オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

125ccスクーターのおすすめバイク!人気モデルから逆輸入車まで10選!

calendar

ファミリーバイク特約が利用出来たり、燃費の良さからコストパフォーマンスに優れる原付2種。

その中でも125ccのスクーターは通勤を中心に非常に人気のカテゴリーですよね。

 

最近では125ccの免許の規制緩和の噂も聞こえてきたりと…更に注目度が上がってきていると言えそうです。

今回はそんなスクーターのおすすめ車種を紹介していきますよ。

 

定番の人気車種から、マニア好みの車種まで。

ただしプレミア車種やあまりにも古いモデル、日本での販売が無いモデルなどは除き、現実的に購入可能なモデルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

125ccスクーターを大まかにジャンル分け!

125ccスクーターですが、大きく3つのジャンルに分けて紹介したいと思います。

・小型スクーター
・フルサイズ
・逆輸入車

 

明確な定義が決まっているわけではありませんが、この記事では上記のような感じで分けて紹介しますね。

小型スクーターというのは、原付(50cc)と変わらない車体に125ccのエンジンを積んだいわゆる通勤快速車。

 

フルサイズは14インチ以上の大きめホイールを採用したモデル。

高級感や最新装備などを売りにしたモデルもココですよ。

 

そして最後に逆輸入車と言われる、日本のメーカーが海外向けに製造しているモデル。

特に東南アジアでは日本では販売していないですが、非常に面白い車両が多いんです。

逆輸入車に強い販売店さんが安定して仕入れており、手に入れるのも維持するのも難しくないモデルを抜粋していきますよ。

スポンサーリンク

小型スクーター

小型スクーターですが、下記の4車種を紹介します。

・アドレスV125(スズキ)
・BW’S125(ヤマハ)
・PX 125(ベスパ)
・V125(ランブレッタ)

 

この中でも特に通勤快速車として人気なのがアドレスV125です!

出典:スズキ株式会社

しかし残念ながら生産終了が決定していますね。

 

後継機とも言えるアドレス125はちょっと性格が違う感じでして、V125の後継が欲しい方はSWISHの発売を待つのが良いかと思います。

SWISHに関しては別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

BW’S125は他に無いオフロードルックスが特徴。

出典:ヤマハ発動機株式会社

ガンガンオフロードを走れるわけではないですが…移動の足ではなく、ついついどこかに行きたくなるスタイルが良いですよね。

 

PX125はイタリアのベスパのスクーター。

出典:Vespa JAPAN

今では非常に珍しい2ストロークエンジンを採用しており、更には4速ミッション車となっていますよ!

スクーターと言うと普通はオートマ(CVT)ですので、慣れるまでは戸惑うかと思いますが…他の車種では味わえない魅力です。

 

そして個人的に気になるのがランブレッタのV125というスクーター。

出典:Lambretta

インカムで有名なサインハウスさんが取り扱う輸入車でして、2018年2月から予約を開始したモデルとなります。

日本で乗っている方は少ないでしょうから、人と違うのが好きな方は是非どうぞ。

ランブレッタも別記事が詳しいので、興味を持った方は関連記事をご覧下さいね。

スポンサーリンク

フルサイズ

フルサイズでは下記の3車種を紹介しますよ。

・PCX(ホンダ)
・NMAX(ヤマハ)
・トリシティ(ヤマハ)

 

ただの移動の足ではなく、ちょっとツーリングに出かけたり所有欲を満たしてくれるのがこの辺りの車種です。

このジャンルはホンダのPCXとヤマハのNMAXの2強と言って良いでしょう。

出典:本田技研工業株式会社

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

それぞれ細かい部分の違いや、メーカーごとの考え方の違いがありますので好みに合う方を選ぶと良いかと思います。

ですが、ホンダ党かヤマハ党か…もしくは見た目の好きな方を選ぶ…なんて選び方でも良いと思いますね。

どちらも別記事がありますので、興味のある方は関連記事からどうぞ!

 

そしてヤマハのトリシティですが、3輪のスクーターとして話題になりましたね。

出典:ヤマハ発動機株式会社

ヤマハが非常に気合いの入れているLMWというもので、転ばないバイクを目指して開発されたテクノロジーなんです。

街中でも時々見かけるようになりましたが、やはりまだ珍しく見かけると「オッ」と思いますね。

スポンサーリンク

逆輸入車

逆輸入車ですが、下記の3種類を紹介します。

・GSR125 NEX(スズキ)
・QBIX(ヤマハ)
・NVX125(ヤマハ)

 

GSR125NEXは台湾スズキのモデルでして、アドレスV125と同様の車体と言えますね。

出典:SUZUKI Taiwan

新しく出るSWISHもベースはGSR125NEXのようですよ。

何と言ってもこのスズキカラーがファンには嬉しいところ。

最近はあまりレーサーカラーのスクーターって無いですよね。

 

QBIXはタイヤマハのモデルです。

出典:Yamaha Thailand

この独特のスタイルはさすがデザインのヤマハと言うべきでしょうか?

前後12インチホイールを採用したモデルとなっています。

 

そしてNVX125はヤマハベトナムのモデルですね。

出典:Yamaha Vietnam

14インチホイールを採用したモデルとなっています。

この独特の顔つきが良いですよね。

 

逆輸入車は他にも色々と面白いモデルが多いのですが、日本で正式に取り扱っているわけではないので…販売店さん次第となります。

バイカーズステーションSOXさんなどを筆頭に、逆輸入車に強い販売店さんがありますよ。

そういったお店で売っているモデルであれば、メンテナンスなども心配はないと言って良いでしょう。

スポンサーリンク

2018.08.29 追記 ホンダ グラジア

インドホンダで2018年モデルとして、2017年末頃から販売されているGRAZIAが日本に入ってくるようです。

輸入車に強いChopsさんが取り扱いを開始するとのこと!

詳細なリリースはBikeBros.Magazinesさんで報道されています。

BikeBros.Magazines

 

お値段は驚きの12万7,900円(税抜)!

ちょっと気になったので、インドホンダの公式ホームページを見てきました。

出典:HONDA INDIA

 

Ft12インチRr10インチの小型スクーターでして、LEDヘッドライト、フルデジタルメーター、フロントディスクブレーキ等々を採用。

リヤはドラムブレーキかつ、前後ともABSは採用していませんがコンビブレーキとなっていますね。

 

エンジンは空冷でキャブのようで8.6PSと、125ccだと思うとちょっと非力感はあります。

DIO110と同等のスペックって感じでしょうか?

DIOは14インチですが、車体サイズ的にもほぼ同じくらいのようですね。

 

なんと言ってもこの値段の割に特に気になる点がないというのが魅力。

実車を見てみないとわからない部分もありますが…インドホンダのホームページを見る限りではなぜこんなに安い?って感じですね。

 

海外車両だけにトラブルは心配ですが、価格を考えるとアリではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

125ccスクーターのオススメ車種を本文内で11車紹介!

 

50ccでは力不足だったり、30km/h制限や二段階右折が…なんて方には小型スクーターがおすすめです。

趣味として…といった思いがある方は所有欲を満たしてくれるフルサイズが良いかと思いますよ。

125ccはスクーターに限らず、非常に面白い逆輸入車も多いですのでそちらも考慮してみて下さい。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。