オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

KLX230の国内発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?【カワサキオフロード】

calendar

インドネシアでカワサキのオフロードバイク、KLX230が発表されましたね。

当初は競技用のみだったのですが、なんと公道走行可能なモデルがすぐに追加発表されました。

 

カワサキのオフ車は…国内では現在全滅状態ですので、かなり気になるという方も多いのではないでしょうか?

今のところ日本での情報が無いですが、果たして国内販売はあるのか?

 

気になるのは発売日や値段スペックといったところ。

日本でどうなるのか、色々と考えてみたいと思いますよ。

スポンサーリンク

KLX230の基本情報!

メーカー:カワサキ
車種名:KLX230
排気量:233cc
発売日:2019年10月15日
価格:49万5,000円
カラー:全2色

・2019.08.01 国内情報正式発表!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

カラーラインナップに関する追記は→追記箇所へ

KLX230の発売日は?

2019.08.01 追記

国内情報が正式に発表となりました。

2019年10月15日の発売予定だそうです。

夏以降とのことでしたが、10月15日となりましたよ。

2019.05.28 追記

なんと、カワサキから正式に発表となりました!

■国内販売予定

・2019年夏以降

出典:カワサキモータースジャパン

 

2019年夏以降ということで、思ったよりも早い発売となりそうですね!

2019.05.28 元記事

KLX230の発売日ですが、2020年モデルとなっています。

2019年5月22日にインドネシアで開催されたイベントで発表されていますよ。

 

正確な発売日は不明ですが、現在予約受付中のようです。

2020年モデルとなっているので、2019年秋頃からデリバリー開始って感じでしょうかね?

 

現時点ではインドネシアの他、スウェーデンでラインナップされていますよ。

気になるのは日本での発売ですが…正直なんとも言えないところ。

 

現状日本でのカワサキのオフ車は全滅状態ですからね。

新モデルということで、日本やヨーロッパでの販売も考えているとは思いますよ

 

重要なポイントは排ガス規制でしょう。

ヨーロッパの主要国や日本は2020年からユーロ5になります。

インドネシアは現状ユーロ4ですので、KLX230がユーロ5対応なのかどうか…。

 

排ガス規制が甘い国向けの車体なのか、ユーロ5まで見越した造りになっているのか。

この辺りは不明ですが、個人的には日本でも2020年辺りにラインナップされる気がしています。

…というか期待しています!

スポンサーリンク

KLX230の価格は?

2019.08.01 追記

国内情報が正式に発表されました!

お値段は49万5,000円となっており、10月発売ですので消費税10%でこの値段となっています。

タイ価格からの予想よりは少し高くなりましたが…ほぼ予想通りの結果ですね。

2019.07.06 追記

カワサキタイランドでも発表されたようです。

そちらによると、ABS無しとABS付きのモデルがあり12万バーツの13.3万バーツだそうで。

日本ではABS付きのみだと思われますので…13.3万バーツとなると、約46万9,360円となります。

 

タイの価格と日本の価格は、ほぼ1倍ですので約47万円ということに。

インドネシア仕様はABSが付いていないので、こちらのタイ仕様が日本価格の予想に良いかもしれませんね。

日本での価格は現状不明ですが、約47万円程度となりそうです。

2019.05.28 元記事

KLX230の価格ですが、4,250万ルピア~となっています。

通常版のKLX230と、特別仕様車のKLX230 SEがラインナップされていますよ。

KLX230・・・4,250万ルピア
KLX230 SE・・・4,490万ルピア

 

日本円に換算すると、約32万2,410円約34万0,610円といったところ。

日本とインドネシアの価格差は、モデルによっても違いがあるのですが…約1.3倍程度です。

となると、単純に換算すると日本価格はこのような計算値となります。

KLX230・・・41万9,130円
KLX230 SE・・・44万2,790円

 

セロー250が56万4,840円、CRF250Lが49万7,880円ということで、結構勝負になりそうな価格ですね。

あくまでも予想の範疇を出ませんが、40~45万程度というのはかなり妥当な線な気がしますよ。

そして、これにABSの代金をプラスで2~3万円ってところでしょうか。

 

先ほどもちょろっと書きましたが、ユーロ5に対応していない可能性もありますし…対応のために多少の値上がりというのも考えられますね。

しかし、まぁ予想としては良い感じではないでしょうか?

