オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

MT-125の新型の国内発売日はいつ?販売価格やスペックはどうなる?

calendar

ヨーロッパで新型のYZF-R125が発表となっただけに、気になるのはネイキッドのMT-125です。

現状では日本では正規ラインナップされていないのですが、新型は国内販売の可能性が高いような感じも!

 

他にも気になるのは発売日値段といったところ。

スペックがどうなるのかも気になりますね。

 

実はM-SLAZXABREという名称で、タイやインドネシアで販売されていたバイクがモデルチェンジしています。

そして名称がMT-15に!

このため、日本でもMT-125の販売が期待出来る状況になったと言えそうな感じになりました。

 

どういうことか、今回は新型MT-125とMT-15情報を見ていきたいと思います。

ちなみに新型MT-15に関しては噂段階から、発表まで別記事で見てきたので、そちらもご覧になって頂けたらと思います。

スポンサーリンク

新型MT-125の基本情報!

メーカー:ヤマハ
車種名:MT-125
排気量:124cc
発売日:2019年?
価格:不明
カラー:不明

・2018.10.30 タイヤマハで公式PVが発表されています→追記箇所へ

・2018.11.28 タイヤマハでカラーラインナップとスペック発表

価格とカラーラインナップの追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

新型MT-125の発売日は?

新型MT-125の発売日ですが、現状不明となっています。

まだ本当に発売されるかどうかもわからない状況ではあります。

 

しかしタイで新型のMT-15が発表となっていますよ!

今まではタイでM-SLAZと呼ばれ、インドネシアではXABREと言われていたモデルです。

日本にもM-SLAZの名称で、輸入車が入ってきていましたね。

 

MT-15に関しては2018年11月末にタイで行われる、モーターエキスポで発売となるようです。

MT-15のベースとなっているのはYZF-R15でして、こちらは排気量ダウンで新型YZF-R125としてヨーロッパで発表されていますよ。

詳細はYZF-R125の記事をご覧ください。

 

R-125の日本導入はまだ不明なのですが、ヤマハのインドネシア製バイクはいくつかのモデルが日本でも発売されています。

となると…R-125の国内販売も期待がかかるところ。

 

そして同じ手法でMT-15の125cc版の発売も期待出来るかと。

ヨーロッパにはMT-125という車種が存在しますしね。

 

2019年に欧州で新型MT-125が発表され、遅れて日本でも発売って感じになるでしょうか?

2018.10.30 追記

タイヤマハでMT-15の公式PVが公開されていますよ!

まだホームページには公式ページが出来ていませんが…色々と細部の説明もしている動画となっています。

MT-125が発売されるとしても、基本的にはエンジン違いになるでしょうから、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

新型MT-125の価格は?

新型MT-125の価格ですが、現状不明となっています。

タイで新型のMT-15が発表となりましたが、こちらは98,500バーツとなっていますよ!

 

日本円にすると、約34万1,150円となります。

しかし日本とタイの価格差は…約1.38倍程度ありますので…日本に導入されると約47万0,790円という計算に。

 

果たして125ccとなることでどの程度価格が下がるのか…。

正直あまり変わらないと思われますね。

 

参考になるかはわかりませんが…同様に155ccと125ccのラインナップがある車種と言えばトリシティ。

日本では155が45万3,600円でして、125が43万2,000円となっていますよ。

差額は21,600円ということになります。

単純に2万円なら…約45万円ということに。

 

ライバル車はと言いますと、こんな感じの価格設定です。

ホンダ CB125R・・・44万8,200円
スズキ GSX-S125・・・35万4,240円
カワサキ Z125・・・未発表

 

倒立フォーク採用だったりと…GSX-SよりはCB路線と言えますよね。

結構装備自体は豪華ですので、CB125Rと同等の価格設定というのはあり得るかもしれません。

スポンサーリンク

2018.11.28 追記

タイでMT-15の公式ページが出来ており、カラーラインナップなども公表されています。

全4色でこんな感じですよ。

出典:Yamaha Thailand

 

カラーによる価格の違いはなく、全て98,500バーツとなっています。

360°画像も公開されていますよ。

出典:Yamaha Thailand

 

ちなみにタイでは11月29日より予約受付開始だそうです。

スポンサーリンク

新型MT-125のスペックは?

新型MT-125のスペックですが、現状不明となっています。

これはYZF-R125が参考になりそうですね。

 

新型のMT-15もまだスペックが完全に出揃ってはいませんが…発表されれば車体寸法とかは参考になります。

この辺りは情報が出てきたらスペック表を作って比較したいと思いますよ。

 

装備はインドネシアのYZF-R15を見ると非常に豪華となっています。

155ccのVVTエンジンアシストスリッパークラッチを装備。

倒立フォークにリンク式のモノサス。

LDCのデジタルメーターなどなどとなります。

 

R15が発表されたのはかなり前ですが、当時は兄貴分のR25よりも豪華だと話題になりましたからね。

MT-15の発表の様子をインドネシアのメディアさんがYouTubeで公開しています。

 

各部の詳細などはこの動画が非常にわかりやすくなっていますよ。

スポンサーリンク

2018.11.28 追記

MT-15ですが、公式にスペックが公表されました!

MT-125が発売となる場合は、これの排気量違いとなるハズですのでスペック表を作成しておきますよ。

車名  MT-125  MT-15
型式    
全長[mm]  1,965  1,965
全幅[mm]  800  800
全高[mm]  1,065  1,065
ホイールベース[mm]  1,335  1,335
シート高[mm]  810  810
重量[kg]  133  133
エンジン型式  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  124  155
ボア×ストローク[mm]    58.0×58.7
圧縮比    11.6
最高出力[ps/rpm]    
最大トルク[kgf-m/rpm]    
タンク容量[L]  10  10
フレーム  デルタボックス  デルタボックス
トランスミッション  6速リターン  6速リターン
キャスター  25°70′  25°70′
トレール[mm]  89  89
フロントフォーク  Φmm倒立  Φmm倒立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φmmシングル  Φmmシングル
Rブレーキ  Φmmシングル  Φmmシングル
Fタイヤ  110/70-17  110/70-17
Rタイヤ  140/70-17  140/70-17
税込価格    
スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型MT-125の発売は2019年?

価格は不明も45万円程度?

スペックは不明もR125とMT-15が参考に

 

果たして本当に発売されるのか、日本導入はあるのか…と、そこからになりますね。

しかし非常に期待したい車種であることも確かですよ!

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。