オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのタイヤ交換の費用や値段は?持ち込みだと工賃が高くなるって本当?

calendar

バイクのタイヤ交換…気になるのは費用ですよね。

タイヤ代も含めると、決して安くはない金額なだけに一般的な相場が気になるところ。

 

また、お店で買うよりもネット通販を利用した方がタイヤ代は安いことが多いですよね。

しかし…持ち込みでのタイヤ交換は工賃が高くなる…なんて話も。

場合によっては断られる…なんてことも聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

バイクのタイヤ交換の費用相場は?

バイクのタイヤ交換の費用相場ですが、車種によって様々です。

一般的な相場…というのがポンと出せれば良いのですがなかなか難しいんですよ。

 

基本的にタイヤ交換の際に必要になってくる費用というのは下記の3点です。

・タイヤ代
・交換工賃
・廃タイヤ処分料

 

この中でも特にタイヤ代が車種によってまちまちでして、相場というのは難しいですね。

車種だけでなく、どういったタイヤを選ぶかにもよってかなり値段が変わってきます。

 

しかし現代社会はネットが発展していますので、自分が選ぶタイヤのサイズで検索すれば多くのお店の値段がわかりますよ。

いくつか調べておけば、自分が選んだタイヤの相場価格というのはわかってくるかと思います。

 

交換工賃は次の段落で紹介するとして、交換した古いタイヤを処分してもらう場合は廃タイヤ処分料というのが必要です。

もちろん、古いタイヤを持ち帰る場合は不要ですね。

こちらはお店さんにもよりますが、大抵1本辺り200円程度というところが多いです。

スポンサーリンク

バイクのタイヤ交換の工賃はどのくらい?

バイクのタイヤ交換工賃ですが、1,500円~4,000円程度が相場かと思います。

こちらもお店によって違うのですが、これまた車種によっても違うんですよ。

 

あくまでも一般的な傾向ですが、大枠で分けると次のような感じですね。

・スクーターのフロント・・・1,500円~2,000円程度
・一般車のフロント・・・2,000円~2,500円程度
・一般車のリア・・・2,500円~3,000円程度
・スクーターのリア・・・3,000円~4,000円程度

 

工賃なだけに車体の大きさや排気量には関係なく、取り外しが大変な車種ほど高額となりますよ。

あまり流通していない外国車なども高額となる傾向です。

 

大手のバイク用品チェーン店や大手のバイクチェーン店などは上記のような価格設定が多いかと。

逆に個人でやっているバイク屋さんなどは、値段があって無いようなものだったりすることも多いですね。

大枠は決まっているのでしょうが、他の整備と抱き合わせると急に安くしてくれたり、タイヤを一緒に買うと工賃おまけしてくれたり…。

 

前だけ後ろだけ…ではなく、前後同時交換でお願いすると割引になるところは多いですよ。

スポンサーリンク

タイヤ持ち込みだと工賃が高くなるって本当?

タイヤの持ち込みの場合の工賃ですが、高くなるところが多いですね。

これも各お店の考え方次第ですので…一般的に高くなるって感じです。

個人のバイク屋さんなどですと倍額、なんてところもあったり、場合によっては断ったりってことも。

 

タイヤをお店で買うよりも、ネット通販を利用した方が安いケースが多いですが…工賃までしっかりと確認した方が良いですね。

行きつけのバイク屋さんがある方は、事前に持ち込みで対応してもらえるか確認しておくのがおすすめです。

 

特にそういったお店が無かったりする方は、全国チェーンのバイク用品店であるナップスさんが持ち込みに対応しています。

ちなみにナップスさんの価格はと言うとこんな感じですよ(2018年3月現在)

・一般車フロント・・・2,200円~(持込3,300円~)
・一般車リア・・・2,800円~(持込4,200円~)
・スクーター(50cc)フロント・・・1,700円~(持込2,550円~)
・スクーター(50cc)リア・・・2,800円~(持込4,200円~)
・スクーター(原付2種)フロント・・・1,700円~(持込2,550円~)
・スクーター(原付2種)リア・・・3,800円~(持込5,700円~)
・ビッグスクーターフロント・・・2,200円~(持込3,300円~)
・ビッグスクーターリア・・・3,800円~(持込5,700円~)

つまり、持ち込みの場合は通常工賃の1.5倍ということですね。

 

ナップスさんの価格はあくまでも一例ですが、こういったお店が多いかと思います。

工賃までを考慮して、それでも安いようなら持ち込みというのはアリでしょう。

ですが、バイク屋さんですと本音はやはり「自分のお店でタイヤも買ってほしい」ようですよ。

 

多少の差であれば、少し高くてもお店でタイヤも買った方が後々の付き合いを考えると得する可能性も…あるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

タイヤ交換の相場は車種や選ぶタイヤによりけり

交換工賃の目安は車種により、本文内で内訳を紹介

タイヤ持ち込みの場合、工賃は高くなるお店が多い

 

タイヤの交換は消耗品の中では高額となる部類かと思います。

しかし安全や性能に直結する部分なので、ケチらずに投資しておく部分。

 

今回の記事で、タイヤ交換に必要な費用がざっくりと見えると良いですね。

タイヤの寿命交換時期に関しては別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

タイヤを交換する前に是非読んで欲しい、サイズのお話は関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。