オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクの保険のおすすめが簡単にわかる!見積もり比較で安い値段の会社を探そう!

calendar

バイクの任意保険、ちゃんと入ってますか?

自賠責に入っているから大丈夫とか、選び方がよくわからない…、値段が高いんだよね、なんて方も多いのではないでしょうか?

 

万が一の時に自賠責保険だけですと圧倒的に補償が足りないってことになってしまいますよ!

任意保険の必要性や、どうやって補償内容を選んだら良いのかを解説していきます。

 

しっかりと価格と内容を確認して、コストパフォーマンスに優れる保険を選んでいきましょう!

 

【無料】今すぐ自分に合った保険を知りたい方はこちら(最短3分)

↓  ↓  ↓  ↓


バイク保険一括見積もり

上記サイトで保険会社各社に一括で見積もりを取り、内容と価格を比較するのがおすすめです!

バイクの任意保険って本当に必要?

バイクの任意保険ですが、絶対に必要です!

もうね、名前が悪いと思うんですよね…。

「任意」なんて書いてあるから「入らなくても良い」と思ってしまう気持ちもわかります。

 

そして「自賠責保険」は入らないと公道を走れませんから…これだけで良いやってなる気持ちもよくわかります。

なのですが、自賠責保険というのは本当に最低限の内容となっており、万が一の事故の際には圧倒的に足りない…なんてことになりがちです!

簡単に自賠責保険と任意保険の違いを見ていきましょう。

自賠責保険と任意保険はこんなに違う!

自賠責保険ですが、相手のケガ等に対しての補償のみとなっています。

ここが1番大きなポイントとなっていますよ。

 

対して任意保険の場合は相手のケガだけでなく、自身のケガや双方の物に対する補償が付いています。

物に対する補償というのは「物損」と言われるものですね。

簡単に言ってしまうと、相手の車等の修理費用と思っておけば大丈夫です。

 

自賠責は相手のケガ等に対する補償と書きましたが…これも内容を見ると圧倒的に足りていないんです!

・傷害による損害・・・120万円
・後遺障害診断書による損害・・・4,000万円
・死亡による損害・・・3,000万円

この金額が自賠責保険の限度額となっています。

 

実はこの金額って圧倒的に少ないんですよ…。

ちょっと相手にケガをさせてしまった程度なら良いですが、障害が残るレベルだったり亡くなってしまったり…そんな時には3,000万円では足りないケースがほとんど。

 

更には先ほど紹介したように、相手の車や自身のケガなどは補償されません。

車の修理費が何十万円となるのはザラですし、公共のガードレールなどってかなり高額です。

 

一例ですが道路周辺の公共物ってこんな感じの値段です!

・道路標識・・・500万円
・信号機・・・500万円
・電信柱・・・100万円
・ガードレール・・・1枚30万円(支柱は別)

 

こんな金額到底払えない!って方は自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しましょう。

任意保険の選び方ってよくわからない!

任意保険の選び方って難しいですよね…。

保険代理店の言われるがままに契約していませんか?

 

それだと必要ない補償まで付いていて高額に…なんてケースになりかねません。

自身にとって本当に必要な物を選ぶことで、補償はしっかりだけれども安い保険が完成します。

 

主に見ていくポイントはこちらの6点ですよ!

・対人賠償保険
・対物賠償保険
・人身傷害補償保険
・無保険車傷害保険
・弁護士費用特約
・ロードサービス

対人賠償保険

対人賠償保険は、相手のケガの治療費等になります。

亡くなってしまった際の慰謝料などもこちらですね。

 

自賠責保険が3,000万円となっており、圧倒的に足りないと説明したように…ケースによっては億単位になることも。

対人賠償保険は「無制限」にしておくことがおすすめです。

対物賠償保険

対物賠償保険は、相手の物に対する補償ですね。

相手の車や、ガードレール等の公共物などが主な用途でしょうか。

 

