オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » MotoGP(レース全般) » MotoGP2022のカレンダー情報!日程と開催サーキットを紹介!

MotoGP2022のカレンダー情報!日程と開催サーキットを紹介!

calendar

バイク保険料が年間最大1万円安くなるチャンス!

↓無料で最短3分!1番安い保険を見つけよう!↓

無料で今すぐ一括見積もり

MotoGP 2022のカレンダーが発表になっています。

2021年12月時点では暫定ではありますが、変更になったら追記修正していきますよ。

2020年はコロナウイルスの影響により大幅に変更され、ほぼヨーロッパ選手権となってしまいました。

2021年も同様に大幅な変更となり、これまたほぼヨーロッパ選手権に…。

2022年も状況次第では同じようにヨーロッパを主体に…という形に変更になるでしょうが、現時点ではコロナ以前のカレンダーに近い形で発表されています。

 

2022年にはフィンランドインドネシアが追加され、過去最多となる全21戦の予定。

(フィンランドは2020年に追加されましたが、コロナの影響で2020年も2021年も開催されなかったんですよね)

そして2019年より噂のあったメキシコは今年も予定に入っておりません。

2021年の加入を目指していたインドネシアは、2022年より正式加入となりましたよ。

スポンサーリンク

MotoGP 2022年の暫定カレンダー発表!

2022年のカレンダーですが、過去最多となる全21戦となる予定です。

日付は決勝レース日です。

 グランプリ  サーキット  決勝レース日
 カタール  ロサイル・インターナショナル・サーキット  3月6日
インドネシア マンダリカ国際ストリート・サーキット  3月20日
 アルゼンチン  テルマス・デ・リオ・オンド  4月3日
 アメリカズ  サーキット・オブ・ジ・アメリカズ  4月10日
 ポルトガル  アルガルヴェ国際サーキット  4月24日
 スペイン  ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエト  5月1日
フランス ル・マン-ブガッティ・サーキット  5月15日
イタリア アウトードロモ・ディ・ムジェロ  5月29日
カタルーニャ バルセロナ-カタルーニャ・サーキット  6月5日
ドイツ ザクセンリンク  6月19日
オランダ  TT・サーキット・アッセン  6月27日
 フィンランド キュミリング  7月10日
 イギリス  シルバーストン・サーキット  8月7日
オーストリア レッドブル・リング-シュピールベルク  8月21日
サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット  9月4日
アラゴン モーターランド・アラゴン  9月18日
日本 ツインリンクもてぎ  9月25日
タイ チャーン・インターナショナル・サーキット  10月2日
オーストラリア  フィリップアイランド・サーキット  10月16日
 マレーシア  セパン・インターナショナル・サーキット  10月23日
 バレンシア  サーキット・リカルド・カルド  11月6日

 

例年通りカタールで開幕となりますが、その次に初登場となるインドネシアが入ります。

2021年での加入を目指していましたが、2021年はリザーブGPとなり開催はされず…。

2022年に正式にカレンダー入りとなったインドネシアGPです。

 

そして2020年よりカレンダーには追加されていたものの、コロナウイルスの影響で開催されていなかったフィンランドが追加。

そして2021年には「未定」となっていたチェコGPはカレンダー落ちとなっていますね。

これは2020シーズンのレースで路面に対する苦情がライダーから出たため。

結果として解決されずにカレンダー落ちということになりましたね。

 

日本GPはほぼ例年通りの位置、9月25日に予定されています。

ここ数年日本にグランプリがきていないので、コロナが落ち着いて2022年こそ開催されてほしいところ。

 

例年とほぼ同じく3月頭に開幕となり、11月頭に終了というスケジュールになっています。

スポンサーリンク

MotoGP2021のシート ライダーリスト【暫定】

チーム  バイク  ライダー  契約期間
Repsol Honda Team  ホンダ  マルク・マルケス  2024年末
 ポル・エスパルガロ  2022年末
Ducati Lenovo Team  ドゥカティ  ジャック・ミラー  2022年末
 フランチェスコ・バニャイア  2022年末
Monster Energy Yamaha MotoGP  ヤマハ  ファビオ・クアルタラロ  2022年末
 フランコ・モルビデリ  2023年末
Team SUZUKI ECSTAR  スズキ  ジョアン・ミル  2022年末
 アレックス・リンス  2022年末
Aprilia Racing Team Gresini  アプリリア マーベリック・ビニャーレス   2022年末
 アレイシ・エスパルガロ  2022年末
Red Bull KTM Factory Racing  KTM  ブラッド・ビンダー  2024年末
 ミゲル・オリベイラ  2022年末
LCR Honda  ホンダ  アレックス・マルケス  2022年末
 中上貴晶  2022年末
Pramac Racing  ドゥカティ  ホルヘ・マルティン 2022年末
 ヨハン・ザルコ 2022年末
WithU Yamaha RNF MotoGP Team  ヤマハ  アンドレア・ドヴィツィオーゾ  2022年末
 ダリン・ビンダー  2022年末
Tech 3 KTM Factory Racing  KTM  ラウル・フェルナンデス  2022年末?
 レミー・ガードナー  2022年末?
Gresini Racing MotoGP  ドゥカティ  エネア・バスティアニーニ  2022年末?
 ファビオ・ディ・ジャンナントニオ  2022年末?
VR46 Racing Team  ドゥカティ  ルカ・マリーニ  2022年末?
マルコ・ベツェッキ  2022年末?

