オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » 【新型】スーパーカブの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

【新型】スーパーカブの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

calendar

タイで新型のスーパーカブが発表になりましたが、新型のロングストロークエンジンが気になるところ。

日本での国内販売はいつ頃になるのでしょうか?

また値段スペックなども気になりますよね。

 

恐らく間違いなく近いうちには日本のスーパーカブもタイ仕様同様にモデルチェンジとなるハズ。

国内発表前に発売日や価格を予想してみることに。

今回はそんな新型スーパーカブを紹介します。

(タイではスーパーカブ110しかありませんが、日本では今まで通りスーパーカブ50もラインナップされるかと思われる)

スポンサーリンク

新型スーパーカブの基本情報!

メーカー:ホンダ
車種名:スーパーカブ110
排気量:109.5cc
発売日:2020年9月18日(タイ)
価格:47,400バーツ(タイ)
カラー:全5色(タイ)

新型スーパーカブの発売日はいつ?

新型スーパーカブ110の発売日ですが、既にタイでは発売されています。

現地では9/21にプレスリリースが発表されており、その中では9/18に発売と書かれていますね。

 

気になる日本での販売ですが、恐らく販売されない…ということは無いハズです。

ただちょっと気がかりなのはプレスリリースに書かれている「レベル7」というタイでの排ガス規制。

レベル7というのは確かユーロ4相当だったハズ…。

となると、日本では2020年12月よりユーロ5相当の排ガス規制になりますので…果たしてこれがクリア出来るのかどうかという問題がありますね。

(50ccは2025年まで延期になったのでユーロ4相当でOKとなりますが)

ちなみに現地タイではユーロ5相当のレベル8というのは2021年からの予定となっているようです。

 

とは言え今更ユーロ4相当で新型エンジンを開発したとも思えないので、そのままorちょっとした変更(いわゆる現地仕様)でユーロ5に対応出来ると考えるのが妥当でしょうか。

スーパーカブはタイを含むアジア圏はもちろんですが、日本でもかなりの人気を誇る車種。

せっかくの新しいエンジンですので、日本での販売が無いと考える方が不自然な気がします。

2021年春頃には日本でも販売になるのではないかと予想しますよ。

スポンサーリンク

新型スーパーカブの価格は?

新型スーパーカブの価格ですが、47,400バーツとなっています。

現在のレートで計算すると、約15万8,850円ということに。

 

スーパーカブは日本での現行型から熊本工場に生産が戻ったことが話題になりましたが、世界的に見ると14か国で製造しているそうです。

その中にはタイ工場も含まれますので…日本では日本製、タイではタイ製となっているかと思われます。

新型も日本で生産するのかどうかは不明ですが、同様の流れであれば旧型と価格を比較することで国内価格が予想出来そうですね。

旧スーパーカブ110(タイ)・・・47,390バーツ(約15万8,820円)
旧(現行)スーパーカブ110(日本)・・・28万0,500円(タイの約1.77倍)
新スーパーカブ110(タイ)・・・47,400バーツ(約15万8,850円)
新スーパーカブ110(日本)・・・約28万1,160円?(タイの1.77倍で計算)

タイでは2020年1月に2020年モデル(旧型)が発売されており、今回の新型は実質2021年モデル扱いになるでしょうかね?

たった10バーツしか値上げになっていないのですが…果たして日本ではどうなるでしょうか?

 

製造国がどこになるのかで値段は変更がありそうですが、現時点では日本価格は約30万円程度と予想してみます。

スポンサーリンク

新型スーパーカブのスペックは?

新型スーパーカブのスペックですが、タイでは既に発表されています。

日本仕様の旧型(日本では現行)と比較してみましょう。

車名  スーパーカブ110 ※タイ  スーパーカブ110(旧)
型式    2BJ-JA44
全長[mm]  1,876  1,860
全幅[mm]  698  695
全高[mm]  1,042  1,040
ホイールベース[mm]  1,224  1,205
シート高[mm]  744  735
重量[kg]  98  99
エンジン型式  空冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  109.5  109
ボア×ストローク[mm]  47.0×63.1  50.0×55.6
圧縮比  10.0  9.0
最高出力[ps/rpm]  –  8.0(5.9kW)/7,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  –  0.87(8.5Nm)/5,500
タンク容量[L]  4.2  4.3
フレーム  バックボーン  バックボーン
トランスミッション  4速  4速
キャスター  26°15′  26°30′
トレール[mm]  72  73
フロントフォーク  Φmm正立  Φmm正立
リヤサスペンション  ツインショック  ツインショック
Fブレーキ  ドラム  ドラム
Rブレーキ  ドラム  ドラム
Fタイヤ  70/90-17  70/90-17
Rタイヤ  80/90-17  80/90-17
税込価格    28万0,500円

