オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » 【新型2021】NC750Xの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

【新型2021】NC750Xの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

calendar

そのバイク 低金利ローンなら今すぐ買えます

銀行マイカーローンでバイクを買うと、27万円得するかもしれません。

 

実は銀行マイカーローンを利用すると、ディーラーや販売店で加入する信販系ディーラーローンよりも低金利で借りることが可能です。

例えば120万円を36ヶ月で借りた場合、銀行マイカーローンなら返済額は128万0,640円(年利2.24%)となり、信販系ディーラーローンだと返済額は155万2,800円(年利9.8%)となります。

なんとその差額は27万2,160円にも!

 

でも銀行マイカーローンは審査が厳しい…なんて声もありますよね。

クラウドローンなら希望の条件を登録するだけで、どの銀行からどのくらいの金利で借りられるかを診断することが可能です。

また既にローンを組んでしまった方も、クラウドローンへの乗り換えで金利が安くなる可能性があります!

 

↓登録はわずか1分!診断は最短3分!クラウドローンはコチラ↓

バイクをローンで買うならクラウドローン

欧州でNC750Xの新型が発表されました!

大型にもかかわらず日常での使い勝手が良い万能なバイクですよね。

 

欧州で発表されたということで、気になるのは日本での国内発売日がいつ頃になるのかということ。

そして値段や旧型との比較、スペックなども気になるところ。

今回はそんな新型NC750Xを紹介します。

スポンサーリンク

新型NC750Xの基本情報!

メーカー:ホンダ
車種名:NC750X
排気量:745cc
発売日:2021年2月25日
価格:92万4,000円(MT), 99万0,000円(DCT)
カラー:全3色

新型NC750Xの発売日はいつ?

2021.01.26 追記

日本でも正式に発表となり、発売日は2021年2月25日の予定となっています。

2021年春頃かと予想していましたが、それよりも少し早い2月中の販売となりますね。

2020.11.12 元記事

新型NC750Xの発売日ですが、現状不明となっています。

欧州では11月10日に発表となっていますので、通常のスケジュールであれば年末から年明けごろに販売になるかと思われます。

日本ではそこから遅れて2021年春頃…というのが通常のスケジュールとなりますね。

欧州での発表に伴い、日本でもプレスリリースが発表されており、NC750Xは日本でも販売予定であることが触れられています。

今回発表された欧州向け二輪車2021年型モデルに7機種と、既に発表済み11機種の中で、下記のモデルは、日本で販売を予定しています。

(略)

・NC750X

出典:本田技研工業株式会社

 

近いうちに正式に発表があると思われますので、それを待って改めて追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

新型NC750Xの価格は?

2021.01.26 追記

日本でも正式に発表となりました。

NC750X・・・92万4,000円
NC750X DCT・・・99万0,000円

MTは2万3,100円、DCTは2万2,000円アップということになりましたが、進化を考えるとかなり頑張った価格と言えるのではないでしょうか?

特にDCTの税込100万円切りというのは大きい気がしますね。

2020.11.12 元記事

新型NC750Xの価格ですが、現状不明となっています。

現行型はと言うとミッションの違いで2グレードですね。

NC750X・・・90万0,900円
NC750X DCT・・・96万8,000円

新型に関しても通常のMT仕様と、DCT仕様がラインナップされています。

ユーロ5対応のためにエンジンに手が入っているのですが、今回はそれだけでなくフレームも新しくなっているようですね。

この辺りも考えると、今までよりも多少価格が上がることが予想されます。

この辺りは近々日本での発表だけでなく、海外でも価格が発表されるでしょうから…それを見て色々と予想してみたいと思いますよ。

新型NC750Xのスペックは?

