オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

125ccのオフロードおすすめ車両!新車、中古2st、フルサイズを紹介!

calendar

ちょっとオフロードを始めてみたい、走ってみたい、そんな方におすすめなのが125ccのオフローダー!

維持費も安くてセカンドバイクにも調度良いですし、速度がそれなりなので思い切ってオフロードを走ることが出来ます。

 

今回はそんな125ccオフローダーの中から、新車で買えるモデルや中古でおすすめしたいモデルなどを紹介したいと思います。

ちょっとした林道ツーリングや、道なき道を入っていくにも軽い原付2種はバッチリです。

遠出は難しいですが、近場なら非常に楽しいミニオフロードの魅力を紹介しますよ。

スポンサーリンク

125ccのオフロードおすすめの新車2019年!

KLX125

出典:カワサキモータースジャパン

現在新車で買える125ccオフロードでおすすめなのは、KLX125ですね。

…と言うか現在新車で買える125ccのオフロードってこれしかないんですよ。

KLXかて生産終了となっており、現在は在庫限りの状態です…。

XTZ125

中国製のXTZ125が新車で購入が可能ですね。

ブラジル産は既に生産終了となっており、現在日本で出回っているのは全て中国産と言って良いでしょう。

正規販売はないので、販売店さんが独自に輸入しているモデルとなりますよ。

 

現地では既に生産終了…なんて話をバイカーズステーションSOXさんで聞きました!

狙っている方は早めに動いた方が良さそうです。

スポンサーリンク

125ccのオフロードおすすめの中古車!

中古車でおすすめの125ccオフロードですが、今だったら是非2stに乗ってみてもらいたいです。

胸を張って「おすすめ!」とは言えないのですが、既に値段も高騰してきていますので…今が最後という意味でおすすめしたいですね。

値段の割に程度が悪いので、ある程度自分でメンテが出来た方が良いとは思います。

そうでない方には、4stの中古を後ほど紹介しますよ。

KDX125SR

出典:BBB

2stのオフロードではやっぱりKDX125SRでしょう。

紹介する中では高年式車が多く、台数も売れたのでタマもまだそれなりに残っています。

1991年から発売され、1999年に販売が終了となりました。

 

この時代は国内4メーカーともに125ccオフがラインナップされていたんですよね。

MTX125

出典:Webike

1982年と古く、今から良いタマを探すのは難しいと思います。

DT125

出典:GooBike

発売開始は1985年と古いものの、最終型は2000年と比較的まだ程度の悪くない物が残っています。

1991年に大きなマイナーチェンジ(日本語としておかしいですね。笑)がありましたので、この年以降のモデルがおすすめですよ。

TS125R

出典:Webike

1989年に発売され、これまた1999年だったかに生産終了となっています。

排気デバイスシステムSAECが今一つなものでして…よく「自爆装置」なんて言われてしまっていますね。

構造的欠陥とも言えますので、詳しい方以外は止めておいた方が良いと思いますよ。

スポンサーリンク

125ccのオフロードおすすめのフルサイズ車!

前21インチ、後18インチのフルサイズを紹介します。

125ccですと、KLX125のような少し小さめモデルか…フルサイズかで分かれるんですよね。

XLR125R

出典:Webike

125ccのフルサイズでおすすめしたいのはXLR125Rですね。

1993年に登場し、2000年まで生産された4stモデルということでまだ結構状態が良いのが残っているかと思います。

 

最初にちょっと紹介したXTZ125も21インチの18インチですので、現状この2択でしょうか?

ジェベル125

出典:BBB

そうそうスズキのジェベル125という選択肢もありますね。

本格オフローダーというよりはセローのように旅バイクに方向を振っているので初心者でも乗りやすいのが魅力です。

パワーはそれほどありませんが、低燃費かつ13Lと大きなタンクでオフロードも走れるツーリングバイクとも言えるかもですね。

 

年式は古くても国内販売があったモデルが安心か…逆輸入車でも年式が新しいモデルが安心か…。

非常に難しいところですね。

個人的にはXTZ125が欲しいです。

スポンサーリンク

RS125R

出典:SWM

SWMというメーカーのRS 125 Rです。

新車で買えるフルサイズの125ccですよ!

SWMというのは日本では聞きなれないメーカーですが、1971年にイタリアで操業された歴史あるメーカーなんですね。

しかし、1984年に1度廃業…その後2014年に復帰しています…。

 

インジェクションを採用しており、まさに最新の125ccオフロードバイクと言えますよ。

最新技術を盛り込んだフルサイズの125ccオフロードで、日本で買えるモデルとしては唯一かもしれません。

日本での輸入元はMV AGUSTA JAPANさんとなっています。

 

RS 125 Rに関しては別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

RX125

出典:Aprilia

アプリリアからRX125というフルサイズオフローダーが発売されました。

こちらもまたインジェクションの最新125ccオフと言えるでしょう。

しかもお値段が39万8,000円と非常に安いんです!

 

RX125の詳細は別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

番外編 スクランブラー

ここまで比較的本格オフローダーを紹介してきましたが、「ちょっとダートを走ってみたい」くらいの方にはスクランブラーという手もありますよ!

hps125

出典:IBS

個人的にイチオシなのが、こちらのモンディアルhps125!

IBSさんが輸入元となり、最近取り扱うバイク屋さんも増えてきています。

ピアッジオ関係でして、中国のZongshen(宗申)が製造かと思います。

中国アプリリアと一緒ですね。

 

宗申アプリリアにもCR150という車種があり、こちらもバイカーズステーションSOXさんを中心に日本に入ってきています!

hps125は共通の車体の125cc版という認識で良いかと。

 

CR150の方はそこそこ数が出ているようで、やっぱり細かなトラブルは色々とあるようです。

ですが、重大なトラブルは聞かないのでそれなりなのではないでしょうか?

輸入車ですし、故障もまた楽しめるという方にはおすすめ!

なんと言ってもカッコいいですしね。

Mutt Motorcycles全般

イギリスのマットモーターサイクルから、2019年4月に125ccが6車種発売開始となります!

その中でもブロックタイヤを装着したスクランブラースタイルが5車種ほど。

本格的なオフローダーではありませんが…フラットダートくらいなら行けそうなモデルも多いですよ。

こちらのメーカーは別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

125ccオフロードのおすすめ新車はKLX125

125ccオフロードのおすすめ中古車はKDX125

125ccおすすめのフルサイズはRS 125 R、RX125

 

なんとも選択肢が狭く寂しい状況ですね…。

最近は125ccクラスの新車がにぎやかになってきた印象がありますので、もう少し待つと新型オフロードも出るかも?

それを期待して待つのも良いかもですね。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・Tシャツより快適!春夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・まだ付けてないの?バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。