大抵の場合は車の修理費が1番高額となることが多いのですが、荷物を積んだトラックなどですと数千万円から億になることも。

トラックですと積荷の補償も行う必要があり、それが高額商品だったりするととんでもない金額になります。

 

対物賠償が1,000万円を超えるのは稀ではありますが、その滅多にないことで人生を狂わせたくない方は「無制限」がおすすめです。

「3,000万円」「5,000万円」「1億円」「無制限」などと選べますが、無制限を3,000万円にしても年間の保険料は数千円しか変わりません。

その程度の差でしたら「無制限」にしておくのが、おすすめですよ。

人身傷害補償保険

人身傷害補償は自身のケガ等に払われる保険となっています。

運転者と搭乗者に有効でして、似たようなものに「搭乗者傷害」というものがあります。

 

色々と違いはありますが、人身傷害補償は実際にかかった金額が支払われるもの。

搭乗者傷害はケガの程度であらかじめ決められた金額が払われるものです。

 

そのため搭乗者傷害は支払いが迅速というメリットがありますが、実際の治療費に足りない…なんてデメリットも。

また人身傷害補償は自身のバイクに乗っている時以外にも、借り物のバイクでも車でも、歩行中の事故でも対象となるのがポイント。

個人的には搭乗者傷害にするメリットは薄いと思っていますよ。

 

人気があるのは人身傷害補償の「3,000万円」となっていますが、手厚い補償を求める方は「5,000万円」を選んでいますね。

先ほど「他の車両でも、歩行中でも対象」と説明しましたが、複数バイクや車を持っている方は注意です。

なぜかと言うと、他のバイクや車の保険で既に加入している可能性があるからですね。

 

他の車両の保険で加入済みであれば、二重に加入する必要はありませんので人身傷害補償を無しにすることも可能です。

保険会社によっては「無し」には出来ないこともありますので、1番安い物にするって形ですかね。

複数台持ちの方は、現在の保険をしっかりと確認するのがおすすめです。

無保険車傷害保険

名前の通り、相手側が無保険だった時に支払われる保険です。

現在は恐ろしいことに10台に3台は無保険と言われています!

 

ほぼ全ての保険会社が採用しており、無しにしたり金額を変えることが出来ないケースが多いです。

そのためこちらで選択することは無く、無保険車傷害保険があることだけ確認して下さい。

弁護士費用特約

賠償請求や示談交渉を弁護士に任せることが出来るサービスです。

基本的に事故の際は、加入している保険会社が対応してくれるのですが…。

自分に責任が一切無いもらい事故の場合ですと、自身の保険会社は示談交渉が出来ないという決まりがあります。

 

私自身も1度、自身に過失がない事故を経験しましたが…本当に対応が大変です。

相手の保険会社はいかに支払いを減らすかですので、こちらとしては到底納得できないようなことを言って払う金額を減らそうとします。

 

それに対して「バイクの補償金額の妥当性」や「損傷したウェアの金額の妥当性」などを交渉していきます。

プロ相手に素人が戦うわけですから、本当に大変なんです。

 

そして示談が成立するまで一銭たりとて支払われません。

その間の治療費や代車、修理費などは自腹となります。

 

なので悪質な保険会社ですと、なるべく長引かせてくるんですよ…。

こちらが嫌になってきて「もうその金額で良いです」というのを待っているというか…。

 

こういった面倒なやり取りをプロである弁護士に依頼出来るサービスですので、是非加入しておきましょう!

