オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクの免許の種類を徹底比較!費用・料金、年齢や期間はどのくらい違うのか?

calendar

バイクの免許を取ろうと思った時に、意外と色々種類があって困ったりしませんか?

現在はAT限定もありますので、ちょっと複雑ですよね。

各種類の違いや、取得出来る年齢などを比較してわかりやすく紹介したいと思いますよ。

 

また、「どうせ取るなら大きい排気量まで乗れるやつの方が良いのかな」なんて思ったりもしますよね。

もちろんなんでも乗れる大型を取得するのがそういった悩み面では最適でしょう。

ですが、教習所に通う期間料金面でのデメリットも。

 

例えば「絶対に125cc以上は乗らない」なんて方には無用の長物ですよね。

各免許のメリットやデメリットから、どの免許を取得するのが良いのか検討してみますよ。

スポンサーリンク

バイクの免許の種類は?

バイクの免許の種類ですが、現在は7種類となっています。

・原付
・小型限定普通二輪
・小型限定普通二輪AT限定
・普通二輪
・普通二輪AT限定
・大型二輪
・大型二輪AT限定

それぞれどう違うのか、乗れるバイクの排気量や取得出来る年齢などを比較してみましょう。

バイクの免許を比較してみた!

バイクの免許区分ですが、取得出来る年齢と運転可能な排気量が異なります。

まずは取得出来る年齢ですが、下記となっていますよ。

・原付 16歳~
・小型限定普通二輪 16歳~
・小型限定普通二輪AT限定 16歳~
・普通二輪 16歳~
・普通二輪AT限定 16歳~
・大型二輪 18歳~
・大型二輪AT限定 18歳~

大型二輪(AT限定含む)以外は16歳から取ることが出来ますね。

そして車種の区分は排気量で分けられていますよ。

・原付 ~50cc
・小型限定普通二輪 ~125cc
・小型限定普通二輪AT限定 ~125cc
・普通二輪 ~400cc
・普通二輪AT限定 ~400cc
・大型二輪 無制限
・大型二輪AT限定 ~650cc

大型二輪のAT限定のみ注意が必要でして、AT限定になると650ccまでという排気量制限があるんです。

国内のスクーターでは650cc以上の排気量を持つ車両はないかと思いますが、外車では注意が必要ですよ。

650ccを超える排気量ですと、スクーターでも限定無しの大型二輪免許が必要となります。

スポンサーリンク

意外と知られていないAT限定で乗れるMT車!

免許上のMTですが、クラッチ操作を有することと定められています。

つまり…裏を返せばクラッチ操作が不要であればミッション車にも乗れるんですね。

 

例を挙げますとスーパーカブ110。

カブは4速ミッション車となりますが、左手にクラッチレバーがありません。

クラッチ操作不要で乗ることが出来ますので、小型限定普通二輪のAT限定で乗ることが可能ですよ!

 

ちなみに原付免許にはAT限定というものはありません。

原付免許であれば50ccまでの全てのバイクに乗ることが可能ですね。

 

そして排気量のところでも触れましたが、型二輪のAT限定は650ccまでというところに注意です。

最近ですとDCTと呼ばれるミッションを採用した車種も存在します。

具体的にはX-ADVNM4などですね。

 

見た目がスクーターっぽいところもありますが、排気量が745ccとなりますので限定無しの大型二輪が必要ですよ。

逆の言い方をすると、現在では650cc以下のDCT搭載車は存在しませんが、今後発売された場合はAT限定で乗ることが可能です。

DCTもクラッチ操作がありませんからね。

スポンサーリンク

一般的な取得費用と期間はどのくらい?

