オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

トレーサー700新型の日本発売日・国内販売の可能性は?価格やスペックはどうなる?

calendar

EICMA2019でトレーサー700の新型が発表となりました。

MT-07の兄弟車であり、話題になっているテネレ700とも兄弟車と言えるかもしれませんね。

 

悪く言えば中途半端な排気量なのですが…ある意味では日本で調度良い排気量。

それだけに国内導入が期待されます。

果たして日本でのTracer700の発売はあるのでしょうか?

発売日の他にも値段スペックなんかも気になるところ。

 

今回はそんなトレーサー700を紹介します。

スポンサーリンク

新型トレーサー700の基本情報!

メーカー:ヤマハ
車種名:Tracer 700
排気量:689cc
発売日:2020年(欧州)
価格:不明
カラー:全3色

トレーサー700の発売日は?日本販売の可能性は?

トレーサー700の発売日ですが、2020年に欧州でとなっています。

EICMA2019で2020年モデルと発表されていますね。

早ければ2019年末頃からディーラーに並ぶかと思われます。

 

そして気になる日本販売ですが…こちらは現状未定となっています。

正式なアナウンスは特に無い状態なのですが…個人的には国内販売の可能性は低いかと…。

旧トレーサー700も日本では発売されなかったです。

 

テネレ700が国内でも話題になっているだけに、トレーサー700も入ってくると良いのですが…。

テネレとはタイプが違いますし、トレーサー900では大きい…って方も多いと思うんですけどね。

日本では700というのは良い排気量だけに、是非ともヤマハには前向きに検討してもらいたいものです。

スポンサーリンク

新型トレーサー700の価格は?

トレーサー700の価格ですが、現状未定となっています。

正式に発表済みですので、値段情報もすぐに出てくるかと思いますよ!

もうすでに発表済みの段階ですので、中途半端な価格予想はせずに…正式情報が出るのを待ちたいと思います。

 

それに…日本での販売の可能性は低そうなので、欧州での価格がわかったところで…というのもありますね。

一応欧州価格が判明したら追記し、日本価格の予想もしたいと思います。

新型トレーサー700のスペックは?

トレーサー700のスペックですが、既に発表されています。

旧型と比較してみましょう。

車名  Tracer 700 (New)  Tracer 700 (Old)
型式    
全長[mm]  2,140  2,138
全幅[mm]  806  806
全高[mm]  1,290  1,270
ホイールベース[mm]  1,460  1,450
シート高[mm]  840  835
重量[kg]  196  196
エンジン型式  水冷直列2気筒DOHC  水冷直列2気筒DOHC
総排気量[cc]  689  689
ボア×ストローク[mm]  80.0×68.6  80.0×68.6
圧縮比  11.5  11.5
最高出力[ps/rpm]  73.4/8,750  74.8/9,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  6.9/6,500  6.9/6,500
タンク容量[L]  17.0  17
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション  6速  6速
キャスター  24.8°  
トレール[mm]  90  
フロントフォーク  Φmm正立  Φmm正立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ282mmダブル  Φ282mmダブル
Rブレーキ  Φ245mmシングル  Φ245mmシングル
Fタイヤ  120/70R17  120/70ZR17
Rタイヤ  180/55R17  180/55ZR17
税込価格    

 

基本的には旧型をベースとしてマイナーチェンジ…といった感じでしょうか?

外装の変更の他に、エンジンをユーロ5対応に…という感じでしょう。

ユーロ5対応のためか、多少馬力が落ちています。

 

そしてホイールベースが10mmほど伸びているのが気になるところ。

旧型との比較画像も作ってみましたが、どうも変わりなく見えるんですけどね…。

多少違いがあるのは、角度が違うから…だと思われます。

出典:YAMAHA EU

スポンサーリンク

トレーサー700のカラーラインナップ!

トレーサー700のカラーラインナップですが、現状3色が発表されています。

アイコングレー、ソニックグレー、ファントムブルーの3色ですね。

 

わかりやすく言うと、青×灰、赤×灰、青の3色です。

出典:YAMAHA EU

 

非常にヤマハらしい色が揃った感じに思いますが…デザインもまたヤマハらしいですね。

R1を思わせるライトが特徴でしょうか?

R1が出た時には…フォグランプだけ?と思ったのが懐かしいですね。

 

日本ではトレーサー700の発売の見込みは薄いと思いますが…新型トレーサー900もこのデザインになるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型トレーサー700の発売日は2020年

日本での発売の可能性は低い

価格は現状不明

スペックは本文内で

カラーラインナップは全3色

 

テネレ700に続いてなかなか魅力的なモデルだと思うのですが…日本には入ってこないような気がします。

日本の4大メーカーのなかで、ヤマハが1番日本ラインナップが残念な気がするだけに…是非とも導入してほしいものです。

それだけ…日本では売れていないってことなんでしょうかね…。

 

こちらも合わせてどうぞ!・最強防寒!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。