こちらも人身傷害補償と同じく、保険加入の車両ではなく加入者(と家族等)に対するものとなります。

なので、他の車両の保険で既に加入済みであれば不要となりますよ。

複数車両を持っている方は、現在加入の保険を確認してみて下さい。

ロードサービス

最近の保険会社はロードサービスが充実しているところが多いです。

車と違ってちょっとした事故でも自走不可となることが多いですので、ロードサービス付きがおすすめです。

 

JAFなどのロードサービスに加入している方は不要ですが、個人的には保険会社のロードサービスの方が安くて充実しているように思いますよ。

事故以外にもバッテリー上がりガス欠などにも対応していますので、内容をしっかりと見比べてみて下さいね。

その他

その他には「自損事故保険」「車両保険」などがあります。

自損事故は相手のいない事故の時に、自身のケガに対して支払われる保険ですが…人身傷害補償があれば不要です。

 

車両保険は災害などでの損害に有効なのですが、盗難は対象外となっています。

バイクの車両保険は扱っていない保険会社も多いですね。

 

考え方次第ですが、盗難に対応していないので車両保険は不要かと思います。

かけておけば安心ではありますが、一気に保険料が上がるのがネックなんですよね…。

任意保険の相場ってどのくらい?

任意保険の相場ですが、その人による…としか答えられません。

これまで紹介してきたように、補償内容をどうするかで大きく金額が変わってきます。

 

そして保険には等級というものがあり、事故を起こさない期間が長くなるほどに保険料が安くなるんですね。

なのでベテランで無事故の方は安いですし、ベテランでも事故だらけの方は高い…。

免許取り立てって方も保険料は高めとなっています。

 

他にも年齢によって保険料は変わってきますし、バイクの排気量によっても変わってきます。

このように、変動する要素が非常に多いので相場というものは出せないんですよね。

 

そういったこともあり、知人や友人に保険料を聞くのもあまり意味がありません。

補償内容や等級、その他もろもろまで詳しく教えてもらえば参考にはなりますが…自身の条件と違うとあまり参考にならないんですよね。

 

相場を知るためにも、バイクの任意保険は複数の保険会社に見積もりを取ってみるのがおすすめです。

その際には一括見積もりサービスを利用するのが簡単で良いですよ!

保険は一括見積もりで比較して決めろ!

任意保険は一括見積もりを比較して決めるのがおすすめです。

先ほど紹介したように、任意保険の相場というのは条件次第なので…実際に見積もってみないとわからないんですよね。

 

そして保険会社にも得手不得手と言いますか、それぞれ得意とする条件があったりします。

条件と言うか…考え方の違いでしょうかね?

 

あくまでもわかりやすくするための例えですが、A社は低年齢者が安い傾向…とか、B社はロードサービスが充実してるとか。

C社は人身傷害補償を手厚くしても、それほど高額にならない…とか。

 

知人や友人、ネットの評判で「A社が安いよ!」となっていても自分の条件で安いかどうかは別問題なんですよね。

かと言っていちいち多くの保険会社に見積もりを取るのは非常に大変…。

バイクの情報や補償内容などを毎回入力してたら…それだけで1日がかりになってしまいます。

 

一括見積もりサービスであれば、入力は1回で複数の保険会社から見積もりを取ることが可能ですよ!

条件を揃えて見積もりが出来ますので、自分にとって安いか高いかを簡単に知ることが出来るんです。

 

しかも多くの会社が導入しているのがインターネット割引!

ネットで見積もりを取ってネットで加入すると、普通に加入するよりもお得になるんです。

金額は数千円から1万円程度と、決してバカにならない額ですよ!

 

ネットで加入出来る保険はいわゆるダイレクト型保険と言って、代理店が不要なために割安に出来るというメリットもあります。

その反面、自分で保険の知識を付けて必要な補償内容を選ばなくてはいけないというデメリットも。

しかし今回細かに選び方を紹介してきたように、保険の条件選びは決して難しくありません。

 

この記事を読んだ方は補償内容も問題なく決められますので、ダイレクト型保険の一括見積もりがコストパフォーマンス最高です!

一括見積もりは、保険の窓口インスウェブさんが主要8社を徹底比較して、最大5社を紹介してくれますよ。

見積もり自体は無料ですし、最短3分で終わるので車検証片手に是非やってみて下さい♪


バイク保険一括見積もり

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。