オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

125ccアメリカンおすすめ9選!新車・中古車で選べる車種【激選】

calendar

維持費が非常に安いことで人気の原付二種、125ccですが…アメリカンってあるのでしょうか?

アメリカンと言うと大きいものというイメージがあり、125ccではださいなんて声もあるようですが…街乗りには便利なんですよね。

 

実は新車・中古車とどちらを見てみても、あんまり車種数もタマ数もないのが事実。

特に中古は気になる車種を見つけたら即買うくらいでないと厳しかったりする、結構寂しいジャンルです。

 

しかし良いバイクも多いので、頑張って探してみる価値はあります!

おすすめしたい車種をまとめて紹介しますよ。

スポンサーリンク

125ccのアメリカン おすすめ9選!

125ccのアメリカンでおすすめの車種ですが、下記9モデルとなります。

・カワサキ エリミネーター125
・スズキ GZ125HS
・スズキ GN125
・ヤマハ XV125ビラーゴ
・ヤマハ ドラッグスター125
・ホンダ シャドウ125
・デイリン デイスター125
・クリーブランド ヘイスト125
・スズキ イントルーダー150【番外編】

 

なのですが…冒頭で紹介したように中古では全くタマが無い車種も…。

現時点では新車というのもほぼありませんので、今後も減っていく限りかと思われます。

入手困難な車種は出会ったら買っておくべきですので、紹介しておきますよ!

スポンサーリンク

カワサキ エリミネーター125

出典:BikeBros.

125ccのアメリカンと言えば真っ先に名前が挙がるであろう車種です。

1997年に発売が開始され、2008年まで販売されていました。

 

かなりレアと言って良い125ccクラスのアメリカンの中では…まだ選ぶことが出来る車種です。

どうしても他に気になる車種がある!って方以外はエリミネーターを選ぶのが無難と言えるかもしれませんよ。

スズキ GZ125HS

出典:BikeBros.

かつてスズキが製造していたマローダー125にそっくりなバイク…ですが、実は全くの別物です。

中国スズキで作られているGN125の派生車、アメリカン仕様と考えるのが妥当ですね。

 

中華製のため、日本製と比較すると色々とアラはありますが…まぁしかしそこはスズキですので大きな問題になるようなところは無いですね。

ベース車両のGN125は日本でもかなり出回っていますので、そういった意味でも安心感はあるかと思います。

 

現在日本では新車は手に入らないようですが…比較的高年式車両が手に入ります。

中国生産ということで値段が非常に安いのも魅力ですね。

 

ちなみにチラッと触れたマローダー125は…ほぼ絶滅したバイクと言って良いでしょう…。

スポンサーリンク

スズキ GN125

かつては日本でも生産されていたGN125ですが、現代まで中国で生産継続している?していた?車両です。

かなり多くのお店が輸入車として取り扱っているので、現在も新車で買える唯一の125ccアメリカンと言えるかもしれません。

 

先ほどGZ125HSのところで触れたように、中華製ですので…細かいアラはありまして日本製と同じ品質を期待する方は止めておいた方が良いでしょう。

ですが、それを補うほどに安い価格が魅力となっています。

日本でもかなり台数が出ているので、基本的なトラブル情報も出尽くしているとも言えますね。

 

難点は果たしてこれがアメリカンなのかと思う方もいるってことでしょう…。

いわゆるクルーザータイプとは違い、どちらかと言うとクラシック系でしょうか?

昔はこういったジャパニーズアメリカン、通称ジャメリカンというモデルが結構いたんですね。

 

見た目が気に入れば値段といい、新車で買える点といいオススメです。

中国製ですが、下手に古い中古車を買うよりはオススメ出来ますよ。

 

ちなみにGN125は2種類ありまして、GN125HGN125-2Fとなっています。

2Fの方が新しく、チューブレスタイヤやキックスターター、フロントブレーキの2POT化、更には燃料計やエンジンガードを装備した改良型となっています。

どちらも販売店から聞いた話では、中国で生産が終了したそうですので…気になる方は早めにどうぞ。

ヤマハ XV125ビラーゴ

出典:BikeBros.

かつてヤマハが販売していたXV250ビラーゴというモデルの、125cc版と言える車種です。

欧州への輸出専用モデルだったために、日本国内のタマ数はそれほど多くありませんね…。

 

ロー&ロングがモチーフとなっており、クルーザーというよりはチョッパー系でしょうか?

