗ることが出来ますね。

車体がそれほど大きくない

通勤という目的ですので、駐車場から引っ張り出したり…乗るのに気合いがいるのは嫌ですよね。

長距離通勤の方には125ccはおすすめし辛いですが、大抵の方は1時間圏内くらいではないでしょうか?

 

気軽に乗れることで、帰りにちょっと寄り道したりといった楽しみも出てくるかと思います。

暖機もそれほど長時間必要ないですし、エンジンをかけてわりとすぐに走り出せるというのも、忙しい朝には嬉しいですよね。

スポンサーリンク

金額面の負担が少ない

通勤として使うためには金銭面も大きいですよね。

125ccなら車両代もそれほど高くないですし、任意保険もそれほど高額ではありません。

車を持っている方が家族にいれば、ファミリーバイクという手もありますしね。

 

燃費も良いですし税金関係も大きなバイクに比べると安いのがポイントです。

免許の問題はありますが…それ以外は非常にメリットが大きいのが125ccという排気量だと思いますよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

通勤におすすめのバイクは本文内で色々紹介!

125ccは長距離通勤者以外には非常におすすめの排気量!

 

今回はあまりバイクに詳しくない方で、バイクで通勤してみようかなという方に向けて書いてみました。

是非とも通勤からでもバイクの楽しさにハマってほしいと思いますよ。

 

通勤の際の服装や、雨対策などは別記事が詳しいので関連記事からどうぞ!

 

当サイトの原付に関する記事をまとめた一覧記事はコチラです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。