オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのタイヤの製造年は表記でわかる!正しい見方を紹介!

calendar

あれ?このタイヤいつのだっけ?

そう思う時ってないですか?

 

結構山は残っているけど、交換したのは結構前な気がする…とか、結構ゴムが硬い気がする…なんてありますよね。

他にも、自分のバイクのタイヤサイズがわからない…なんてことも。

 

実はタイヤの製造年やサイズというのはタイヤに書いてあるんです。

今回は正しいタイヤの表記の見方を紹介しますよ!

 

サイズや製造年だけでなく、もう一つ重要な表記である「荷重指数と速度表記」に関しても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

バイクのタイヤの表記の見方!

バイクのタイヤの表記の見方ですが、主に次の3つが読み取れます。

・タイヤサイズ
・製造年
・荷重指数・速度記号

 

一般的な表記は「180/55ZR17M/C(73W)」なんて形でしょうか?

これ結構色々なパターンがあって紛らわしいんですよね…。

大きく分けて3パターンです。

・ラジアルメトリック表示
・バイアスメトリック表示
・バイアスインチ表示

ラジアルメトリック表示

一般的なラジアルタイヤの表記でして、これも次の3パターンでしょうかね?

・180/55ZR17M/C(73W)
・170/60R17M/C 72H
・170/60VR17M/C V270

 

「73W」とか「72H」とか「V270」というのは荷重指数速度記号ですので後ほど。

最初の「180」とか「170」の部分がタイヤ幅、「55」「60」部分が扁平率となります。

「ZR」や「VR」の前のアルファベット、「Z」と「V」はこれまた速度記号なんですね。

 

その後ろの「R」がラジアル構造であることを示し、「M/C」がモーターサイクル用であることを示しています。

「17」の部分がリム径ですね。

バイアスメトリック表示

対して小中排気量車はこちらのパターンが多いです。

・150/80-16M/C 71H
・150/80V16 V270

 

基本は一緒でして、「-」がバイアスを示していますよ。

上の150/80-16M/C 71Hでしたら、幅150mm、扁平率80%、リム径16インチとなります。

「71H」は荷重指数速度記号ですね。

 

下の150/80V16 V270も同じく、幅150mm、扁平率80%、リム径16インチとなります。

「V」と「V270」はどちらも速度記号です。

バイアスインチ表示

こちらは90年代前半よりも前…古い設計のタイヤで使われていますよ。

旧車や昔から販売している車両などに多いですね。

オフロードタイヤなんかでも結構見かける印象です。

・3.00-21 4PR
・3.00-21 51P
・3.00S21

 

「3.00」というのがタイヤ幅ですが、こちらはインチとなります。

そして「21」というのがリム径、「4PR」というのはタイヤ強度です。

 

「51P」は他と同じく荷重指数速度記号、「S」というのは速度記号ですね。

スポンサーリンク

タイヤサイズの見方を紹介!

タイヤサイズの見方ですが、幅と扁平率とリム径からサイズを算出します。

先ほど紹介したように、色々な表記があってわかりにくいのですが…サイズという意味では幅と扁平率とリム径だけですね。

 

ブリヂストンタイヤさんの説明画像が分かりやすいですので、ちょっとお借りします。

出典:BRIDGESTONE

 

180/55ZR17なんてタイヤでしたら、図内の②の部分が180mmとなります。

扁平率55%というのは幅に対する扁平率ですので、180の55%で99mmということですね。

なので③が99mm④が17インチ(約431.8mm)となり、①が629.8mmとなりますよ。

 

ちなみにバイアスインチ表示のタイヤですと、扁平率の表記がないので…計算することは出来ません。

バイアスインチ表示のタイヤは扁平率が90%~100%がほとんどということもあり、昔は表記する必要がなかったのかと思いますよ。

スポンサーリンク

タイヤの製造年の見方を紹介!

タイヤの製造年の見方ですが、大きく2パターンです。

・2000年以降に製造されたもの
・2000年以前に製造されたもの

 

どちらもタイヤに書かれており、タイヤのサイド部分の楕円の枠の中に書かれていますね。

アルファベット1~2つと数字が4~5個ということが多いです。

例えば「X4204」とか「NA2128」とか、「M88086」とかそういった数字です。

出典:BikeBros.

 

2000年以降に生産されたタイヤは、この英数字の末尾4桁を読み取りますよ。

2000年以前に生産されたタイヤは、末尾3桁を読むことになるのが違いです。

 

「X4204」でしたら末尾4桁「4204」ですね。

これは「42」週目「04」年製造ということになります。

2004年の10月中旬ってことですね。

 

「NA2128」ですと末尾4桁を読むと、28年の21週目となってしまいます。

2028年はまだ来ていませんので、これは2000年以前に作られたタイヤということになりますよ。

なので末尾3桁「128」を読みます。

「12」週目「8」年となり、1978年、1988年、1998年のいずれかの12週目に作られたということです。

 

「M88086」も4桁を読むと2086年になってしまいますので、3桁読みですね。

1976年、1986年、1996年のいずれかの8週目に作られたということになりますよ。

スポンサーリンク

タイヤの荷重指数と速度記号の見方を紹介!

タイヤの荷重指数と速度記号の見方ですが、それぞれ意味合いが違います。

まず荷重指数ですが、タイヤに負荷出来る最大荷重を示す記号となっていますよ。

これまたブリヂストンさんから画像をお借りしましょう。

出典:BRIDGESTONE

このように数字が上がるほど、負荷荷重も増えていくって感じですね。

 

対して速度記号ですが、こちらは走行できる最高速度を示しています。

これもまたブリヂストンさんの画像がわかりやすいです。

出典:BRIDGESTONE

このようにアルファベットが後ろに行くほど、速度も上がるって感じです。

 

荷重指数と速度記号は純正タイヤと同じ、もしくはそれ以上を選ぶのが基本となります。

タイヤサイズが同じでも、荷重指数と速度記号が純正よりも劣るものを履かせるのは危険ですよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクのタイヤ表記からは、サイズ・製造年・荷重指数と速度記号が読み取れる

タイヤサイズの見方は、幅・扁平率・リム径が基本

タイヤの製造年は末尾4桁(3桁)を読む

荷重指数と速度記号は、純正タイヤ以上の物を選ぶこと

 

色々なパターンがあって非常にわかりにくいのがタイヤ表記です。

ですが読み取れる情報は同じですよ。

 

タイヤを交換する際の参考になれば嬉しいですね。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。