オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

KLX125の新型の発売日は2019年?価格やスペック、フルサイズになるのか?

calendar

生産終了となって久しいKLX125ですが…どうやら新型の噂が出ているようですね。

いったいいつ頃の発売となるのか気になるところ。

 

値段スペックも気になるところですよね。

そして、やはりKLX125と言えばそのサイズ!

フルサイズではなく、フロント19インチのリア16インチというミニモトサイズが特徴でした。

 

果たして新型はフルサイズとなるのか…非常に気になりますね。

スポンサーリンク

新型KLX125の基本情報!

メーカー:カワサキ
車種名:KLX125
排気量:124cc
発売日:2019年?
価格:40万円程度?
カラー:不明

新型KLX125の発売日は?

新型KLX125の発売日ですが、現状不明となっています。

今のところ噂の域を出ないといった感じかもしれません。

 

先日(2018年9月22日)に発売されたヤングマシン11月号にもちょろっと情報が出ていましたよ。

 

詳細は買って読んで頂くとして…と言ってもKLXに関する情報はほとんどありません。

しかし、今月号は新型情報盛りだくさんですのでかなり楽しめると思いますよ。

 

ちなみにですね、カワサキの125と言えばニンジャ125Z125が控えていますよね。

このエンジンをベースにオフロードとなるものと思われます。

この辺りはニンジャ125&Z125の記事で書きましたね。

 

となると、EICMAでニンジャとZが発表となり…それから遅れてKLXとなりそうです。

2019年の割と早い時期には発売されるような気がしなくもないですね。

スポンサーリンク

新型KLX125の価格は?

新型KLX125の価格ですが、現状不明となっています。

ちなみに生産終了となった旧KLX125はと言うと、34万8,840円でしたよ。

 

予想は非常に難しいところですが、正直今回のニンジャ&Zってそれほどお金がかかっていないように思うんですよね。

車体自体はSL兄弟とほぼ同じと思われます。

エンジンも詳細は判明していないものの、SLの250ccのボアダウンもしくはストロークダウン仕様となっていそうな感じ。

 

250ccベースということもあり、重量が結構あるので…フルサイズとなる可能性も考えられますね。

タイやインドネシアにはKLX150という車種がありまして、無印は日本のKLX125と同様に19-16インチ仕様となっています。

対してKLX150 BFというモデルは21-18インチとフルサイズなんです。

 

とこんなことを考えていくと、新型は40万円程度で収まるのではないかと。

一応40万円と予想しておきますよ。

スポンサーリンク

新型KLX125のスペックは?

新型KLX125のスペックですが、現状不明となっています。

とりあえずEICMAでのニンジャとZの発表待ちとなりそうですね。

 

そのエンジンがベースとなることは間違いないでしょう。

車体に関しても大幅な変更というものは無いと思うんですよね。

旧KLX125のフレームをベースにエンジンを乗せられるように改良…って感じになるでしょうか?

 

せっかくですので、日本仕様のKLX125(旧)とインドネシア仕様のKLX150 BFと比較出来るように表を作っておきます。

車名  KLX125 (New)  KLX125 (Old)  KLX150 BF
型式    EBL-LX125C  
全長[mm]    1,980  2,070
全幅[mm]    770  825
全高[mm]    1,090  1,155
ホイールベース[mm]    1,285  1,340
シート高[mm]    830  870
重量[kg]    112  118
エンジン型式    空冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC
総排気量[cc]    124  144
ボア×ストローク[mm]    54.0×54.4  58.0×54.4
圧縮比    9.5  9.5
最高出力[ps/rpm]    10/8,000  12/8,000
最大トルク[kgf-m/rpm]    1.0/6,000  1.2/6,500
タンク容量[L]    7.0  6.9
フレーム    セミダブルクレードル  セミダブルクレードル
トランスミッション    5速リターン  5速リターン
キャスター    26°30′  
トレール[mm]    96  
フロントフォーク    Φ33mm正立  Φ35mm倒立
リヤサスペンション    リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ    Φ240mmシングル  Φ240mmシングル
Rブレーキ    Φ190mmシングル  Φ190mmシングル
Fタイヤ    70/100-19  2.75-21
Rタイヤ    90/100-16  4.10-18
税込価格    34万8,840円  
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型KLX125の発売日は2019年?

価格は不明も40万円程度?

スペックはニンジャとZの発表待ち

 

125ccのオフロードって良いですよね。

気軽に遊べる車種として、既存の技術の使いまわしで良いので…なるべく安い車種となると良いなと思います。

今回の新型はかなり期待している存在ですよ!

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。