オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » ライバル車比較 » 【2022最新】125ccMTネイキッドのおすすめ15選!新車・中古で現実味のあるバイクはコレ!

【2022最新】125ccMTネイキッドのおすすめ15選!新車・中古で現実味のあるバイクはコレ!

calendar

バイク保険料が年間最大1万円安くなるチャンス!

↓無料で最短3分!1番安い保険を見つけよう!↓

無料で今すぐ一括見積もり

免許の取りやすさや維持費の安さから、今大人気となっている125ccクラス。

任意保険もファミリーバイクが使えたりと、非常にメリットの多い原付2種です。

 

今回はおすすめのネイキッドのMT車両を紹介したいと思いますよ。

バイクと聞いて真っ先に思い浮かべる、オーソドックスな車両がこのカテゴリーですね。

日本では正規ラインナップされていないものの…日本のメーカーが東南アジアで面白い車種を作っているのもこの排気量。

 

ド定番車種から「こんなのあったの?」なんて車種まで紹介していきたいと思いますよ。

ただし、普通に購入が可能な現実味のある車種というのを条件に。

スポンサーリンク

125ccのネイキッドを大まかにジャンル分け!

125ccのネイキッドバイクですが、大きく次の3ジャンルに分けて紹介したいと思いますよ。

・ミニバイク
・フルサイズ(国内メーカー)
・フルサイズ(海外メーカー&逆輸入車)

 

ミニバイクというのは、ホイールサイズが12インチ以下のモデルです。

有名なところですとエイプモンキーなどをイメージして頂ければ(125ccではないですが)

フルサイズは17インチ以上のホイールで、車体が大きめのタイプですね。

最近は250ccかと思うような車体も存在しますが、車体の大きさと言うよりはホイールサイズで定義したいと思います。

この2種類は大きく乗り味が変わりますので、まず最初にこのホイールサイズから考えると良いと思います。

 

そしてその後に、ネイキッドの中でもクラシック系なのかストリートファイター系なのかと、見た目の好みをチョイスすると良いと思いますよ。

スポンサーリンク

ミニバイク

125ccのミニバイクですが下記の4車種をおすすめします。

・ホンダ グロム
・ホンダ モンキー125
・カワサキ Z125 PRO
・ベネリ TNT125

ホンダ グロム

出典:本田技研工業株式会社

何と言っても前後12インチで絶対に外せない車種です。

最近モデルチェンジを行い、待望の5速ミッションを手に入れたのも大きいですね。

よくわからないけどミニサイズが欲しいというのなら、間違いの無い鉄板車種です

ホンダ モンキー125

出典:本田技研工業株式会社

発売時には物凄く話題になった125ccのモンキーです。

エンジンが125ccになっただけでなく、車体も大柄になりましたね。

そして近年のモデルチェンジで5速ミッションを手に入れ、これまで以上に乗って楽しいモデルに進化しています。

基本的な部分は先ほどのグロムの兄弟車と言えますが、最大の違いはやはりスタイルでしょう。

この見た目にビビッときたら、間違いなく街中の相棒として大活躍です。

カワサキ Z125 PRO

出典:カワサキモータースジャパン

KSRシリーズの血を引く、カワサキのミニバイクです。

ホンダのグロムの対抗馬ですね。

…と言うか、立場的にはグロムが対抗馬…。

Z125 PROの方が発売が早かったですからね。

横型エンジンに4速ミッション搭載と、良いライバル関係と言って良いでしょう。

ベネリ TNT125

出典:Benelli

ベネリはイタリアのメーカーで、1911年創業という往年の名メーカーです。

紆余曲折あり一度消滅していますが、現在は中国の銭江グループの参加となっていますね。

ちなみに銭江グループのバイク部門、銭江モーターは2021年にハーレーと合弁会社を設立することを発表するなど、中国ではかなり大きなメーカーです。

 

このTNT125も前後12インチタイヤを装備するミニサイズとなりますが、まずは見た目でもわかる美しいトレリスフレームが特徴。

フレームの性能としては色々と難しい部分もあり、○○だから優れている…というわけではないので、乱暴に言えば見た目の好みで選んでOKです。

そしてオイルクーラーを採用しており、このカテゴリーでは珍しく油冷となっているのも特徴ですね(他は空冷)

