オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ジクサー250の発売日は2019年?価格やスペック、カラーラインナップは?

calendar

スズキから新型の250ccスポーツ、ジクサー250Rの噂が出ていますね。

結構前にヤングマシンさんがスクープしていましたが、個人的には現行GSX250Rがあり、新型GSX-R250があり…さすがにないだろうと思い記事にしませんでした…。

 

なのですが、どうも本当に発売されそうな感じの動きが見られますよ!

GIXXER(150ccのやつ)はインド生産となっており、250ccのジクサーもインド生産となりそうです。

現地メディアからもちらほらと情報が出ていますので、それらを紹介したいと思います。

 

気になるのはやはり日本導入はあるのかどうか、発売日はいつ頃になるのかどうかですよね。

更には値段スペック、カラーラインナップなども気になるところです。

 

※5/12 どうもRは付かないようで、フルカウルのSFのみ?のようですね。

スポンサーリンク

ジクサー250の基本情報!

メーカー:スズキ
車種名:ジクサーSF 250
排気量:249cc
発売日:2019年5月20日(印)
価格:170,655ルピー(デリー)
カラー:2色

・2019.05.20 インドで正式発表!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

カラーラインナップに関する追記は→追記箇所へ

ジクサー250の発売日はいつ?

ジクサー250の発売日ですが、2019年にインドでとなりそうです。

現在のインド市場ではジクサー(150ccの日本にも入ってきているやつ)が大人気。

そこからのステップアップとして非常に期待される排気量となっているようですよ。

 

そしてヤマハのFZ25という車両の成功も大きいとのこと。

ヤマハには150ccのFZと、そのスポーティモデルのFZSが存在していました。

そこに排気量を250ccとしたFZ25を投入し、見事に成功を収めているんですね。

FZ25に関しては別記事が詳しいので、興味がありましたら関連記事からどうぞ!

 

スズキのジクサーも大人気のために、同様の道を辿り2019年にデビューするのではないかと予想されているようです。

発売されるとなれば日本にも入ってくる可能性は高いでしょう。

GSR250Fが生産終了となり現在ネイキッドがないですし、250というのは日本でも人気のある排気量。

150のジクサーがラインナップされたことを考えれば、間違いなく正式ラインナップとなるかと。

スポンサーリンク

2018.11.25 追記

インドのメディアさんが発売時期に関する報道をしていますよ!

RUSHLANE(英語)

INDIAN AUTOS BLOG(英語)

 

こちらによると、RUSHLANEさんは6月、INDIANAUTOSBLOGさんは4月と予想しているようです。

この感じですと、現地予想では「R」は付かないっぽいですね。

まぁ現実的に考えると日本にも入っている154ccのジクサーの250版というのが妥当…。

(つまりネイキッド)

 

ですが、下記にも書いていますが現地インドにはSFというフルカウルモデルもラインナップされています。

ジクサー250のフルカウル…GIXXER 250 Rなるものが誕生しても不思議ではないですけどね。

 

排気量的にも日本での需要は見込めるでしょう!

多少遅れる等はあると思いますが、インドでの発売から近いうちに日本でも販売される可能性が高いと思われます。

2018.12.19 追記

インドのメディアさんで発売日に関する情報が少し報じられています。

BikeAdvice.in(英語)

 

こちらによりますと2019年1月に発表され、その後すぐに発売されると書かれているっぽいですね。

ジクサー150と同様にネイキッドと、カウル付きのモデルの2種類がラインナップ。

ネイキッド版が先に発売になる…って感じのことが書かれています。

 

現地インドにはジクサーSFというフルカウルモデルが存在しており、この記事内でも少し紹介していますよ。

ジクサーSFは日本では正規販売されていませんが、輸入車として取り扱っているお店が存在します!

ジクサー250に関しても…もしかしたらネイキッドのみの導入となるかも?

さすがに250ccですし、150のジクサーがあれだけ日本でも売れたので…ネイキッドは正規ラインナップとなると思います。

スポンサーリンク

2019.04.30 追記

以前お伝えした情報とは違い…1月には何も発表にはなっていませんね。

どうやら5月20日に何らかの発表があるとのことです。

現地のメディアさんよりティザー画像が出ています。

出典:GaadiWaadi.com

 

特に車名などは書かれていませんが…いくつかのメディアを見ても、これがジクサー250であろうと報じていますね。

油冷の単気筒ユニットということで…絶対に出ないであろうと思われますが…グース250やDR250Sなんかも夢見てしまいますね。

2019.05.12 追記

カタログ画像がリークされています!

