オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

125cc(原付2種)の免許の取り方!年齢や費用、一発試験と教習所の違い!

calendar

125cc、いわゆる原付2種のバイクに乗るには小型自動二輪免許が必要ですね。

原付…といった名前は付いていますが、普通自動車の免許では乗ることが出来ません。

 

それだけに、免許の取り方が気になるところですよね。

かかる費用年齢制限教習所での取得と一発試験での取得との違いなどを調べてみましたよ。

 

特に教習所と試験場での試験はかなり別物ですので、それぞれ自分に合った方法を選ぶと良さそうですね。

今回はそれぞれどう違うのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

125ccの免許の年齢制限は?

125ccの免許の年齢制限ですが、16歳からとなっています。

バイクの免許は大きく分けると、現在は下の図のように4種類ですね。

出典:本田技研工業株式会社

 

125ccのバイクに乗るためには、小型免許というものが必要なことがわかります。

正しくは「普通二輪小型限定」もしくは「小型限定普通二輪免許」ですね。

そして車の免許で乗れるのは50cc以下、原付免許と同じですよ。

 

一応それぞれの免許の取得可能年齢をまとめておきますね。

・原付免許・・・16歳以上
・小型限定普通二輪免許・・・16歳以上
・普通二輪免許・・・16歳以上
・大型二輪免許・・・18歳以上

となっています。

スポンサーリンク

125ccの免許を一発試験で取る!

125ccの免許を一発試験で取る場合ですが、各地の試験場で試験を受けることになります。

学科試験、適性検査、技能試験の3つがありますが、普通自動車等の免許を持っている方は学科試験が免除となりますね。

原付の免許のみ持っている方は、学科試験も受ける必要があります。

 

費用は一律で決まってまして、全国どこの試験場で受けても同じ金額となっていますよ。

受験料2,950円、試験車使用料1,550円、免許証交付料2,050円でして、その他に別途取得時講習受講料が15,900円かかります。

 

免許交付料と取得時講習受講料は、試験に合格してからの話ですので実技試験1回につき4,500円かかるということですね。

後ほど教習所で取得するケースを紹介しますが、差額から実技試験に十数回落ちても試験場で一発で取得した方が安いんです。

 

ですが、非常に合格率は低く…合格率は6%程度…。

平均して17回程度試験を受けて合格となっているんです。

スポンサーリンク

125ccの免許を教習所で取る!

125ccの免許を教習所で取る場合ですが、近場の教習所に通うことになりますね。

学科が26時間、技能が12時間となっていますよ。

 

普通車の免許を持っていると、学科が1時間、技能が10時間と短縮されます。

AT限定ですと、学科は変わりませんが技能が9時間(普通免許無し)の8時間(普通免許有)となりますよ。

 

教習所で教習と試験を行うために、試験場では実技が免除となるのがメリットですね。

普通車の免許を持っている方は学科試験も免除となります。

なので教習所を卒業したら、免許取得の手続きを行うだけで済みます。

 

費用は各教習所ごとにバラバラでして、特に地域によって価格差が大きいようです。

教習所によって異なりますが…免許を持っていない方と原付免許のみの方は15万~20万くらいとなっています。

AT限定ですと1万円から2万円ほどお安い感じですよ。

 

普通車の免許を持っている方ですと、8万円~12万円くらいとなっているようです。

こちらもAT限定ですと1万円から2万円ほどお安くなります。

スポンサーリンク

2018.04.06 追記

警察庁がAT限定の教習期間短縮の方針を明らかにしたそうです。

報道を紹介しますよ。

警察庁は5日、普通免許保有者がクラッチ操作の必要がない125cc以下のオートマチック(AT)限定二輪免許を新たに取得する際、これまで最短でも3日間必要だった教習期間を2日間にする方針を明らかにした。

1日に受講できる教習の上限を増やすという。

7月ごろの施行を目指しており、教習所によっては週末だけで修了することも可能になる。

出典:JIJI.COM

 

教習時間は減りませんが、1日の上限が増えるために一気に進めることが可能となる感じですね。

教習所の混雑具合にもよりますが、まとめて教習が受けられると2日で終わるというのは良いですね。

しかし…卒検も入れると3日は必要な気もしますが…。(教習2日+卒検1日)

2018.06.08 追記

AT限定ですが、教習期間の短縮がどうやら決まったようです。

以前に紹介したように教習時限数は変わらないものの、1日の上限を増やすことで3日→2日に短縮。

7月中の実現を目指すとのことですよ。

排気量125cc以下のバイクを運転できるAT(オートマチック)小型限定普通二輪免許について、警察庁は31日、現行では修了に最短で3日間かかる技能教習を、2日間に短縮する道交法施行規則改正案を国家公安委員会に諮り、内容を確定した。

7月中の施行に向け手続きを進める。

1日に受けられる教習時限数の上限を引き上げることで、2日間で修了できるようにする。

学科教習を含めても2日間に収まるため、土日を利用するなどして免許を取る人が増えると期待されている。

出典:共同通信

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

125ccの免許の年齢制限は16歳以上!

一発試験で取る場合、メリットは費用と時間!デメリットは合格率の低さ!

教習所で取る場合、メリットは合格率の高さ!デメリットは費用と時間!

 

免許の取り方は一発試験も教習所もどちらもメリットとデメリットがあります。

というか、真逆の性質を持っていますね。

 

どちらが良いというわけではありませんので、自身の状況に合わせて選ぶと良いかと思います。

 

小型限定と普通二輪の金額差はそれほどでもなかったりします。

いっそ普通二輪免許を取ってしまうのも手かもしれませんね。

費用や期間の違いなどは別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。