オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » MotoGP(レース全般) » MotoGP2021のカレンダー情報!日程と開催サーキットを紹介!

MotoGP2021のカレンダー情報!日程と開催サーキットを紹介!

calendar

MotoGP 2021のカレンダーが発表になっています。

2020年11月時点では暫定ではありますが、変更になったら追記修正していきますよ。

 

2020年はコロナウイルスの影響により大幅に変更され、ほぼヨーロッパ選手権となってしまいました。

現時点でもコロナの影響が残り続けていますので、2021年のスケジュールも変更される可能性はあります。

が…とりあえず暫定スケジュールが発表されたのでまとめておきますよ。

 

2021年にはフィンランドが追加され全20戦の予定。

(フィンランドは2020年に追加されましたが、コロナの影響で開催されなかったんですよね)

そして2019年より噂のあったメキシコは今年も予定に入っておりません。

2021年の加入を目指していたインドネシアは、リザーブグランプリに入りました。

スポンサーリンク

MotoGP 2021年の暫定カレンダー発表!

2021.01.23 追記

コロナウイルスの影響で暫定日程が変更されています。

カタールGPが2週連続開催(2戦目はドーハGP)となり、アルゼンチンGPとアメリカズGPの開催が困難とされ10月~12月へと延期予定。

ポルトガルGPが4/18に追加となり、その後のスペインGPからは今までの予定通り…という予定になっています。

そして開催地未定だった1戦は無くなり、ロシアがリザーブから外れる形になりました。

今後も状況により日程の変更が入ると思われますが、現時点では下記の通りとなりますよ。

 グランプリ  サーキット  決勝レース日
 カタール  ロサイル・インターナショナル・サーキット  3月28日
 ドーハ  ロサイル・インターナショナル・サーキット  4月4日
ポルトガル アルガルヴェ国際サーキット  4月18日
 スペイン  ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエト  5月2日
フランス ルマン  5月16日
イタリア アウトードロモ・ディ・ムジェロ  5月30日
カタルーニャ バルセロナ-カタルーニャ・サーキット  6月6日
ドイツ ザクセンリンク  6月20日
オランダ  TT・サーキット・アッセン  6月27日
 フィンランド キュミリング  7月11日
オーストリア レッドブル・リング-シュピールベルク  8月15日 
イギリス シルバーストン・サーキット  8月29日
アラゴン モーターランド・アラゴン  9月12日
サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット  9月19日
日本 ツインリンクもてぎ  10月3日
タイ チャーン・インターナショナル・サーキット  10月10日
オーストラリア フィリップアイランド・サーキット  10月24日
マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット  10月31日
バレンシア サーキット・リカルド・カルド  11月14日
アルゼンチン ロサイル・インターナショナル・サーキット  延期(未定)
アメリカズ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ  延期(未定)
 インドネシア  マンダリカ国際ストリート・サーキット  リザーブ

2020.12.09 元記事

2021年のカレンダーですが、2020年の元々のスケジュール同様に全20戦となる予定です。

日付は決勝レース日です。

 グランプリ  サーキット  決勝レース日
 カタール  ロサイル・インターナショナル・サーキット  3月28日
 アルゼンチン  テルマス・デ・リオ・オンド  4月11日
 アメリカズ  サーキット・オブ・ジ・アメリカズ  4月18日
 スペイン  ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエト  5月2日
フランス ルマン  5月16日
イタリア アウトードロモ・ディ・ムジェロ  5月30日
カタルーニャ バルセロナ-カタルーニャ・サーキット  6月6日
ドイツ ザクセンリンク  6月20日
オランダ  TT・サーキット・アッセン  6月27日
 フィンランド キュミリング  7月11日
 未定  未定  未定
オーストリア レッドブル・リング-シュピールベルク  8月15日
イギリス シルバーストン・サーキット  8月29日
アラゴン モーターランド・アラゴン  9月12日
サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット  9月19日
日本 ツインリンクもてぎ  10月3日
 タイ  チャーン・インターナショナル・サーキット  10月10日
 オーストラリア  フィリップアイランド・サーキット  10月24日
 マレーシア  セパン・インターナショナル・サーキット  10月31日
 バレンシア  サーキット・リカルド・カルド  11月14日
 ポルトガル  アルガルヴェ国際サーキット  リザーブ
 インドネシア  マンダリカ国際ストリート・サーキット  リザーブ
 ロシア  イゴラ・ドライ・サーキット  リザーブ

 

2020年にフィンランドが追加となりましたが、開催されなかったので実質フィンランドGPが追加された形になります。

チェコGPの名前が無くなり「未定」となっていますが、これは2020シーズンのレースで路面に対する苦情がライダーから出たため。

路面が改修される、もしくは何らかの対策を行いライダーが納得すればチェコとなる可能性が高いでしょう。

NGとなればリザーブGPが代わりに入るのですが、時期・場所的にポルトガルかロシアの可能性が高いでしょうか。

 

