オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

最新250ccフルカウルスポーツ徹底比較!国内4メーカー勢ぞろい!

calendar

初代NINJA250Rの登場から、一気に熱くなった250ccクラスのフルカウルスポーツです。

新型NINJA2018の情報もだいぶ出てきたので、各メーカーの車両スペックを簡単に比較してみましたよ。

 

レースをするなら別ですが、正直バイクなんてメーカーや見た目で好きなの乗れっていうのが1番です。

でもスペック並べてみると色々と見えてくるものもあって面白いですね。

スポンサーリンク

最新250ccフルカウル!各車外装比較!

最新の250ccフルカウルということで、エントリーはこんな感じですよ。

ホンダ・・・CBR250RR
ヤマハ・・・YZF-R25
スズキ・・・GSX250R
カワサキ・・・NINJA250(2017)
カワサキ・・・NINJA250(2018)

 

見た目は完全に好みの問題ですからね、横からの画像と斜めからの画像をまとめておきます。

出典:本田技研工業株式会社

出典:ヤマハ発動機株式会社

出典;スズキ株式会社

出典:株式会社カワサキモータースジャパン

出典:カワサキタイランド

出典:本田技研工業株式会社

出典:ヤマハ発動機株式会社

出典:スズキ株式会社

出典:株式会社カワサキモータースジャパン

出典:カワサキタイランド

スポンサーリンク

最新250ccフルカウル!各車スペック比較表!

各車のスペックをにしてまとめてみましたよ。

新型のNINJA250は国内モデルが発表されていませんので、海外仕様のスペックとなっております。(国内仕様に修正しました)

馬力が国内は37PSになる…なんて話もあるようですよ。

 

車名  CBR250RR  YZF-R25  GSX250R  NINJA250  新NINJA250
型式  2BK-MC51  2BK-RG43J  2BK-DN11A  JBK-EX250L  2BK-EX250P
全長[mm]

 2,065

2,090

 2,085

2,020

 1,990

全幅[mm]  725  720  740  715  710
全高[mm]  1,095  1,135  1,110  1,110  1,125
ホイールベース[mm]  1,390   1,380  1,430  1,410  1,370
シート高[mm]  790  780  790  785  795
装備重量[kg]  167(ABS)  170(ABS)  178  174(ABS)  166(ABS)
エンジン型式  水冷直列2気筒  水冷直列2気筒  水冷直列2気筒  水冷直列2気筒  水冷直列2気筒
総排気量[cc]  249  249  248  248  248
ボア×ストローク[mm]  62.0×41.3  60.0×44.1  53.5×55.2  62.0×41.2  62.0×41.2
圧縮比  11.5  11.6  11.5  11.3  11.6
最高出力[ps/rpm]  38/12,500  35/12,000  24/8,000  31/11,000  37/12,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  2.3/11,000  2.3/10,000  2.2/6,500  2.1/8,500  2.4/10,000
タンク容量[L]  14  14  15  17  14
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド  セミダブルクレードル  ダイヤモンド  トレリス
キャスター  24°30′  25°00′   25°35′  26°00′  24°30′
トレール[mm]  92  95  104  82  90
フロントフォーク  Φ37mm倒立  Φ41mm正立  Φ37mm正立  Φ37mm正立  Φ41mm正立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  モノショック  モノショック  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ290mmシングル  Φ296mmシングル  Φ290mmシングル  Φ290mmシングル  Φ290mmシングル
Rブレーキ  Φ240mmシングル  Φ220mmシングル  Φ240mmシングル  Φ220mmシングル  Φ220mmシングル
Fタイヤ  110/70R17  110/70-17  110/80-17  110/70-17  110/70-17
Rタイヤ  140/70R17  140/70-17  140/70-17  140/70-17  140/70-17
税込価格(STD)  80万6,760円(ABS)  61万0,200円(ABS)  52万7,040円  55万3,500円  64万0,440円

 

スポンサーリンク

最新250ccフルカウル!各車一言まとめ!

フルカウルのスポーツバイクというくくりですが、結構各車に違いがあって面白いですね。

個人的に感じたことを車両ごとに紹介しますよ。

CBR250RR

クラス最高馬力や唯一のラジアルタイヤ装備など、まさに走るために生まれてきたバイク。

レースをするために生まれてきたような車体ですね。

 

しかしそこはしっかりホンダ。

街乗りもしっかり出来るようにはなっています。

ですが、サーキットでこそ能力を発揮出来る車両ですね。

YZF-R25

まさに万能バイクかと。

街乗りからスポーツ走行、ツーリングまでなんでもござれの欲張りバイク。

 

言い方は悪いですが、NINJA250をよく研究した後出しじゃんけんバイクですね。

ですがちょっとNINJA250よりはスポーツよりの味付けですかね?

GSX250R

さすがスズキ!

1台だけ向いている方向が違うと言える、まさにオンリーバイク。

 

1台だけSOHCかつロングストロークのエンジンを採用して、見た目と違い主なターゲットはストリートでしょう。

最高出力こそ大きく低い24psですが、中低速からしっかり使える街乗り最速バイクかもしれません。

NINJA250(2017)

初代の正常進化、1台でなんでも出来る万能バイク。

今回比較した中では意外と1番ツアラー寄りかもしれませんね。

 

タンク容量17Lといい、収納の多さやホイールベースの長さといい速さよりも扱いやすさを求めた感じです。

250ccだけに、見た目がカッコよくてツーリングからスポーツ走行、街乗りまでなんでも出来る万能性がウケたのでしょう。

NINJA250(2018)

旧モデルと比較すると、走りに少し舵を切った印象。

タンク容量も14Lに減り、車重も一気にダイエット、パワーもCBRと同等と、CBR250RRを意識したのでは?

キャスターも立ち、フロントフォークも正立ながらも37→41とアップしています。

 

ですが、CBRほど過激思考と言いますかサーキット思考は強くなく、万能性はキープしている印象ですね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

最新250ccのスポーツバイクですが、比べてみると結構な違いがありますね。

ですが、他のカテゴリーのバイクからすれば違いは大きくは無いでしょう。

 

趣味の乗り物ですし、スペックよりも見た目や何かしら気に入ったポイントがあるバイクを選ぶ方が楽しいと思いますよ。

 

個人的には新しいNINJA250が1番好みではあります。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。 

 

こちらも合わせてどうぞ!・下取りよりも買取がお得!その理由は→バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

・どの免許を取るべきか?→バイクの免許徹底比較!費用や期間を比べてみる!

・今125ccが最も熱い!→ジャンルごとに紹介!125ccのおすすめ車種!

スポンサーリンク