スポンサーリンク

KLX230のスペックは?(8/1スペック表を日本仕様に変更)

KLX230のスペックですが、既に発表となっています。

空冷ということで、KLX250とはキャラが違うと言えそうです。

 

日本には正規ラインナップされていませんが、KLX150 BFというのがベースと思われますよ。

ちなみにインドネシア仕様はABS無しで、スウェーデン仕様はABS付きです。

ABS仕様が存在するだけに…日本販売も期待したいところ!

 

せっかくですのでセローと比較してみましょうか。

車名  KLX230(日本仕様)  セロー250  KLX250
型式  2BL-LX230A  2BK-DG31J  
全長[mm]  2,105  2,100  2,200
全幅[mm]  835  805  820
全高[mm]  1,165  1,160  1,190
ホイールベース[mm]  1,380  1,360  1,430
シート高[mm]  885  830  890
重量[kg]  134  133  136
エンジン型式  空冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC  水冷単気筒DOHC
総排気量[cc]  232  249  249
ボア×ストローク[mm]  67.0×66.0  74.0×58.0  72.0×61.2
圧縮比  9.4  9.7  11
最高出力[ps/rpm]  19/7,600  20/7,500  24/9,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  1.9/6,100  2.1/6,000  2.1/7,000
タンク容量[L]  7.4  9.3  7.7
フレーム  セミダブルクレードル  セミダブルクレードル  セミダブルクレードル
トランスミッション  6速リターン  5速リターン  6速リターン
キャスター  27°30′  26°40′  26°30′
トレール[mm]  116  105  105
フロントフォーク  Φ37mm正立  Φ35mm正立  Φ43mm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ265mmシングル  Φ245mmシングル  Φmmシングル
Rブレーキ  Φ220mmシングル  Φ203mmシングル  Φmmシングル
Fタイヤ  2.75-21  2.75-21  3.00-21
Rタイヤ  4.10-18  120/80-18  4.60-18
税込価格  49万5,000円  56万4,840円  

 

まさに車体サイズと良いスペックと良い、セローのライバル車と言えそうです。

シート高はオフ車らしく高いですが…。

というか、セローが低いんですよね。

 

KLX250は水冷ですし、こちらの後継機ではないこともわかります。

乗り味も恐らくセローのように、トレッキングに向いた仕様ではないでしょうかね?

スポンサーリンク

KLX230のカラーラインナップは?

2019.08.01 追記

国内で正式に発表され、予想通り緑と黒の2色となっています。

2019.05.28 追記

国内情報が発表されました!

リリースには無印のKLX230が、緑と黒の2色載せられています。

やはりSEはラインナップされない…と考えて良さそうですね。

2018.05.28 元記事

カラーラインナップはKLX230もKLX230 SEもそれぞれ2色となっています。

出典:KAWASAKI Indonesia

出典:KAWASAKI Indonesia

 

スウェーデンでは黒1色SEはラインナップされていないようです。

 

無印とSEの違いですが、パッと見で気になるのはハンドガードの有無。

あとはフレームカバーらしきものが付いていますね。

そしてグラフィックモデルと。

 

日本でラインナップされるとしたら、無印のみで…SEは入ってこないような気もします。

果たしてどうなるか…そもそもKLX230はラインナップに加わるのか…。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

KLX230の発売日は、2019年10月15日

価格は、49万5,000円

スペックは本文内で

 

日本では非常に寂しいオフロードのラインナップ。

なかなか面白そうなモデルだけに、国内販売に期待したいですね。(決定しました!)

 

本格的なモトクロッサーに近いモデル…ではなく、トレイルバイクと言えるでしょう。

コース走ったりって方でなければ、故障個所の少ない空冷は歓迎かと思いますが…いかがでしょう?

 

こちらも合わせてどうぞ!・Tシャツより快適!春夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。