オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

W800後継モデル開発中?新型車はインドネシア仕様がベースとなるのか?

calendar

2016年に惜しまれつつ生産終了となったW800に新型、後継機の噂が出ていますね。

2008年に排ガス規制で生産終了となったW650が2010年にW800となり蘇ったように、かなり注目のモデルです。

 

排気量がどうなるのかも気になるところですが、空冷は継続されるのか?そしてあのべべルギアのエンジンは継続されるのか…。

W復活という話だけでついわくわくしてしまいます。

 

ちなみにインドネシアタイでは現在も販売しており、W175、W250と共にWシリーズとなっているんですよね。

この辺りに新型の何か情報が隠れていないでしょうか?

スポンサーリンク

W800の後継モデル開発中の噂!

W800の後継モデルですが、開発しているという噂です。

発売日や価格に関しては全く情報が出ていない状態ですね。

 

果たして本当に開発を継続しているのか…気になるところですよ。

しかしカワサキのWは名車中の名車ですからね、復活を心待ちにしている方は多いかと思います。

カワサキとしても復活は考えていると思いますよ。

 

冒頭で紹介しましたが、インドネシアやタイではW175、W250、W800とシリーズ化されているんです。

W250はいわゆるエストレアでして、以前は「エストレア」の名前で売っていたんですよ。

それをW250に名称変更したことや、W175が新登場したことなどから、W800の復活も期待出来そうな気がします。

スポンサーリンク

W800は日本では生産終了もインドネシアでは現役!

W800の現行型ですが、インドネシアとタイで販売しています。

日本でもまだホームページにファイナルエディションが載っているんですけどね。

一応あちらでは2017年に新型として発売開始になっていますよ。

 

公式ホームページを見てみると…多少スペックが違うものの…正直何が変更となっているのかは謎です。

単に表記の問題(どこで数字を丸めるか…的な)じゃなかろうかって気がしてしまいますね。

 

日本のファイナルエディション、インドネシア仕様、タイ仕様と表にしておきましょうか。

車名  W800 日本  W800 インドネシア  W800 タイ
型式  EBL-EJ800A    
全長[mm]  2,180  2,190  2,190
全幅[mm]  790  790  790
全高[mm]  1,075  1,075  1,075
ホイールベース[mm]  1,465  1,465  1,465
シート高[mm]  790    790
装備重量[kg]  216  217  217
エンジン型式  空冷並列2気筒SOHC  空冷並列2気筒SOHC  空冷並列2気筒SOHC
総排気量[cc]  773  773  773
ボア×ストローク[mm]  77.0×83.0  77.0×83.0  77.0×83.0
圧縮比  8.4  8.4  8.4
最高出力[ps/rpm]  48/6,500  48/6,500  
最大トルク[kgf-m/rpm]  6.3/2,500  6.1/2,500  
タンク容量[L]  14  14  14
フレーム  ダブルクレードル  ダブルクレードル  ダブルクレードル
キャスター  27°00′    
トレール[mm]  108    
フロントフォーク  Φ39mm正立  Φ39mm正立  Φ39mm正立
リヤサスペンション  ツインショック  ツインショック  ツインショック
Fブレーキ  Φ300mmシングル  Φ300mmシングル  Φ300mmシングル
Rブレーキ  Φ160mmドラム  Φ160mmドラム  Φ160mmドラム
Fタイヤ  100/90-19  100/90-19  
Rタイヤ  130/80-18  130/80-18  
税込価格  92万5,560円  約194万1,000円  約127万3,530円

 

重量1kgアップと最大トルク0.2kgf-mダウンが気になりますね…。

何がどう違うのかは…残念ながら不明です。

 

ちなみにカラーリングはインドネシア仕様が青と黒×白の2色。

青が2億5,000万ルピア(約194万1,000円)で黒×白が2億5,100万ルピア(約194万8,760円)となっています。

出典:カワサキインドネシア

 

タイ仕様は黒、青、緑、黒×白の全4色。

青と黒×白はインドネシア仕様と同じだと思われます。

青と緑が37万6,000バーツ(約127万3,530円)、黒と黒×白が39万5,000バーツ(約133万7,890円)となっています。

出典:カワサキタイランド

スポンサーリンク

W800の新型はどうなる?勝手に予想してみた!

新型W800ですが、空冷継続!を希望したいです。

現状全くと言って良いほど情報が無いので、ハッキリ言ってどうなるかは不明です。

 

Wらしさを残すということを考えると、空冷とべべルギアは継続してくるかと思いますよ。

空冷だからと言って排ガス規制を通せないわけではないようですからね。

 

何かのエンジンを流用…なんてことは出来ないでしょうから、現行のエンジンを改良って感じでしょうか?

今年のEICMAで何らかの発表があるのではないか?と言われているようですよ。

となると11月ってことですね。

また情報が出てきたら追記していきたいと思います。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

W800の後継モデルが開発中の噂

W800はインドネシアとタイで現行

新型W800は空冷継続であってほしい

 

まだまだ不明点だらけですが、W800の新型が発売される可能性は非常に高そうな感じです。

早く素晴らしい続報が出てくることに期待ですね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。