例年より少し遅い3月末の開幕となります。

しかし日程を少し詰めて、終了は例年通り11月中旬となっています。

スポンサーリンク

MotoGP2021のシート ライダーリスト【暫定】

チーム  バイク  ライダー  契約期間
Repsol Honda Team  ホンダ  マルク・マルケス  2024年末
 ポル・エスパルガロ  2022年末
Ducati Team  ドゥカティ  ジャック・ミラー  2021年末
 フランチェスコ・バニャイア  2022年末
Monster Energy Yamaha MotoGP  ヤマハ  マーベリック・ビニャーレス  2022年末
 ファビオ・クアルタラロ  2022年末
Team SUZUKI ECSTAR  スズキ  アレックス・リンス  2022年末
 ジョアン・ミル  2022年末
Aprilia Racing Team Gresini  アプリリア  アレイシ・エスパルガロ  2022年末
 ロレンツォ・サバドーリ?  –
Red Bull KTM Factory Racing  KTM  ブラッド・ビンダー  2021年末
 ミゲル・オリベイラ  2021年末
LCR Honda  ホンダ  アレックス・マルケス  2022年末
 中上貴晶  2022年末
Pramac Racing  ドゥカティ  ホルヘ・マルティン 2022年末
 ヨハン・ザルコ 2021年末
Petronas Yamaha SRT  ヤマハ  バレンティーノ・ロッシ  2021年末
 フランコ・モルビデリ  2022年末
Red bull KTM Tech 3  KTM  ダニーロ・ペトルッチ  2021年末
 イケル・レクオナ  2021年末
Esponsorama Racing  ドゥカティ  ルカ・マリーニ  2021年末?
 エネア・バスティアニーニ  2021年末?

 

2021年に参戦するライダーは上記の通りです。

各チーム・ライダーの詳細情報は別記事で詳しく紹介していますので、そちらもどうぞ。

スポンサーリンク

MotoGP2021の注目ライダーは?

ジョアン・ミル
マルク・マルケス
ファビオ・クアルタラロ
中上貴晶

ジョアン・ミル

2020年の年間王者として、2021年も同じくチーム・スズキ・エクスターより参戦予定。

2020シーズンは絶対王者マルケスの早々の負傷離脱と、コロナウイルスによる変則シーズンとなったシーズンでした。

大変失礼ながら…その混乱に乗じた…とする見方も強くあり、「隙間チャンプ」なんて声が出ているのも事実。

(個人的には1勝しかしていないものの、不安定なシーズンで我慢を重ねて上位に残る強さを見せたということで2020年の王者にふさわしいと思いますが…)

そんな声を払拭する活躍を2021年も見せられるのか、ここが注目です。

マルク・マルケス

2020シーズンは怪我により棒に振ってしまった絶対王者。

2021年には復帰して以前の強さを見せてくれるだろうと思っていたのですが…偽関節症により3度目の手術を行ったことが報じられています。

復帰の時期は語られていないものの、開幕には間に合わないとする説も出ています。

間に合うのかというのも気になりますが…復帰したとしても以前の強さを見せられるのかというのも気になるところ。

フレディ・スペンサーのようにならないと良いのですが…。

ファビオ・クワルタラロ

2020シーズンは安定感に欠けたものの、最多タイとなる3勝を記録。

速さは一級品なだけにタイヤやセッティングの合わない時に、いかに下位に沈まずに粘れるか…というのが問われる形になりそうです。

2021シーズンはペトロナス・ヤマハからワークスヤマハに移籍となるのが良い方向に働くと良いですね。

しかし2020シーズンを通して…ワークスよりもペトロナスの方が良かっただけに…。

中上貴晶

最高峰クラス唯一の日本人ライダー。

マルケス不在となった2020シーズンは、徐々にマシンに適合しホンダ勢トップのリザルトを残しました。

特にシーズン後半はポールポジションを獲得し、もう少しで表彰台…というところまで。

2021シーズンこそは表彰台と、全てが上手くハマれば初勝利も期待出来るハズ!

スポンサーリンク

日本から観戦に行くにはどこがおすすめ?

日本から観戦に行くのであればアジアラウンドが良いかと思います。

もちろん、もてぎが1番良いとは思いますけどね。笑

 

ただ正直ツインリンクもてぎは面白いコースとは言えませんので、そういった意味ではオーストラリアが良いかもしれません。

日本からもそれほど遠くないですし、治安や衛生の問題もそれほど悪くないですよね。

そしてフィリップアイランドは非常に面白いコースです。

 

タイのチャーン・インターナショナル・サーキットはSBKが既に開催されています。

なので運営的な問題はないでしょうし、日本からの距離もそれほど遠くはないですよね。

MotoGPも2019年に初開催となります。

ただ、こちらもあまり面白くないコースとしてライダーからは評判が良くないんです。

 

あとはマレーシアのセパンも評判はそれなりに良いコースですよね。

マレーシアも立地的には行きやすい場所と言えるのではないでしょうか?

住んでいる地域にもよるでしょうが、場合によってはもてぎに行くよりも安い…なんてケースもあるでしょう。

2021シーズンはアジアラウンドという形で、日本からマレーシアまで一気に10月中に消化されます。

なかなか複数のグランプリを観に行くというのは難しいスケジュールかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MotoGP 2021年のカレンダーが発表され、年間20戦!

日本から行けるおすすめは、フィリップアイランドかセパン

 

年々増えてって大変になっている印象がありますが、ファンとしては少しでも長く観れて嬉しいことなんですけどね。

史上最多の年間20戦となっていますが、インドネシアやロシアが参加を狙っていますので…今後は更に増える可能性も。

放送に関しては別記事が詳しいので、そちらをどうぞ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さを乗り切る!秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す