各免許の取得費用ですが、教習所によってまちまちとなります。

一発試験を受ける方は決まった金額となりますが、多くの方は教習所を利用するかと思います。

教習所の場合ですと各教習所で独自に価格を設定しているんですよね。

都会などで競争が激しいところは比較的安く、そうでないところは比較的高額となる傾向がありますよ。

 

教習期間に関しては定められており、取得する免許の種類や現在持っている免許によって変わってきます。

ですがこの記事を読んでいる方のほとんどが、免許を持っていないか、車の免許のみかと思います。

ざっと表を作成してみましたよ。

 

★小型限定普通二輪

所持免許  金額  技能1段階  技能2段階  学科教習
なし(原付・小特)  16万円  6時限  6時限  26時限
普通車  9.5万円  5時限  5時限  1時限

★小型限定普通二輪AT限定

所持免許  金額  技能1段階  技能2段階  学科教習
なし(原付・小特)  14.5万円  3時限  6時限  26時限
普通車  8.5万円  3時限  5時限  1時限

★普通二輪

所持免許  金額  技能1段階  技能2段階  学科教習
なし(原付・小特)  19万円  9時限  10時限  26時限
普通車  12.5万円  9時限  8時限  1時限

★普通二輪AT限定

所持免許  金額  技能1段階  技能2段階  学科教習
なし(原付・小特)  17.5万円  5時限  10時限  26時限
普通車  10.5万円  5時限  8時限  1時限

★大型二輪

所持免許  金額  技能1段階  技能2段階  学科教習
なし(原付・小特)  30万円  16時限  20時限  26時限
普通車  21万円  14時限  17時限  1時限

★大型二輪AT限定

所持免許  金額  技能1段階  技能2段階  学科教習
なし(原付・小特)  25.5万円  9時限  20時限  26時限
普通車  17.5万円  7時限  17時限  1時限

 

サラリーマンの方などですと土日しか通えない…とかで、気になるのはどのくらいの期間必要かですよね。

連続教習に関しては全国共通のルールがあり、下記の通りとなりますよ。

・学科 制限無し
・技能(第1段階) 2時限まで
・技能(第2段階) 3時限まで(3時限連続不可)

 

第1段階では1日の上限が2時間となり、第2段階からは3時間になります。

ですが3時間の連続教習は不可となっており、休憩を1時限以上挟む必要がありますよ。

2時間の連続教習は第1段階も第2段階も可能です。

 

実際のところは教習所の予約の取れ具合(込み具合)に左右されることになりますが、上限目一杯まで受けられた場合は次の表の日数で教習終了です。

取得免許  所持免許  技能教習  最短日数
小型限定普通二輪  無し  12時限  5日
小型限定普通二輪  普通車  10時限  4日
小型限定普通二輪AT  無し  9時限  4日
小型限定普通二輪AT  普通車  8時限  3日
普通二輪  無し  19時限  8日
普通二輪  普通車  17時限  7日
普通二輪AT  無し  15時限  6日
普通二輪AT  普通車  13時限  5日
大型二輪  無し  36時限  15日
大型二輪  普通車  31時限  13日
大型二輪AT  無し  29時限  11日
大型二輪AT  普通車  24時限  9日

ですが、プラスして卒検が1日、試験場での免許交付に1日が必要となりますよ。

 

卒検は曜日が決まっていることも多いですし、試験場は平日しかやっていません。

予約が取れないこともありますし、補習となることもありますので…あくまでも計算上の最短だと思って下さいね。

スポンサーリンク

各免許のメリットデメリットを考える!

各免許のメリット・デメリットですが、主観ではこう思っています。

原付

何と言っても安価かつ早いのがメリットです。

教習所に行く必要がないですし、実技試験が無いのがその理由ですね。

1万円以下といった料金に、その日のうちに免許が発行されるため1日で取得可能です。

 

対してデメリットですが、法規制車種の少なさでしょうか。

30km/h制限や二段階右折など、原付特有のルールが多いんですね。

そして特有のルール違反で警察に止められることも非常に多くなっています。

現在は新車も数が少なく、排ガス規制の関係でお得感の無い金額なのもデメリットです。

 

原付免許がオススメな方はこんな感じ!

