オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ジクサーの新型の発売日は2019?価格やスペック、カラーはどうなる?

calendar

150ccという排気量ながら日本でも大人気となっているGixxerですが、生産国であるインドでは新型の噂が出ています!

割りと先日にABS付きモデルがインドで発表になったばかりではありますが…。

ABSモデルに関しては別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ。

 

やはり気になるのは新型も日本への導入があるのかどうかですよね?

国内販売があるとなると、発売日値段も気になるところ。

現行型からのスペックの違いなども知りたいところです。

 

250ccの方を調べている方は、別記事になりますのでそちらをどうぞ。

スポンサーリンク

新型ジクサーの基本情報!

メーカー:スズキ
車種名:ジクサーSF , ジクサー
排気量:154cc
発売日:2019年5月20日(印) , 2019年7月(印)
価格:10万9,870ルピー , 10万0,212ルピー
カラー:全2色 , 全3色

2019.07.13 ネイキッドもインドで正式発表!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

カラーラインナップに関する追記は→追記箇所へ

新型ジクサーの発売日はいつ?

新型ジクサーの発売日ですが、2019年にインドでとなりそうです。

ジクサーは250ccモデルも噂がありますからね。

更にはインドネシアではバンディット150の話も出ていますし、2019年は楽しみとなりそうですよ。

 

ちなみに情報ソースはインドのメディアであるAUTOCAR(英語)さんです。

それによると、最近発売となったTVSのApache RTR 160 4Vの登場で王座を失ったとのこと。

優秀なライバル車が登場したので、巻き返しを図るべく来年にモデルチェンジを行うといった内容となっています。

 

ちなみにRTR 160 4Vというのはこんな奴ですよ。

出典:TVS

 

現地では他にもBajajのPulsar NS160や、ホンダのCB Hornet 160、更にはヤマハのFZ-Sなどがライバル車として存在します。

出典:Bajaj Auto

出典:Honda India

出典:Yamaha India

 

小排気量車が好きな方には嬉しい国ですね。

スポンサーリンク

2019.05.21 追記

5/20にインドで正式に新型が発表となりました。

兄である250ccの影に隠れている感もありますが…155の方も同様のデザインで新型となっています。

 

現状はSFというフルカウルのみとなっており、ネイキッドは発表されていません。

日本への導入は…どうでしょうか?

輸入車に強い販売店さんが輸入するとは思いますが、正規ラインナップはどうでしょうね?

ネイキッドも出れば可能性はありそうですが、現状では正規ラインナップの可能性は低い気がします。

 

こちらは250ccのPVですが、基本的なデザインは新型ジクサー155も同じとなっていますよ。

スポンサーリンク

2019.06.22 追記

ネイキッドの方のジクサーのカタログ画像と思わしきものがリークしています。

出典:RUSHLANE

 

パッと見で気になるのはLEDと思わしきヘッドライト。

全体的にはキープコンセプトでありつつも、細部が色々と変わってきていますね。

基本的には、先日に発表されたカウル付きのSFと共通となっています。

2019.07.03 追記

先日カタログ画像と思わしき画像がリークされましたが、今回は実車のスパイショットがリークされています。

出典:Gaadi Waadi.com

 

やっぱりこの顔つきが特徴ですよね。

今までのジクサーよりもカッコいいかカッコ悪いか…この辺りは個人の好みだとは思いますが、大きく印象が変わったことは確かです。

2019.07.13 追記

ネイキッドもインドで正式に発表となりました。

日本での発売は現状未定となっています。

スポンサーリンク

新型ジクサーの価格は?

新型ジクサーの価格ですが、現状不明となっています。(追記有り)

先ほどのAUTOCARさんでは、現行型にわずかなプレミアム…とのこと。

 

現地の現行型(ABS)は、87,250ルピーとなっています。

日本円にすると約14万3,040円。

日本とインドとの価格差は約2.4倍ですので、約34万3,440円が予想価格と以前の記事で書きました。

この辺りはジクサーのABS付きの記事が詳しいので、関連記事も合わせてどうぞ。

 

そちらの記事でも触れていますが、日本の2018年モデルは6月11日に発売となりましたが…カラー変更のみ。

ABS付きは導入されませんでした。

2019年にインドで予定される新型ジクサーを、日本でも2019年モデルとして導入する予定があるためにカラー変更のみだった可能性もありそうです。

 

さて新型の予想価格ですが…わずかなプレミアム…というのが難しいところ。

ライバルのRTR 160 4Vがモデルにもよりますが、1番高くて91,535ルピーです。

ほぼ同じか、少し安いくらいとなりそうな気がしますね。

 

仮に90,000ルピーだとすると、約14万7,550円となり…2.4倍で35万4,120円といったところです。

現行型の日本価格が32万1,840円ですので、その差が約3万円。

税込32,400円アップというのは妥当なところかもしれませんね。

2019.05.21 追記

値段も正式に発表となっています。

デリーでの価格が10万9,870ルピーとなっており、想像よりもお高い感じに…。

日本円に換算すると、約17万3,590円といったところですが…現地との価格差が約2.4倍。

となると約41万6,620円となってしまいます!