今ではとても考えられないV型2気筒エンジンというのも魅力ですね。

 

タマ数が非常に少なく、V型2気筒搭載車ということで人気のため…程度の割には高い値段となっています。

強い思い入れが無いのであれば、初心者にはおすすめしにくいですね。

スポンサーリンク

ヤマハ ドラッグスター125

出典:BikeBros.

ビラーゴの後継として発売されていたドラッグスター250をベースに、125ccエンジンを搭載した車種です。

これまた欧州向けの輸出専用車ということで、日本でのタマ数は極めて少ないですね。

極少量が逆輸入車として販売されましたが、ビラーゴよりも新しいにも関わらず…ビラーゴよりも希少なモデルとなります。

 

ドラッグスター250が250ccの中では大柄なモデルだったこともあり、ドラッグスター125もかなり大柄な車種なのが魅力ですね。

これぞアメリカンといった佇まいが人気となっています。

 

希少性と今は無きV型2気筒エンジン搭載ということで、かなりのプレミア価格になっています。

それでも見つけたらラッキーであり、まず見つからないと言って良い車種です…。

ホンダ シャドウ125

出典:BikeBros.

ホンダが欧州向けに輸出販売していたVT125シャドウです。

日本では400ccと750ccのモデルが販売されていましたね。

 

これまた125ccとは思えない大柄な車体が魅力のモデルとなっています。

そしてこちらもVTの名前通りV型2気筒エンジンを搭載しています。

 

しかし日本での正規販売はなかったこともあり、これまた非常に希少かつプレミア価格な車体なんです。

探してもそうそう見つからないと言って良いでしょう。

スポンサーリンク

デイリン デイスター125

出典:BikeBros.

韓国のメーカーでして、デイリンの他にデーリムモーターなんて呼ばれています。

と言うか…正しくはデーリムだと思うんですよね、漢字で大林ですので…。

 

2004年までホンダと提携していたので、ホンダの技術が非常に多く持ち込まれています。

提携を解消した後も、基本的にはホンダ車のコピー車両に近い物を作っている会社と言えますね。

 

現在も新車を販売しているお店もあり、年式的にも比較的新しい物が多いのが魅力です。

しかし中国製として紹介したGN125とかに比べると高額でして…日本車(アメリカンの新車は無いですが)と遜色無い価格なのがネック。

 

ホンダの技術が入っているとは言え…韓国製の信頼性はどうでしょうね?

日本で乗っている方もそれなりにいますが、あまり情報が豊富とは言えないです。

クリーブランド ヘイスト125

出典:BikeBros.

アメリカで開発され中国で生産された、クリーブランドサイクルワークスのヘイストです。

2012年頃に日本でも販売されましたが…確かわずか200台程度しか入っていないハズ。

 

見た目はまるでカスタム済み車両!

希少性と人気の高さから、結構なお値段となっています。

 

中国生産ではありますが、フレームやエンジンはホンダ製とのこと。

となると致命的なトラブルは無いかと思います。

もちろん日本のホンダ製と同等を期待すると痛い目に合うと思いますが…。

スポンサーリンク

スズキ イントルーダー150【番外編】

出典:BikeBros.

125ccではないので番外編として扱いますが、インドスズキのイントルーダー150です。

大排気量クルーザーであるブルバードに似たスタイルが特徴的。

 

お値段もお手頃でして、新型車というところも魅力ですね。

これの125cc版が出れば…アメリカンの125ccモデルはイントルーダー一択になるのでは?

 

原付二種に縛りが無い方は是非考慮してみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

125ccのアメリカンを9車種紹介!

 

かなり現状は寂しい状態となっている125ccアメリカンです。

ですが、逆に言うと人とは違ったバイクに乗るチャンスとも言えますね。

 

希少車は色々なところにアンテナを張って、焦らず探すのがおすすめです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・最強防寒!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

  • GN125の冒頭では、中国で生産継続中とあるが、末尾では生産が終了とある。

    あとイントルーダ150の生産は、中国ではなくインドでは?

    誤りが多くないかい

    by とおりすがり 2019年9月20日 8:01 AM

    • とおりすがりさん、コメントありがとうございます。

      GN125は日本での製造が1980年代で終了にも関わらず、中国では今でも作っている…で生産終了になったらしい…ということを書きたかったのですが、確かに混乱する書き方でしたね。
      正しくは「現代まで生産継続していました」ですね。

      イントルーダーは…申し訳ありません、インド製造です。
      勘違いと言うか記憶違いでした。

      間違いの指摘ありがとうございます。
      修正しておきます。

      by よし 2019年9月20日 10:16 AM

down コメントを残す