スポンサーリンク

フルサイズ(国内メーカー)

125ccフルサイズの国内メーカーですが、下記の2種類です。

・ホンダ CB125R
・スズキ GSX-S125

 

なかなか寂しいラインナップではありますが、現時点ではこの2択となります。

この後に紹介しますが、最近は海外メーカーや国内メーカーの逆輸入車で面白い車種が増えている印象。

しかしメンテナンスやトラブルが怖い…という方は日本のメーカーが正規販売している上記2車種が良いでしょう。

ホンダ CB125R

出典:本田技研工業株式会社

ホンダのネオスポーツカフェシリーズです。

丸目のヘッドライトで、懐かしいイメージを持ちつつも…各部の造形には新しさを感じるネオレトロ。

ネオレトロというだけに装備関係は充実しており、一昔前ではこのクラスの車種としては信じられない豪華さとなっています。

モデルチェンジでDOHC化し、更なる走りの良さを手に入れています。

スズキ GSX-S125

出典:スズキ株式会社

スズキのネイキッドスポーツですね。

シリーズ同様、GSX-Rのカウルレスという位置づけです。

 

もちろんハンドルバーが変わっていたりと、よりネイキッド方向に、街中での使いやすさを優先した変更が入っています。

最近はネイキッドと言っても、こういった異形ヘッドライトを採用する車種が多いですよね。

この手の異形ライトを採用した車種をストリートファイターと呼びますが、定義は結構あいまいです。

語源は色々とありますが、現在ではネイキッドに比べてスポーツ寄りな味付けをしたものをストリートファイターと呼ぶことが多いでしょうか。

スポンサーリンク

フルサイズ(海外メーカー&逆輸入車)

125ccフルサイズの海外メーカー&逆輸入車ですが、下記の7種類です。

・KTM 125 DUKE
・SWM ヴァレーゼ125
・SYM NHX125
・ホンダ CG125Fi
・ホンダ LY125Fi
・ホンダCB125
・スズキ GN125H

まずは海外メーカーですが、その名の通り日本のメーカー以外ですね。

最近は品質も上がってきており、細かな不具合も減ってきた印象です。

しかし日本とは基準が違う部分もあり、例えば細かな傷とかには寛容だったりします。

 

また逆輸入車ですが、これは日本のメーカーの製品ではあるものの日本では販売されていない海外向けモデル。

それを販売店が独自に輸入しているモデルです。

こちらも日本向けとは基準が異なるため、ちょっとした傷やサビが新車からあったりします。

 

どちらもその辺りを許せて、不具合があった際に日本車よりも解決が少しだけ大変なことを理解している方におすすめです。

とは言え、販売店が近くにあって真摯なお店であればそれほど心配はいらないですよ。

 

そしてネイキッドと間違いやすいジャンルに、スクランブラーやカフェレーサーがありますね。

下記の2種類を例に簡単に違いを説明します。

・F.B.Mondial HPS125
・SKYTEAM ACE125

KTM 125 DUKE

出典:KTM JAPAN

オーストリアのバイクメーカー、KTMのネイキッドスポーツです。

生産国はインドとなっていますよ。

 

オフロードではパリダカを筆頭に、非常に強いメーカー。

近年はロードレースの世界でもMotoGPを筆頭に着実に力を付けています。

独特のパイプフレームなど、日本車には無い特徴が良いですね。

SWM ヴァレーゼ125

出典:SWM

SWMは往年のイタリアンメーカーで、1980年代に一度廃業。

2010年代に中国資本を受け復活となったメーカーです。

2016年よりMVアグスタジャパンが取り扱いを開始し、日本でも購入できるようになりましたね。

 

美しいトレリスフレームが特徴となっており、DOHC単気筒に6速ミッション、倒立フォークと昨今では当たり前になりつつあるものの…まぁ豪華装備です。

走って楽しいストリートファイター系ですね。

SYM NHX125

出典:SYM

SYMは台湾のメーカーで、かつてはホンダと技術協力をしておりライセンス生産も行っていましたね。

その後は韓国の現代自動車と技術提携し、台湾でヒュンダイの車をライセンス生産している会社です。

NHX125は前後17インチのオーソドックスなタイプで、異形ヘッドライトを採用したストリートファイター系ですね。

しかし面白いのは純正でエンジンカバーを採用していること。

公式ホームページでも「ちょっとした林道も楽しめます」と書いているように、フラットなダートくらいなら入って行けそうな利便性の良さも魅力です。

スポンサーリンク

ホンダ CG125Fi

出典:本田中国

この見た目が「懐かしい!」となる方も多いのではないでしょうか?