 

ですが旧型(日本の現行型)はインドはキャブ、日本はインジェクション。

それを考えると、2.4倍までにはならないかもしれないですね。

導入されるかは不明ですが…35万~38万円程度でしょうかね?

2019.07.13 追記

ネイキッド版も正式に発表されています。

デリーでの価格は10万0,212ルピーとなっており、フルカウルのSFに比べると9,658ルピー安いということに。

日本円にすると約1.5万円の違いって感じです。

スポンサーリンク

新型ジクサーのスペックは?

新型ジクサーのスペックですが、現状不明となっています。(追記有り)

先ほどのAUTOCARさんの他に、同じくインドのメディアであるINDIAN AUTOS BLOG(英語)からも記事が出ていますよ。

 

それらを総合するとこんな感じです。

・フルLEDヘッドライト
・スズキイージースタートシステム
・TFTメーターパネル
・スプリットシート

 

基本的にはデザインの変更が主となりそうな感じ。

インドネシアではGSX-S150の分割シートの評判が悪く、バンディットではタンデマーまで一体型を採用するという噂と正反対なのが面白いですね。

この辺りは国民性の違いなのか、求めるものが違うのか…。

 

ちなみに現地では足回りが硬いという評価だそうで、走行性能を犠牲にすることなく乗り心地の向上が期待される…的なことも書かれていますよ。

エンジンは現行のまま、ABSも現行と同じフロントのみのシングルチャンネルと予想されています。

2019.05.21 追記

新型が発表となったので、日本の現行型と比較してみたいと思います!

車名  ジクサーSF  (New)  ジクサー (New)  ジクサー (Old)
型式      2BK-NG4BG
全長[mm]  2,025  2,020  2,005
全幅[mm]  715  800  785
全高[mm]  1,035  1,035  1,030
ホイールベース[mm]  1,340  1,335  1,330
シート高[mm]  795  795  785
重量[kg]  146  140  135
エンジン型式  空冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  154.9  154.9  154
ボア×ストローク[mm]  56.0×62.9  56.0×62.9  56.0×62.9
圧縮比      9.8
最高出力[ps/rpm]  14.1/8,000  14.1/8,000  14/8,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  1.4/6,000  1.4/6,000  1.4/6,000
タンク容量[L]  12  12  12
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション  5速リターン  5速リターン  5速リターン
キャスター      25°45′
トレール[mm]      105
フロントフォーク  Φ41mm正立  Φ41mm正立  Φ41mm正立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φmmシングル  Φmmシングル  Φ266mmシングル
Rブレーキ  Φmmシングル  Φmmシングル  Φmmシングル
Fタイヤ  100/80R17  100/80-17  100/80-17
Rタイヤ  140/60R17  140/60R17  140/60R17
税込価格      32万1,840円

 

タイヤサイズは変わっていませんが、前後ラジアルになっているようです。

ABSはどうやら現行と同じく、フロントのみ。

 

重量が10kgも増えているように見えますが、旧型のSFは140kgですので…SF同士で見ると6kgアップですね。

ってか…あのカウル5kgもあるんですね…。

2019.07.13 追記

ネイキッドのジクサーが発表されたので、スペックシートに追記しました。

気になるのは…ネイキッドはフロントタイヤがバイアス…ですかね?

フルカウルのSFはラジアル表記ですが、こちらはリアのみラジアル表記になっています。

スポンサーリンク

新型ジクサーのカラーラインナップ!

新型ジクサーのカラーラインナップですが、現状不明となっています。(追記有り)

まぁ間違いなく(エクスターカラー)はあるでしょう!

 

現行型は他にですね。

ちょっと前にはSPとして黒×金のモデルもインドでは発売されています。

出典:Suzuki India

 

基本的には青、黒、赤系のままで…現行とはグラフィックが違うって感じになるかと思いますよ。

エクステリアデザインの変更が予想されているようですので、この辺りは続報に期待です。

2019.05.21 追記

まさかの青無しとなりました!

ブラックとグレーの全2色が発表となっていますよ。

出典:SUZUKI INDIA

 

あとから青は…追加になるのではないでしょうか?

2019.07.13 追記

ネイキッドのジクサーが正式に発表されています。

こちらはカラーラインナップは全3色となっています。

黒、銀、青の3色となっていますよ。

出典:SUZUKI INDIA

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型ジクサーの発売日は2019年5月20日(インド)

価格は現行型の35~38万円程度?

スペックは本文内で

カラーラインナップは全2色,全3色

 

ジクサーはその排気量が日本では売れないと思われましたが、かなりの人気となりましたよね。

そういった経緯もあり、日本では2017年と比較的新しいモデルです。

しかし、インドでは現行型は2014年から販売されているんですよね。

そろそろ大幅なモデルチェンジの時期と言えば時期です。

 

こちらも合わせてどうぞ!・Tシャツより快適!春夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。