オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

インディアンの新型バイクFTR1200の国内発売日はいつ?価格やスペックは?

calendar

インディアンモーターサイクルから、フラットトラックのレプリカとも言えるFTR1200が発売されるようです!

これは確か2017年のEICMAに参考出展されていたモデルです。

 

2017年シーズンはインディアンがワークスチームとしてフラットトラックに復帰。

そしていきなりチャンピオン獲得と、大活躍を見せたScout FTR750。

そのイメージのまま灯火類を装備して公道仕様となったのが、まさにFTR1200ですね。

 

発売日値段が気になるところですが、日本人的には国内導入はあるのかどうか…。

日本ではフラットトラッカーは珍しいですので、これはかなり気になるモデルですよ。

スペックなども合わせて見ていきましょう。

スポンサーリンク

FTR1200の基本情報!

メーカー:インディアンモーターサイクル
車種名:FTR1200
排気量:1,200cc
発売日:2019年(米)
価格:200万円~?
カラー:不明

・2018.09.22 ティザー動画が公開→追記箇所へ

FTR1200の国内販売はあるのか?

FTR1200の国内販売ですが、可能性はあると思います。

今のところ正式には発表がありませんよ。

 

ですがインディアンは国内にも正式に販売があります。

そしてEICMA2017でカスタムモデルとして発表された後には、日本でもホームページ上でアンケートを行っていますね。

 

となると本国アメリカなどに比べると多少遅れる可能性はありますが、国内での販売も期待出来るのではないかと思いますよ。

この辺りは正式発表に期待したいところです。

 

ちなみにアメリカでの発売日は2019年の発売予定、とだけ発表されています。

 

EICMAでのカスタムモデルではありますが、画像も紹介しておきますね。

この画像はインディアンモーターサイクルジャパンでのアンケートをした時のものです。

出典:Indian MOTORCYCLE

2018.09.22 追記

ティザー動画が公開されています!

と言ってもフラットトラッカー(レーサー)であるFTR750しか映っていませんが…。

「Coming October 1」となっているので、インターモトで発表ですね。

スポンサーリンク

FTR1200の価格はいくら?

FTR1200の値段ですが、現状未発表となっています。

全くもって予想が難しいところなのですが…日本で販売しているインディアンスカウトというと3種類。

スカウト・シックスティ、スカウト、スカウト・ボバーですね。

 

どれもクルーザーですので…参考にはしづらいのですが、1,133ccの水冷Vツイン搭載ということで一応見てみましょう。

まずはスカウト・シックスティですが、こちらは165万円~となっています。

出典:Indian MOTORCYCLE

 

そしてスカウト188万円~。

出典:Indian MOTORCYCLE

 

スカウト・ボバー199万円~となっていますよ。

出典:Indian MOTORCYCLE

 

なのですが、本国でのプレスリリースによるとエンジンは新型っぽいんですよね。

The FTR 1200’s full specification is yet to be announced, but it will embody a flat tracker style, housed in a trellis frame and powered by a new V-twin engine.

出典:Indian MOTORCYCLE

 

ベースは現行のスカウトのエンジンでしょうが、新型となりトラッカーとなり…今までの価格を考えると200万越えは間違いなさそうな感じでしょう。

公式のプロモーションビデオも発表されています!

スポンサーリンク

FTR1200のスペックは?

FTR1200のスペックですが、未発表となっています。

この辺りも情報が出てきたら追記していきたいと思います。

 

現状判明しているのは、先ほど紹介したように新型のVツインエンジン搭載といったことですね。

フレームはトレリスとなり、この辺りは競技用のトラッカーであるFTR750の技術を活かしたものとなりそうです。

 

排気音がわかる動画も公式に公開されています。

 

他にもフラットトラックのチャンピオンや、フリースタイルモトクロスのライダーなどが乗った動画なども公開されていますよ。

2018.06.20 追記

イタリアのメディアであるMOTOCICLISMOさんがプロトタイプ?カスタムモデル?のテストを行ったそうで、画像と動画を公開していますよ。

コンセプトであるため、ライトやミラー等の保安部品は無く、シートもネオプレーンのペラペラなものだそうで、市販時には変更されるだろう的なことが書かれていますね。

出典:MOTOCICLISMO

 

EICMAでのモデルの方がよっぽど市販車に近いですが…これはカスタムコンセプトなのでしょうかね?

スプリントレース用に作られたプロトタイプ…みたいなことが書かれていますが…。

ちょっと訳してみてもわからなかったので、イタリア語出来る方は上記画像の出典からMOTOCICLISMOさんの記事を読んでみて下さいね。

 

その記事の動画も紹介しますよ。

動画は英語字幕でほぼ同じ内容ですので、こちらの方がわかりやすいかもです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

FTR1200の国内販売は期待出来るかも

FTR1200の価格は不明も200万オーバーと予想

FTR1200のスペックは未発表

 

こういった車種はなかなかないですからね…欲しい方も多いのではないでしょうか?

是非とも日本でも販売を行ってほしいものです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・秋冬におすすめ→秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。