オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのタイヤを端まで使えない?アマリングが恥ずかしいなんて誰が決めた?

calendar

タイヤを端まで使っていないと恥ずかしいでしょうか?

アマリング…なんて言葉もありますが、タイヤを端まで使うことと速さは関係なかったりしますよ。

 

またフロントとリヤ、どちらが一般的に残りやすいのかも考えてみたいと思いますよ。

公道でアマリングを消す…というのはオススメ出来ませんが、どうやったら端まで使えるのかは気になるところですよね。

 

「下手ほどタイヤを端まで使う」という言葉もありますが、個人的にはこちらの言葉を広めていきたいですね。

アマリングが恥ずかしいなんて誰が決めた?

タイヤを残して安全マージンをしっかり取りつつ、それでいて早い方がカッコよくないですか?

スポンサーリンク

タイヤを端まで使えないのは恥ずかしい?

タイヤを端まで使えていないことですが、公道でしたら当たり前です。

むしろ公道で端の端まで使いきっていたら…かなりリスクの高い乗り方をしている可能性が高いですよ。

サーキット走行でしたら、速く走れるようになるにつれ端まで使えるようになりますね。

 

ですが「タイヤを端まで使う=リーンアングルが深い」ということですよね。

つまり、言い換えると「寝かさないと曲がらない」ということですよ!

 

公道であれば転倒のリスクは高いですし、何かあった際にも対処が難しいということになります。

サーキットであっても、同じコーナリング速度であればバンク角が浅い方が余裕があるわけです。

 

寝かさないと曲がらないのは…乗り方が悪いか、バイクのセッティングが悪いか…そんな可能性もありますよ。

タイヤを端まで使うというのは下手な証拠…なのかもしれません。

スポンサーリンク

フロントとリヤ 端まで使うのが難しいのはどっち?

フロントとリヤ、残りやすいのはフロントですね。

これまた公道でフロントタイヤを端まで使っている方は、かなりリスクの高い乗り方をしているか乗り方がおかしいか…です。

 

なぜフロントタイヤを端まで使うのが難しいかと言うと、バイクにはセルフステアがあるからですよ。

仮に右に曲がった際には、ステアリングも右に必ず切れています。

つまり、リヤよりもフロントの方がバンク角が必ず浅くなるんです!

 

これがフロントの方が残りやすい原因ですね。

前後のタイヤサイズによっても使いやすいかどうか…というのはありますが、一般的にはこの傾向が強いです。

 

公道でフロントを端まで使っている方は、セルフステアをうまく引き出せていない可能性もありますよ。

スポンサーリンク

端まで使うには寝かすのではなく潰す!

タイヤ(特にフロント)を端まで使うためには、タイヤを潰すことが大切です。

特に最近のハイグリップラジアルタイヤなどは、しっかりとブレーキングで荷重をかけて潰してあげることを前提に設計されていますよ。

もちろん、公道でそういった乗り方をするのは危険です!

 

コーナーの入口でしっかりとフロントに荷重をかけ、ブレーキを残しながらバンクしていくような乗り方をするとフロントも端まで無くなりますよ。

サーキットでは速く走るために、全ての能力をつぎ込むわけで…最終的にはバンク角もかなり深くなっていきますからね…。

 

そうそう、公道でもリーンアウトを多用する方はタイヤが端まで使われています。

Uターンなどをイメージするとわかりやすいですが、低い速度でもリーンアウトであればバンク角は深く取りますからね。

 

結果「潰すと同義」になりますが、空気圧が低くても潰れやすいのでタイヤが端まで使える傾向になります。

もちろん空気圧が低いというのは非常に危険ですよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

公道でタイヤを端まで使わないのは、むしろカッコいい!

フロントとリヤだと、フロントの方が構造的に残りやすい

端まで使いたい方はサーキットで、タイヤを潰すことをイメージして

 

公道でタイヤを端まで使っているというのは、リスクを考えない走りをしているから…。

もしくは乗り方が悪い、整備不良(空気圧不足)って感じですね。

 

タイヤが残っている=カッコ悪いって風潮が少しでも変われば良いなと思います。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。 

 

こちらも合わせてどうぞ!・下取りよりも買取がお得!その理由は→バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

・どの免許を取るべきか?→バイクの免許徹底比較!費用や期間を比べてみる!

・今125ccが最も熱い!→ジャンルごとに紹介!125ccのおすすめ車種!

スポンサーリンク