オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ジクサーの新型はABS搭載?発売日や価格、スペックはどうなる?

calendar

150ccという日本では販売上不利な排気量にも関わらず、かなりのセールスとなったスズキのジクサー。

手頃な価格なのに性能がしっかりしているのが良いですよね。

 

唯一の不満と言えるのがABSだったりしないでしょうか?

なんと生産国のインドでは新型に関する情報が出ており、ABSが搭載されるとのこと!

 

果たして日本のモデルも対応するのでしょうか?

そうなると値上げは避けられませんが、値段はどのくらいになるのでしょうね?

 

今回はそんな2018年モデル、新型ジクサーの情報を調べてみましたよ。

 

この記事は2018年モデルに関してとなります。

そして、2019年にモデルチェンジが噂されていますよ!

その情報に関しては別記事を作成しましたので、関連記事からどうぞ。

スポンサーリンク

新型ジクサーはABS搭載?

新型ジクサーですが、どうやらABS搭載となりそうです。

国内で販売されているモデルはABSが付いていませんし、生産国であるインド仕様もABSは無いんですよね。

 

GSX-S125とR125はABS付きですし、ジクサーもモデルチェンジで採用するだろうとは予想していましたが…。

既にインドでは車体も出来ているようで、スパイショットが報じられていますよ。

出典:BikeAdvice.in

 

これはインドのメディアであるBikeAdvice.inさんが報じています。

フロントフェンダーにも「ABS」って書かれていますね。

 

ちなみに、日本には入ってきていませんがジクサーにはフルカウルのGIXXER SFというモデルがあるんです。

画像でも手前に写っているバイクがそうでしょう。

 

ジクサーSFはなぜか現行もABS付きなんですよね。

出典:SUZUKI INDIA

2018.05.28 追記

現地インドでは既に発表されています。

フロントのみの装備となり、リアディスクブレーキモデルのみの採用となるようです。

出典:SUZUKI INDIA

 

日本ではリアディスクしかないですが、現地にはリアドラムもあるんですよね。

現時点で日本仕様の情報はないですが、いずれは国内にもABS仕様が入ってくるかと思いますよ。

スポンサーリンク

新型ジクサーの発売日は?国内導入はあるのか?

新型ジクサーの発売日ですが、現地インドでは5月初旬と噂されています。

正式な発表ではないですよ。(インドでは発表されました!)

 

先ほど紹介したように、SFは元々ABSが付いていますので…ジクサーにABSを採用するのも技術的にはすぐ可能でしょう。

特に前フリなく5月頃に「発売開始」となってもおかしくないですよね。

 

大事なのは日本への導入があるのかどうか…ですが、個人的には入ってくると思っています。

すぐ…かどうかは微妙ですけどね。(やはり入ってきませんでした…。詳細は追記参照)

2017年1月に発売され、既に1年以上経っていますのでABSモデルが追加されても問題無いかと思いますよ。

スポンサーリンク

新型ジクサーの価格はいくら?

新型ジクサーの価格ですが、現地では6,500ルピーの値上げと予想されているようです。

日本円にすると約1万円ちょっとってところでしょうか?

 

ただし、日本への正規輸入はというと話が変わってくるでしょうね。

というのも現地のジクサーの価格は80,929ルピーでして、日本円で約13万2,680円といったところ。

日本での価格は31万6,440円約2.4倍なんですよ。

 

まぁ輸入に色々とお金がかかるので仕方のない部分ではあります。

ABSモデルは6,500ルピーの値上げとすると87,429ルピーとなり、日本円に換算すると約14万3,330円。

これから2.4倍とすると…34万3,990円といったところになりますね。

2018.05.28 追記

インドで発表されています。

ABS付きは87,250ルピーとのこと。

日本円にすると14万3,040円程度ですね。

 

上記にありますが、日本での価格はインド価格の約2.4倍と書きました。

そこから計算すると34万3,300円といったところ。

消費税の関係を考えると34万3,440円となるでしょうかね?

スポンサーリンク

新型ジクサーのスペックは?

新型ジクサーのスペックですが、基本的には変更無しと予想されています。

エンジンや車体関係に変更は無く、単純にABSが追加される予定とのこと。

 

カラーラインナップの変更はあるかもしれませんね。

インドではグラフィックが違いますし、日本にはない赤色も現在ラインナップされています。

出典:SUZUKI INDIA

 

こういったカラーが日本に入ってくる可能性もあるかもしれません。

2018.05.29 追記

国内もカラーラインナップの変更が発表されました。

公式なプレスリリースはまだホームページに出ていませんが、公式ページはニューカラーに変更済みとなっています。

発売は6月11日とのことで、公式リリースをBikeBrosさんが報じています。

【スズキ】『ジクサー』カラーリングを刷新し6/11に発売

出典:BikeBros.

出典:スズキ株式会社

 

やはりインドカラーが国内に入ってきましたが、ABS仕様ではありません。

ABSはもうしばらくお預けとなりますね…。

出典:スズキ株式会社

 

色のみの変更で、スペック的な部分は変わっていませんよ。

お値段も32万1,840円と、以前のモデルの「ツートン」と同じ価格となっています。

31万6,440円だった単色モデルは廃止されていますが、今回は全てのカラーがツートンですからね。

値上げは無しとなりますよ。

 

ちなみに、リアスプリングもカラーリングがに変更されました。

出典:スズキ株式会社

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型ジクサーはABS搭載されました(インド仕様)

新型ジクサーの発売日はインドで発表済み

新型ジクサーの価格は現地で87,250ルピー(日本価格の予想は本文内で)

新型ジクサーのスペックは変更無し

 

やっぱりABSってあった方が良いと思うんですよね。

小排気量車には不要とか、下手くそ御用達なんて声もありますが…。

 

是非日本にも導入されると良いですね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。