オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

原付で二人乗りできる?二段階右折も30キロ制限もない最強の原付!

calendar

原付なのに二人乗りが出来る!

更には二段階右折30キロ制限も無い、夢のような原付があるんですよ。

 

そんな最強の原付が原付2種なんです。

「え!車の免許じゃ乗れないじゃん」と思われるかもしれません。

ですが、欠点って実はそれだけなんです。

 

今回は原付2種の素晴らしさを紹介したいと思いますよ。

スポンサーリンク

原付で二人乗りが可能なのが原付2種!

二人乗りが可能な原付ですが、原付2種となります。

そもそも原付には1種と2種がありまして、排気量が50ccまでのバイクが原付1種なんです。

正式には「第一種原動機付自転車」ですかね。

 

そして、原付2種というのが50cc超~125ccまでのバイクなんです。

正式名称は「第二種原動機付自転車」、略して原付2種ですよ。

 

よくナンバープレートが黄色やピンクのバイクがいるかと思いますが、あれのことですね。

90ccまでが黄色ナンバー、90cc超~125ccまでがピンクナンバーとなっています。

 

この原付2種は基本的に二人乗りが可能なんですね。

「基本的に」と書いたのは…不可なバイクもあるからでして…。

シートが二人乗り用ではない場合、タンデム用のステップが付いていない場合は不可となります。

 

例えばクロスカブなどは110ccですが、乗車定員が1名となっています。

この辺りはバイクによって違いますので注意が必要ですね。

スポンサーリンク

原付2種は二段階右折も30km/h制限も無し!

原付2種ですが、二段階右折も30km/h制限もありません。

原付二大違反とも言える2つですよね。苦笑

 

普通のバイクや車と同じように右折が出来ますし、制限速度も他のバイクや車と同じく60km/hとなります。

ですが…パッと見が50ccと同じように見える小さな車体のバイクもありまして…時々お巡りさんに停められるのが難点ではあります。

といっても違反ではないので、原付2種であることを証明すれば解放してくれますよ。

 

他にも30キロの制限速度から解放されることで、1番左の車線を走らなくても良くなります。

しかも自動車税も50ccとほとんど変わらないですし、車両代もそれほど高くはならない車種が多いです。

維持費がほとんど変わらず、50ccの数々の制限から解放されるという、まさに最強の原付ですよ。

スポンサーリンク

原付2種でもファミリーバイク特約が使える!

原付2種はファミリーバイク特約に加入することが可能です。

50ccの原付1種と一緒ですね。

 

家族の誰かや自分が車を持っている場合は、非常にお得な保険がファミリーバイク特約です。

金額や通常の任意保険との差額などは、条件によってかなり変わってきますので一概には言えません…。

ですが、普通にバイクの任意保険をかけるよりは遥かに安く済むハズですよ。

 

と、このように良いことだらけの原付2種ですが、最大の欠点は免許が必要ということでしょう。

原付免許や車の免許では50ccまでしか乗れないんですよね。

原付2種に乗るためには、普通二輪小型限定以上の免許が必要となります。

 

他にもデメリットと言えば…高速や自動車専用道路に乗れない、通れない道(バイパス等)があることですね。

この辺りは原付1種も同じですけども。

 

維持費や煩わしい制限が少ないことから、免許さえ持っていれば非常にオススメな排気量ですよ。

大型バイクを持っている方がセカンドバイクとして使っているケースも多いですね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

原付2種は基本的に二人乗りが可能!

原付2種は二段階右折も30km/h制限も不要!

原付2種はファミリーバイク特約に加入出来る!

 

小排気量車は扱う楽しみも非常に高いですよ。

アクセルを全開に出来るバイクということで、乗せられている感ではなく乗っている感満載です。

個人的に小排気量車が好きな理由はココですね。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・秋冬におすすめ→秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。