出典:MOTOROIDS

 

ティザー画像と同じ顔ですね。

スペックもカタログ画像がリークされているので、そちらは「スペック」のところで紹介します。

記事内の「スペック」へ移動

2019.05.21 追記

5/20に正式に発表となりました。

既に販売店に並んでいるようですので、現地インドでは5/20に発売開始とみて良いでしょう。

 

気になるのは日本での販売ですが…現状は不明な状態です。

輸入車に強い販売店さんがもってくる可能性は高いですが、正規販売は不透明ですね。

 

インドは現時点では排ガス規制が多少遅れており、現状はBS4というEURO3相当です。

しかし2020年にはBS6という、EURO5相当になるようで…ここで欧州や日本と足並みが揃うという感じでしょうか?

来年すぐにBS6が控えているということで、ジクサー250SFも恐らくBS6相当…もしくは比較的簡単に(キャニスターの装着とか?)BS6に対応出来るものと思われます。

 

そう考えると、日本への正規導入も期待がかかりますね。

日本も2020年から令和2年規制…ユーロ5と同等となりますので、2020年にラインナップに追加となるのを期待したいところ。

スポンサーリンク

ジクサー250の価格はいくら?

ジクサー250の価格ですが、14~15万ルピーと予想されているようです。(追記有り!)

こちらは現地インドのメディアであるAUTOCARさんですね。

 

現在のレートから換算すると…約22万6,830円~24万3,030円といったところ。

以前150のジクサーの記事でも書きましたが、日本価格はインド価格の約2.4倍。

となると、54万4,390円~58万3,270円といった計算になりますよ。

 

ABSが無いとは言え、Vストロームが57万0,240円のGSX250Rが52万7,040円だと思うと高い…かもしれません。

あちらは水冷の並列2気筒でして、ジクサー250は油冷の単気筒と予想されていますからね…。

2019.05.12 追記

カタログ画像がリークされて、BikeAdvice.inさんが予想価格は報じています。

BikeAdvice.in(英語)

 

こちらによると、15万~16万ルピーとのこと。

日本円にすると24万3,030円~25万9,230円といった辺り。

ただし、ジクサー(150の方)のインド価格と日本価格を考えると…日本価格は約2.4倍程度。

 

となると、58万3,270円~62万2,150円となりますね。

果たしてどうなるか…個人的にはちょっと高いかなぁ…と思ったり。

2019.05.21 追記

価格も5/20に正式発表となっています。

インドは州によって値段が違うのですが…デリーで17万0,655ルピーとなっています。

 

現在のレートで日本円に換算すると…約26万9,490円といったところ。

そして日本の値段はインド価格の約2.4倍…。

となると、約64万6,780円といったことになります。

 

ただジクサーはインドはキャブ、日本はインジェクション仕様ですので…ジクサー250SFは2.4倍までにはならないような気も。

GSX250Rが52万7,040円~ですし…日本に入ってきた場合はほぼ同額、もしくは単気筒ということで少し安いくらいかもしれません。

50~55万円辺りが、日本での販売となったら現実的なところでしょうか?

スポンサーリンク

ジクサー250のスペックは?

ジクサー250のスペックですが、現状不明となっています。(追記有り)

先ほど紹介したように、油冷の単気筒という説が強いですね。

 

現地メディアのAUTOCARさんがスペックに関しても報道しています。

ある程度確証のある情報なのか、独自の予想なのかは不明ですが…。

・250ccの単気筒エンジン(恐らく4バルブ)
・液体冷却の代わりにオイルクーラー(油冷)
・最高出力は22~25HP(21.7~24.7PS)
・5速か6速かは不明
・現行ジクサーのフレームを継続?(要強化)
・ABS搭載

といった感じです。

ソースはAUTOCAR(英語)さんとなっています。

 

そしてスズキでは最近新型の油冷技術の特許が公開されています。

この辺りはヤングマシンさんが報じていましたよ。

2018年5月号に掲載されていましたが、現在はWEBの方でも同様の内容を読むことが可能です。

気になる方はヤングマシンさんの記事をどうぞ。

 

そして以前GSX-S250の方で記事にしましたが、中国の提携企業であるHaojueからHJ300の特許が公開されています。

HJ300はパラツインに見えますので、GSX-S250/300との関わりになるでしょうが…デザイン的には似た物になる可能性も。

こちらは関連記事からどうぞ。

2019.05.07 追記

現地でスペックに関するリーク情報が出ているようです。

詳細はこちらですね。

MOTOROIDS(英語)

 

こちらによりますと、油冷のSOHC4バルブで26.5馬力とのこと。

デュアルチャンネルABS装備となっていますね。

 