・50cc以上のバイクに乗る気はない
・とにかく安く早く免許が取りたい
・原付特有のルールが我慢出来る
スポンサーリンク

小型限定普通二輪

今ちょっと注目の免許でしょうか。

125ccまでのバイクで魅力的な車種が増えてきていることもあり、車種選択が豊富です。

そして、原付特有のルールから逃れることが出来るのが最大のメリットですね。

 

デメリットとしては普通二輪免許とそれほど金額や時間が変わらないこと…。

時間的には7時限違い、4日変わってきますので土日しか通えない…なんて方には大きな違いかもしれませんけどね。

2週間早く取得出来ますので。

 

そして「やっぱり大きなバイクに乗りたい」となると、割高になってしまいます。

普通二輪を最初に取るよりも、小型普通二輪+普通二輪の方が2~3万円ほど高いんですよね。

もしかしたらバイクにハマるかも…なんて方は最初から普通二輪以上を取った方が良いかと思います。

 

小型限定普通二輪免許がオススメな方はこんな感じ!

・125cc以上のバイクに乗る気はない
・手軽に乗りたいけど原付特有のルールは嫌
・普通二輪との金額差、時間差が大きいと思う

普通二輪

400ccまで乗れるので、移動の足だけでなく趣味としてのバイク選びも楽しめるようになりますね。

18歳未満ですと大型二輪が取得できませんので、ここからって方も多いかと思います。

 

今では無免許からでも大型二輪を受け付けてくれる教習所も増えています。

昔はいきなり大型ってのはダメなところが多く、普通二輪を先に取って下さいってところが多かったんですよね。

そこからもわかるように、最初から大型二輪を取得するのは結構大変です。

 

メリットはやはり400ccまで乗れることですね。

車種選択の幅がグッと広がります。

 

デメリットは小型限定に比べると高く時間が必要なこと。

大型二輪に比べると排気量制限があるといったところでしょう。

 

普通二輪免許がオススメな方はこんな感じ!

・乗りたいバイクが125cc以上(今後の可能性も含めて)
・小型限定との金額差、時間差が少ないと思う
・18歳未満である
スポンサーリンク

大型二輪

お金と時間に余裕があれば、大型二輪を取っておくのが間違いないですね。

メリットは排気量無制限(AT限定は650ccまでですが…)なところ。

乗りたいバイクが何であれ乗ることが出来るメリットは大きいですね。

 

対してデメリットは金銭面時間面です。

1番高額で時間もかかりますので、サラリーマンの方などは時間のやりくりが大変でしょう。

そしてこの免許だけ18歳以上というのもデメリットと言えるかもしれません。

 

大型二輪免許がオススメな方はこんな感じ!

・排気量を気にせずバイクに乗りたい
・どうせ取るなら1番上の免許
・今後大きなバイクに乗るかもしれない

各AT限定

AT限定免許のメリットは、同じ区分の限定無しに比べて安く時間も短いことです。

対してデメリットはMT車に乗れないことですね。

 

AT限定免許がオススメな方はこんな感じ!

・AT車以外乗ることはない
・AT限定と限定無しの金額差、時間差が大きいと思う
スポンサーリンク

免許を取るなら教習所?それとも合宿?

免許取得には教習所に通う方法と、合宿と呼ばれる短期集中との方法があります。

どちらが良いか…というのはその方次第ですね。

 

教習所は自分の時間に比較的合わせやすいですが、免許取得までの日数が長くなる傾向が。

合宿であれば長期休暇(バイクなら10日程度)が必要ですが、短期間で教習を終えることが出来ます。

 

社会人の方は中々10日もの休みを取れない方も多いかと思いますので、合宿は学生が多い印象ではありますね。

最近は合宿免許の競争も厳しいようで、以前の田舎で何もない!みたいなところは減っていますよ。

ご飯が美味しいことを売りにしていたり、現地の観光が含まれていたりと、免許を取る以外の楽しみも満載なところが増えています!

 

食費、宿泊費、教習費とかかるのですが…それでもなぜかかなり割安のところが多いのも魅力。

免許を取るついでに旅行気分、いかがですか?

合宿でバイクの免許が取れる教習所を探す

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクの免許の種類は現状7種類

それぞれを本文内で詳しく比較!

取得費用・期間を本文内で紹介

 

どれを取るのが良いか、それはその方の考え方やバイクの使い方によって異なります。

なぜ免許を取ろうと思っているのか、今後どういったバイクに乗るかもしれないのか。

その辺りを考えながら比較してみると良いかと思いますよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す