 

2022年に参戦するライダーは上記の通りです。

各チーム・ライダーの詳細情報は別記事で詳しく紹介していますので、そちらもどうぞ。

スポンサーリンク

MotoGP2022の注目ライダーは?

ファビオ・クアルタラロ
マルク・マルケス
フランチェスコ・バニャイヤ
中上貴晶

ファビオ・クアルタラロ

2021年の年間王者として、2022年も同じくモンスターエナジー・ヤマハより参戦予定。

2021年シーズン最多となる5勝を挙げたものの、シーズン終盤は少し低迷があったのが気になるところ。

しかし見事にフランス人初の最高峰王者となり、2022シーズンもチャンピオン争いをするであろうライダーです。

気になるのはヤマハの他のライダーが低迷していることであり、マシン開発が果たしてどうなるのか?

マルク・マルケス

2020シーズンは怪我により棒に振ってしまった絶対王者。

2021年には復帰して以前の強さを見せてくれるだろうと思っていたのですが…復帰後も怪我の影響を感じさせるシーズンでした。

それでも年間3勝というのはさすがと言うべきか?

シーズン終盤に再びトレーニング中の怪我により、一足早くシーズンを終えているのが気になるところ。

度重なる怪我により既にピークは過ぎたのか?それともまだまだこれから復活するのか?

フランチェスコ・バニャイヤ

2021年シーズンの年間2位を獲得。

開幕戦で3位、第3戦で2位と調子は良かったものの…なかなか勝てずにいましたが、第13戦で悲願の初勝利。

そこから6戦で4勝をあげてランキング2位を獲得しています。

安定して速いものの…なかなかチャンピオンが取れなかったドゥカティの救世主となれるのか?

2022シーズンはチャンピオン争いが期待されるライダーです。

中上貴晶

最高峰クラス唯一の日本人ライダー。

マルケス不在となった2020シーズンは、徐々にマシンに適合しホンダ勢トップのリザルトを残しました。

特にシーズン後半はポールポジションを獲得し、もう少しで表彰台…というところまで。

しかし2021シーズンにはマルケス復帰となったこともあり、ホンダのリソースが減ってしまったためか苦戦のシーズンに。

最高峰クラス4年目ということで、そろそろ目に見える結果がないとシートが危ないハズ。

一発の速さは何度も見せたため、2022シーズンこそは初表彰台を狙いたいところ。

スポンサーリンク

日本から観戦に行くにはどこがおすすめ?

日本から観戦に行くのであればアジアラウンドが良いかと思います。

もちろん、もてぎが1番良いとは思いますけどね。笑

 

ただ正直ツインリンクもてぎは面白いコースとは言えませんので、そういった意味ではオーストラリアが良いかもしれません。

日本からもそれほど遠くないですし、治安や衛生の問題もそれほど悪くないですよね。

そしてフィリップアイランドは非常に面白いコースです。

 

タイのチャーン・インターナショナル・サーキットはSBKが既に開催されています。

なので運営的な問題はないでしょうし、日本からの距離もそれほど遠くはないですよね。

MotoGPも2019年に初開催となりました。

ただ、こちらもあまり面白くないコースとしてライダーからは評判が良くないんです。

 

あとはマレーシアのセパンは評判がそれなりに良いコースですよね。

マレーシアも立地的には行きやすい場所と言えるのではないでしょうか?

住んでいる地域にもよるでしょうが、場合によってはもてぎに行くよりも安い…なんてケースもあるでしょう。

2022シーズンはアジアラウンドという形で、日本からマレーシアまで一気に4戦続けて開催されます。

なかなか複数のグランプリを観に行くというのは難しい方が多いと思いますが、この4戦を回れたら楽しいでしょう。

 

また2022年は第2戦にインドネシアが初開催。

あちらはMotoGP人気が高く、初開催ということで…チケットを取るのが難しそうですが…気になるサーキットではあります。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MotoGP 2022年のカレンダーが発表され、年間21戦!

日本から行けるおすすめは、フィリップアイランドかセパン

 

年々増えてって大変になっている印象がありますが、ファンとしては少しでも長く観れて嬉しいことなんですけどね。

史上最多の年間21戦となっていますが、他にもロシアが参加を狙っていますので…今後は更に増える可能性も。

放送に関しては別記事が詳しいので、そちらをどうぞ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・Tシャツより涼しい?夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・実は損しているかも?任意保険を今より安くする方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

そのバイク 低金利ローンなら今すぐ買えます

銀行マイカーローンでバイクを買うと、27万円得するかもしれません。

 

実は銀行マイカーローンを利用すると、ディーラーや販売店で加入する信販系ディーラーローンよりも低金利で借りることが可能です。

例えば120万円を36ヶ月で借りた場合、銀行マイカーローンなら返済額は128万0,640円(年利2.24%)となり、信販系ディーラーローンだと返済額は155万2,800円(年利9.8%)となります。

なんとその差額は27万2,160円にも!

 

でも銀行マイカーローンは審査が厳しい…なんて声もありますよね。

クラウドローンなら希望の条件を登録するだけで、どの銀行からどのくらいの金利で借りられるかを診断することが可能です。

また既にローンを組んでしまった方も、クラウドローンへの乗り換えで金利が安くなる可能性があります!

 

↓登録はわずか1分!診断は最短3分!クラウドローンはコチラ↓

バイクをローンで買うならクラウドローン



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す