ジクサーと言えば…日本ではネイキッド。

インドネシア等ではSFというカウル付きと併売されています。

今回の250はティザーの感じですと…カウル付きが主となりそうですね。

どちらも販売されるのか、カウル付きのみなのか…5/20の発表で明らかになるでしょう。

スポンサーリンク

2019.05.12 追記

カタログのスペック部分の画像もリークが出ています。

出典:MOTOROIDS

 

これを基に、現行のジクサー(150の方)と比較してみましょうか。

車名  ジクサーSF 250  ジクサー
型式    2BK-NG4BG
全長[mm]  2,010  2,005
全幅[mm]  740  785
全高[mm]  1,035  1,030
ホイールベース[mm]  1,345  1,330
シート高[mm]  800  785
重量[kg]  161  135
エンジン型式  油冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  249  154
ボア×ストローク[mm]  76.0×54.9  56.0×62.9
圧縮比    9.8
最高出力[ps/rpm]  26.5/9,000  14/8,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  2.3/7,500  1.4/6,000
タンク容量[L]  12  12
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション  6速リターン  5速リターン
キャスター    25°45′
トレール[mm]    105
フロントフォーク  Φmm正立  Φ41mm正立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φ300mmシングル  Φ266mmシングル
Rブレーキ  Φmmシングル  Φmmシングル
Fタイヤ  110/70R17  100/80-17
Rタイヤ  150/60R17  140/60R17
税込価格    32万1,840円

 

見た感じですとジクサーSFのフレームがベースになっている感じです。

サイズもほぼ同じですよね。

排気量アップに対応するべく、各所に補強を入れたって感じでしょうか?

 

タイヤは前後共に一回り大きくなり、フロントもラジアルに。

ミッションが6速になっていますね。

 

エンジンが250になり、恐らくフレームも補強が入ったとはいえ…26kgアップの161kgというのは…ちょっと重いでしょうかね?

カワサキのNinja 250SLが29馬力で151kgでしたし…。

もちろんバイクはスペックが全てではないですし、スズキの油冷らしさが出ていることに期待ですね。

そして…日本への導入も期待です。

スポンサーリンク

ジクサー250のカラーラインナップは?

ジクサー250のカラーラインナップですが、現状不明となっています。(追記有り)

とは言ってもスズキブルーは間違いないでしょう。

 

特にインドでは大型も販売されてはいるものの、250ccというのは結構な贅沢品。

憧れのスポーツバイクという意味もありますので、スズキワークスカラー(エクスターカラー)は設定されるでしょう。

 

インドのジクサーはSFというフルカウルモデルも存在しますので、ジクサー250Rもカウル付きが設定される可能性も。

国内には同じように入ってこない可能性もありそうですが…。

フルカウル、結構カッコいいんですよ。

出典:SUZUKI INDIA

 

他の色はわかりませんが、現行ジクサーと同じくで3色ではないでしょうか?

スズキの定番カラーですね。

スポンサーリンク

2019.05.07 追記

色についても情報が報じられていますね。

スペックと同じくMOTOROIDSさんです。

MOTOROIDS

 

こちらによると、全3色となりグレー、シルバー、ブルーだそうです。

ブルーのみがいわゆるエクスターカラーとなるのか…他の色も同様なのか…。

 

ジクサーSFのカラーですと、全色でカウルにSUZUKIと入っていますので…ジクサー250も同様の可能性が高そうですよね。

2019.05.21 追記

カラーリングも発表されていますが…なんと青が無い!

現状はグレーとブラックの2色となっています。

出典:SUZUKI INDIA

 

と言っても、やはり青はスズキのイメージカラーですからね。

エクスターカラーが後からでも追加になるかと。

マイナーチェンジまで待たされるのか…果たしてどうなるか。

 

最後に公式ホームページから、気になる画像を少しピックアップして各部を見てみましょう。

出典:SUZUKI INDIA

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

ジクサー250の発売日は2019年5月20日(インド)

ジクサー250の価格は、日本導入は不明も50~55万円?

ジクサー250のスペックは本文内で

ジクサー250のカラーは灰、銀の2色

 

しかしジクサーってGSX-Rの愛称からの命名だったような?

実際150のジクサーもホームページのURLはGSX150ですし。

GSX-RにGSX-S、更にはジクサーとなるとわけわからん…となりますね。

 

私的にはジクサー250Rの油冷単気筒を使ってグース250の新型を是非とも出して頂きたい!

え?ライト丸目に変えれば良いって?

いやほら、シングル(風)シートとかセパハンとか、タンクの形状とか…あるじゃないですか。笑

 

こちらも合わせてどうぞ!・暑さを乗り切れ!→春夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。