 

何と言ってもまずはロングストローク化された新型エンジン。

そしてホイールベースが約20mmほど伸びたのも大きな違いとなるでしょうか?

タンク容量が0.1L減ってますが…これは計測方法の違いなのかタンクが変わったのか、判断が出来ないですね。

 

ちなみにスーパーカブと言えば驚異とも言える燃費ですよね。

新型は71.4km/Lとなっており、タイでの旧型は60.6km/Lだったようです。

日本では定値燃費値が62.0km/Lで、WMTCモード値が67.0km/Lとなっています。

どうやら国によって計測方法が違うようですが、タイでの数値を見ると新型は1.18倍の燃費に性能アップ!

そう単純ではないのでしょうが…1.18倍すると定値燃費値で73km/L、WMTCモード値で79km/Lという計算になります。

実際に数字がどうなるかは不明ですが、燃費が良くなるのは間違いないでしょう。

 

車体の角度が違うので比較しづらいですが、新旧の比較gif画像がこちら。

出典:Honda Thailand , Honda Thailand

 

見た目的にはほとんど変わらないですが、後ろにタンデム用のグラブバーが追加されています。

フロントキャリアは日本ではアクセサリー扱いでしたが、タイでは新旧ともに標準装備のようですね。

あとはやはり新型になったということで、エンジンの造形が多少異なることがわかります。

見た目ではわかりませんが…プレスリリースを読むとフレームも新型となり3kg軽量化されたと書かれています。

スポンサーリンク

新型スーパーカブの装備は?

新型スーパーカブの装備ですが、ザックリとこんな感じになっています。

・LCDデジタルマルチメーター
・LEDヘッドランプ
・新デザインのサイドミラー
・グラブバー

メーターはLCDデジタルマルチメーターということで、デジタルディスプレイ上に時計やギアポジション、燃料計、オドメーター、トリップメーターなどの情報が出せる仕様に!

しかし旧型も日本仕様とは違いシフトインジケーターが付いていたんですよね…。

日本仕様はこのタイ仕様と違うものになる…という可能性もありそうです。

出典:Honda Thailand , 本田技研工業株式会社

 

LEDヘッドライトは今時当たり前装備とも言えるでしょうか?

日本の現行型もLEDでしたね。

そしてミラーが、よりスーパーカブに似合う丸型に変更となっています。

出典:Honda Thailand , 本田技研工業株式会社

 

グラブバーも…もしかしたらタイ仕様となる可能性がありそうです。

現行のスーパーカブも日本では1人用シート+リアキャリアとなっており、タイでは新型同様にロングシートという違いがありましたよ。

出典:Honda Thailand

スポンサーリンク

新型スーパーカブのカラーラインナップは?

新型スーパーカブのカラーラインナップですが、タイでは5色となっています。

ワイト、レッド、ピンクホワイト、ブルーホワイト、イエローホワイトの5色なのですが、デザインがあまり変更になっていないこともあり…なんとなく見慣れた印象のカラーリング。

恐らく日本でも同等のラインナップになるのではないでしょうか?

出典:Honda Thailand

 

日本だと恐らくスーパーカブ50もラインナップされるでしょうから、この5色がどうなるのか?

現行のように50専用カラーと110専用カラーというものが存在することになる可能性も。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型スーパーカブの国内発売日は不明も、2021年春頃?

価格は不明も30万円程度と予想

スペックは本文内で(タイ仕様)

装備は本文内で(タイ仕様)

カラーラインナップはタイで5色

 

日本の現行型(AA09及びJA44)から丸目に戻り、今回タイで発表された新型もキープデザインとなりましたね。

やはりカブといったらこの感じ、この雰囲気!

日本でも新型エンジンでの発売が楽しみです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さを乗り切る!秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。