オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Z900新型の日本発売日はいつ?価格やスペック、Z900RSとの違いは?

calendar

出典:株式会社カワサキモータースジャパン

Z800の後継モデルとして、海外で発売されていたZ900です。

ついに国内導入が決定しましたよ!

 

日本での発売はいつ頃になるのか?

値段はいくらとなるのか、気になるところです。

 

スペックも気になるところですが、このモデルをベースとしたZ900RSとの違いも気になるところですよね。

ベースが一緒というだけで、購買層は被らなそうですが…せっかくですので比較してみますよ。

Z1000とも比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型Z900の日本発売はいつ?

新型Z900の発売日ですが、2018年4月2日となります。

カワサキから正式にリリースが発表されていますね。

 

2016年11月のEICMAで発表されたZ900ですが、海外では2017年モデルとして発売されていますよ。

なぜか国内への導入は今まで無く…やっと正式販売決定って感じですね。

 

本日に正式発表となっていますので、予約なども受け付けているものと思います。

あまり台数予定していないでしょうから、早めの予約がおすすめですよ。

 

日本のホームページにはPVが公開されていませんが、海外では公開されていますので紹介します。

スポンサーリンク

新型Z900の価格はいくら?

新型Z900の価格ですが、95万0,400円と発表されています。

カラーリングは全2色となっており、色による値段の違いはありませんね。

 

いつも通りの黒×緑と、黒×赤の2色展開と言えそうですかね。

正式名称は「パールミスティックグレー×メタリックスパークブラック」と「キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック」となっています。

出典:株式会社カワサキモータースジャパン

 

ちなみに、Z900RSはと言うと黒が129万6,000円、火の玉カラーが132万8,400円でしたね。

黒の方で見ても、その差なんと34万5,600円!

 

Z1000が115万0,200円ですから、それ以上に高いとは思っていませんでしたが…やはりかなりお買い得価格と言えそうです。

装備の差がありますからね、単純にZ900RSが高いとは言えない部分はありますが…。

 

なのですが、海外ではZ900RSってこんなに高くないんですよ。

と言うかZ1000が安いと言うか…。

 

イギリスではこんな感じですよ。

・Z900・・・8,399ユーロ(約109万3,180円)
・Z900RS(黒)・・・9,899ユーロ(約128万8,410円)
・Z1000・・・10,299ユーロ(約134万0,470円)

 

なんとZ900RSはZ1000よりも安い!

この辺りの価格設定は謎ですね…。

スポンサーリンク

新型Z900のスペックは?RSとの違いは?

新型Z900のスペックですが、表にまとめておきましょう。

Z900RSとZ1000と並べてみましたよ。

車名  Z900  Z900RS  Z1000
型式  2BL-ZR900B  2BL-ZR900C  2BL-ZXT00W
全長[mm]  2,065  2,100  2,050
全幅[mm]  825  865  790
全高[mm]  1,065  1,150  1,055
ホイールベース[mm]  1,450  1,470  1,440
シート高[mm]  795  800  815
装備重量[kg]  210  215  220
エンジン型式  水冷並列4気筒DOHC  水冷並列4気筒DOHC  水冷並列4気筒DOHC
総排気量[cc]  948  948  1,043
ボア×ストローク[mm]  73.4×56.0  73.4×56.0  77.0×56.0
圧縮比  11.8  10.8  11.8
最高出力[ps/rpm]  125/9,500  111/8,500  141/10,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  10.0/7,700  10.0/6,500  11.3/7,300
タンク容量[L]  17  17  17
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド  ダイヤモンド
キャスター  24°50′  25°00′  24°50′
トレール[mm]  103  98  101
フロントフォーク  Φ41mm倒立  Φ41mm倒立  Φ41mm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ300mmダブル  Φ300mmダブル  Φ310mmダブル
Rブレーキ  Φ250mmシングル  Φ250mmシングル  Φ250mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  180/55ZR17  180/55ZR17  190/50ZR17
税込価格  95万0,400円  129万6,000円
 132万8,400円
 115万0,200円

 

こうして見るとRSともキャラクター付けと言うか、性格が違って面白いですね。

RSと比較して圧縮比アップで出力もアップ、キャスターも立っているのでスポーツ寄り。

いや、RSが中低速を太らせた街乗り仕様と言った方が正しいかもしれませんね。

 

名称は900ですが948ccと、1000とは95ccしか変わらないんです。

エンジンもボアダウンでストロークは同じですね。

 

ちなみに価格差からも予想が出来るかと思いますが、装備はRSの方が相当豪華ですよ。

フロントフォークは伸減衰とプリロードのみ(RSはフルアジャスタブル)、トラコンも搭載されていません。

ブレーキもRSはラジアルマウントでしたね。

 

そうそうETC2.0搭載となっています!

せっかくですので各部気になるところを公式画像で紹介しますよ。

出典:株式会社カワサキモータースジャパン

 

各部がわかる動画も公開されています。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型Z900の発売日は4月2日

新型Z900の価格は95万0,400円

新型Z900のスペックは本文内で

 

ヤマハのMT-09よりも5万円ほど安いんですよね。

Z900RSとは購買層が違うでしょうから、これも結構売れるのではないでしょうか?

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。