オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

125ccMTネイキッドのおすすめバイク!新車・中古車で現実味のある車種はコレ!

calendar

125ccバイクの規制緩和の噂も聞こえてきて、更に日本では人気の排気量と言えるようになりそうですね。

任意保険もファミリーバイクが使えたりと、非常にメリットの多い原付2種。

 

今回はおすすめのネイキッドのMT車両を紹介したいと思いますよ。

日本では正規ラインナップされていないものの…日本のメーカーが東南アジアで面白い車種を作っているのもこの排気量。

 

ド定番車種から「こんなのあったの?」なんて車種まで紹介していきたいと思いますよ。

ただし、普通に購入が可能な現実味のある車種というのを条件に。

スポンサーリンク

125ccのネイキッドを大まかにジャンル分け!

125ccのネイキッドバイクですが、大きく次の4ジャンルに分けて紹介したいと思いますよ。

・ミニバイク
・フルサイズ(日本正規ラインナップ)
・フルサイズ(海外メーカー)
・フルサイズ(逆輸入車)

 

ミニバイクというのは、ホイールサイズが12インチ以下のモデルです。

有名なところですとエイプモンキーなどをイメージして頂ければ(125ccではないですが)

 

フルサイズは17インチ以上のホイールで、車体が大きめのタイプですね。

最近は250ccかと思うような車体も存在しますが、一般的な125ccサイズ以上の物をフルサイズと定義したいと思いますよ。

 

日本メーカー海外メーカーが正式に日本でラインナップしているモデル、メーカーが海外で発売しているモデルの逆輸入車を紹介していきます。

スポンサーリンク

ミニバイク

125ccのミニバイクですが下記の3車種+αをおすすめします。

・グロム(ホンダ)
・モンキー125(ホンダ)
・Z125 PRO(カワサキ)
・TNT125(ベネリ)

 

なぜなのかと言うと、ベネリのTNTは日本への導入が決まっていないから…なんですね。

なのですが、東京モーターサイクルショーにて参考出品されていたりと、日本での発売の可能性はかなり高そうですよ。

 

モンキー125もこの記事を書いている段階では発売されておらず、7月の予定となっています。

初回分は予約で完売となりそうですので、気になる方は早めに問い合わせてみて下さいね。

 

各車の見た目はこんな感じですよ。

出典:本田技研工業株式会社

出典:本田技研工業株式会社

出典:カワサキモータースジャパン

出典:Benelli

 

個別に記事がある車種もありますので、関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

フルサイズ(日本正規ラインナップ)

125ccフルサイズの国内正規ラインナップですが、下記の3種類です。

・CB125R(ホンダ)
・GSX-S125(スズキ)
・125 DUKE(KTM)

 

なかなか寂しいラインナップではありますが、CB125Rは発売されたばかりですしGSX-Sもかなり新しいモデルですよね。

今の勢いですと、今後ヤマハやカワサキからも発売される可能性もありそうです。

カワサキは既にZ125が動き始めているようですよ。

詳細は関連記事からどうぞ!

 

各車の見た目はこんな感じ。

出典:本田技研工業株式会社

出典:スズキ株式会社

出典:KTM JAPAN

 

個別に記事がある車種もありますので、関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

フルサイズ(逆輸入車)

125ccフルサイズの逆輸入車ですが、下記の5種類です。

・YBR125(ヤマハ)
・YB125SP(ヤマハ)
・GN125(スズキ)
・STX125(アプリリア)
・ACE125(江蘇サシン)

 

ある意味ではここが一番熱いカテゴリーかと思います!

東南アジアでは小排気量車が非常に多く、日本のメーカーも数多くのモデルをラインナップしているんですよね。

日本でも売ってほしいモデルも多く、販売店さんが独自に輸入しているものを手に入れることが可能です。

(逆…じゃなくて本当の輸入車も混ざっているけど)

 

各社の見た目はこんな感じですよ。

出典:Yamaha China

出典:Yamaha China

出典:SUZUKI China(Haojue)

出典:Aprilia ZONGSHEN

出典:ARROWS

 

GN125はネイキッドと言うよりはアメリカンと言った方が正しいかもですね。

昔流行ったジャパニーズアメリカン、俗称ジャメリカンなんて言われますが…その系統でしょうか。

STX125は画像はCafeというカウル付きでして、通常のモデルはカウル無しとなっています。

 

個別に記事がある車種もありますので、関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

2018.08.10 追記

最近私の中で熱いのがF.B.Mondialというメーカーです。

国内ではIBSさんが輸入しており、HPS125という車種が多少出回っていますよ。

出典:IBS

 

ネイキッドというよりはスクランブラーが正しいジャンル分けになると思いますが、まぁMTミッション車ということで。

個人的にはカウル付きで更にネイキッドから遠ざかりますが、同じくモンディアルのパガーニ1948が最高にカッコいいです!

出典:F.B.Mondial

 

パガーニに関しては別記事が詳しいので、興味のある方はそちらもどうぞ。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

125ccのMTネイキッドをジャンル分けして本文内で紹介

 

日本でも徐々にラインナップが増えてきて、ついに免許制度が変わるのか?なんて期待もありますよね。

東南アジア向けには非常に面白いモデルも多く、今回は紹介しきれなかったモデルもたくさんありますよ。

 

逆輸入車でもそういったモデルを積極的に扱っているお店はノウハウがありますので、そんなに心配は不要かと。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。