オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのチェーンの寿命はどのくらい?異音が交換時期を教えてくれる!

calendar

バイクのメンテナンスの基本でもあり、実は奥が非常に深いチェーンです。

いったい一般的に寿命というのはどのくらいなのでしょうか?

 

またチェーンから異音がしているのが気になる…なんて時もありますよね。

それってもう寿命なのかもしれないですよ?

 

そしてせっかく変えるのであれば、是非一緒に見てほしいのが前後のスプロケット!

ここをしっかり見て置かないと新品のチェーンも性能半減…かも。

スポンサーリンク

チェーンの寿命ってどのくらい?

チェーンの寿命ですが、走行距離よりも状態で判断した方が無難ですね。

とは言っても、やっぱり一般的にどのくらいの走行距離で交換しているのかは気になるところ。

 

かなり色々な意見がありますので「一般的に」かどうかは微妙ですが、個人的には2万キロくらいだと思っています。

2万キロ持たないと「早かったな…」と思いますし、3万キロ持つと「結構持ったな」って印象です。

あ、ちなみにシールチェーンの話でしてノンシールチェーンですともっとずっと早く…1万キロいかないくらいで寿命な印象ですよ。

 

そして寿命を判断する状態ですが、ざっとこんな感じです。

・アジャスターでの調整代がいっぱいの時
・一ヶ所でも波打っている時
・カシメのピンが回転する時
・バッテリー液が付着した時

特に最後のバッテリー液が付いた時は非常に危険です。

パッと見は問題ないことが多いですが、腐食して突然破壊される場合がありますので速やかに交換がおすすめです。

チェーンの異音が交換時期を教えてくれる?

チェーンからの異音ですが、大抵はたるみが大きいことが原因のことが多いですよ。

もちろん音の仕方によって色々なパターンがありますが、比較的このパターンが多いです。

 

ジャラジャラジャラって音がすることが多く、これはチェーンが伸びてきたことが原因ですね。

正確に言うとチェーンが伸びるという表現は微妙に違って、ピンが減ることで長くなるのですが…この辺りの話はまた別に。

 

そして次でも紹介しますが、スプロケットが減ってきても同じような音がすることがありますね。

音が出てきたらチェーンの張り具合の確認が最初の一歩かと思います。

 

チェーンの伸びを確認する方法としては、リヤスプロケットの1番後ろ側をまっすぐ引っ張ってみるという方法が簡単です。

下の画像の赤い矢印の感じですね。

出典:Webike

そうすると、スプロケットにかかっているチェーンの分(スプロケットの半周分)のガタだけ見ることが出来ます。

この短い距離で大きく隙間が空くようですと、そのチェーンはかなり伸びてきていると判断することが出来ますよ。

張り具合とは関係なしに見ることが出来ますのでおすすめです。

スポンサーリンク

実は同時に変えるべきスプロケット!

一般的な街乗りライダーでしたらチェーン交換と同時に前後スプロケットの交換がおすすめです。

非常に的を射た表現だなと思ったのは「チェーンだけとかスプロケだけを変えるというのは、電池3本使うライトの電池を1本だけ変えるようなもの」ですよ。

 

レーサーのようにセッティングとして頻繁にスプロケットの丁数を変えているのであれば別ですが、普通は滅多に丁数変えないですよね。

スプロケットの交換もチェーンの交換も結構手間がかかりますので、であれば一緒にやってしまった方が良い部分もありますよ。

 

個人的な感覚ではチェーンよりもスプロケットの方が寿命は長い気がします。

ですが、チェーン2回分までの寿命は無いんですよね。

スプロケ交換の際には必ずチェーンを外しますので…2度手間ということもあり同時交換がおすすめです。

 

それに、歯が減ってきているスプロケに新品のチェーンをつけてもガタが出てしまいますので…チェーンの寿命も短くなる傾向がありますよ。

ちなみにバイクは後ろに下がることがないので(一部を除く!)、スプロケットの歯は片側の山だけ減るので注意です!

パッと見はそれほど減っていないように見えても、逆側を見るとしっかり減っている…なんてこともありますよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

チェーンの寿命判断は状態でするが、距離的な目安は2万キロくらい

異音がするのはチェーンが伸びてきているから、のことが多い

チェーン交換時には前後スプロケの同時交換がおすすめ

 

特に純正ではなく社外品のアルミスプロケットは減りが早いので定期的に確認が必要です。

場合によってはチェーンより早く寿命となることも…。

軽さとアルマイトの美しさが魅力なんですけどね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