基を辿ると日本で1970年代に販売されたモデルです。

 

現在も中国などで製造が続けられており、それが逆輸入という形で入ってきていますよ。

価格の安さと、現代のモデルにはない見た目が魅力ですね。

しかも、当時のまま…ではなくしっかりとアップデートもされており、現在はFI化もされているんです。

ホンダ LY125Fi

出典:本田中国

こちらも中国のホンダで作られている車種で、先ほどのCG125Fiとはまた違ったクラシックなスタイルが特徴ですね。

フロント18インチのリア16インチという、前後異形のスタイルも特徴でしょう。

そしてロータリーミッションを採用しているのも特徴であり、スーパーカブ等と一緒のシステムですね。

ホンダ CB125R

出典:本田中国

こちらも中国のホンダで生産されている車種ですが、先ほどまでとは違って現代風のスタイルが特徴ですね。

フロントに異形ライトを採用し、少し前のホンダの顔といったらこんな感じでした。

ライトはLEDであり、フルデジタルメーターを採用しているなど、装備も豪華なのが特徴です。

スポンサーリンク

スズキ GN125H

スズキのクラシックなモデルです。

それもそのはず、元をたどると1980年代に発売されたモデルがベースとなります。

これまた値段の安さから爆発的な人気を誇ったんですよね。

 

現状ではGN125HとGN125-2Fという2種類が販売されていますが、選べるなら改良型の2Fが良いかと。

残念ながらどちらも生産終了らしいので、気になる方は早めにどうぞ。

F.B.Mondial HPS125

出典:F.B.Mondial

イタリアのメーカーであるF.B.MondialのHPS125という車種です。

ネイキッドっぽいスタイルですが、ブロックタイヤを履いているのが特徴となっています。

こういった車種はスクランブラーと呼ばれており、そのジャンルは下記の別記事でおすすめの車種を取り上げていますよ。

上記のようなスタイルが好きな方は、是非下記の別記事もどうぞ。

SKY TEAM ACE125

出典:ARROWS(リンク切れ)

ホンダのドリーム50を思わせる、細長いタンクとテールカウルが特徴エース125です。

定義は明確ではなくネイキッドとの違いを説明するのは難しいのですが、こういった車種はカフェレーサーと呼ばれます。

カフェレーサーに関しては下記の別記事で紹介していますので、そちらもどうぞ。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

125ccのMTネイキッドをジャンル分けして本文内で紹介

 

やはりバイクと言ったら!というオーソドックスなスタイルが特徴です。

そして使い勝手の良い万能選手が多いのもこのジャンル。

1台で街乗りからツーリングまでなんでもこなせるのも特徴です。

 

そして海外メーカーや逆輸入車で面白い車種も多いですね。

逆輸入車でもそういったモデルを積極的に扱っているお店はノウハウがありますので、そんなに心配は不要かと。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さに打ち勝つ!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・実は損しているかも?任意保険を今より安くする方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

そのバイク 低金利ローンなら今すぐ買えます

銀行マイカーローンでバイクを買うと、27万円得するかもしれません。

 

実は銀行マイカーローンを利用すると、ディーラーや販売店で加入する信販系ディーラーローンよりも低金利で借りることが可能です。

例えば120万円を36ヶ月で借りた場合、銀行マイカーローンなら返済額は128万0,640円(年利2.24%)となり、信販系ディーラーローンだと返済額は155万2,800円(年利9.8%)となります。

なんとその差額は27万2,160円にも!

 

でも銀行マイカーローンは審査が厳しい…なんて声もありますよね。

クラウドローンなら希望の条件を登録するだけで、どの銀行からどのくらいの金利で借りられるかを診断することが可能です。

また既にローンを組んでしまった方も、クラウドローンへの乗り換えで金利が安くなる可能性があります!

 

↓登録はわずか1分!診断は最短3分!クラウドローンはコチラ↓

バイクをローンで買うならクラウドローン