2021.01.26 追記

下記表を欧州仕様から日本仕様に変更。

細かな数字の違いはありますが、四捨五入と言いますか…数字の丸め方の違いだけに見えます。

恐らく欧州仕様と日本仕様は同じかと思われますよ。

2020.11.12 元記事

新型NC750Xのスペックですが、既に欧州では発表されています。

国内の現行型と比較してみましょう。

車名  NC750X(新)[]内DCT  NC750X(旧)[]内DCT
型式  8BL-RH09  2BL-RC90
全長[mm]  2,210  2,215
全幅[mm]  845  845
全高[mm]  1,330  1,320
ホイールベース[mm]  1,525[1,535]  1,520
シート高[mm]  800  800
重量[kg]  214[224]  221[231]
エンジン型式  水冷直列2気筒SOHC  水冷直列2気筒SOHC
総排気量[cc]  745  745
ボア×ストローク[mm]  77.0×80.0  77.0×80.0
圧縮比  10.7  10.7
最高出力[ps/rpm]  58(43kW)/6,750  54(40kW)/6,250
最大トルク[kgf-m/rpm]  7.0(69Nm)/4,750  6.9(68Nm)/4,750
タンク容量[L]  14  14
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション  6速[6速DCT]  6速[6速DCT]
キャスター  27°00′  27°00′
トレール[mm]  110  110
フロントフォーク  Φ41mm正立  Φmm正立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φ320mmシングル  Φ320mmシングル
Rブレーキ  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  160/60ZR17  160/60ZR17
税込価格  92万4,000円[99万0,000円]  90万0,900円[96万8,000円]

 

ユーロ5対応で馬力が落ちるのかと思いきや…なぜか馬力アップして登場。

更には新型フレームのおかげか軽量化されていますね。

そしてギアは6速のままですが、各ギア比の設定を変更し最適化を図っているとのこと。

 

更に大きな変更点として、サスペンションストロークが短くなったことでシート高が30mm下がっています。

しかし旧型の日本仕様はいわゆるローダウン仕様のみでしたので、新型はローダウン仕様と同じシート高に。

言い換えると日本仕様からは数値に変更はありません。

恐らく日本でもこのまま販売されると思われますよ。

 

新旧を比較したgif画像がこちら。

多少角度に違いがあるので、ピッタリには合ってないですが…イメージはつかめると思います。

出典:Honda UK , 本田技研工業株式会社

スポンサーリンク

新型NC750Xの装備は?

2021.01.26 追記

日本仕様も発表となりました。

欧州仕様で判明していたことの他、やはり日本ではグリップヒーターが標準装備となりました。

他にもETC2.0車載器も装備していますね。

改めてまとめると下記の通りです。

・LEDヘッドライト、テールライト、ウインカー
・23Lのラゲッジスペース(1Lアップ)
・4つのライディングモード
・アシストスリッパークラッチ(MT)
・LCDメーター(フルカラーではない)
・ETC2.0車載器
・グリップヒーター

2020.11.12 元記事

新型NC750Xの装備ですが、下記の通りとなっています。(欧州仕様)

・LEDヘッドライト及びテールライト
・23Lのラゲッジスペース(1Lアップ)
・4つのライディングモード

日本の現行では標準装備だったグリップヒーターは、欧州ではオプションとなっています。

この辺りは日本仕様と欧州仕様の違い…という可能性もありそうですね。

 

ライトは元々LEDでしたが、デザインが変わったことで印象が大きく異なるように。

出典:Honda UK

 

通常のガソリンタンク部分がラゲッジとなっている点は変わらず、サイズが1Lアップして23Lに。

内部形状を変更することで、アドベンチャータイプのフルフェイスが収納出来るようになったようです。

もちろん…メーカー、モデル、サイズによっては収納出来ない可能性もありますが、大きくなったのはありがたい点ですよね。

出典:Honda UK

 

そして3つのライディングモードと、1つのユーザーモードを備えたスロットルバイワイヤを装備。

他にもメーターは新型のLCDディスプレイとなっていますね。(フルカラーではない)

日本での販売時には変更がある可能性もありますが、欧州仕様の主だった装備はこんな感じです。

スポンサーリンク

新型NC750Xのカラーラインナップは?

2021.01.26 追記

日本仕様は下記3色となっています。

・グランプリレッド
・パールグレアホワイト
・マットバリスティックブラックメタリック

MTもDCTも同じ3色となっており、この3色に関しては以前紹介した欧州仕様と全く同じと思われます。

やはりと言いますか…グリントウェーブブルーメタリックは設定されず…。

道交法の関係もあり欧州仕様はフレームに反射板があり、日本仕様には無いようですね。

違いと言うとそのくらいですが、日本仕様の3色を改めて紹介します。(画像はMT)

出典:本田技研工業株式会社

2020.11.12 元記事

新型NC750Xのカラーラインナップですが、全4色が発表されています。(欧州)

・グランプリレッド
・マットバリスティックブラックメタリック
・パールグレアホワイト
・グリントウェーブブルーメタリック

日本での現行型は3色となっており、赤のみ名称は違うものの…赤系がラインナップされています。

つまりは青系がいないのですが、新型はこの4色全てがラインナップされるでしょうか?

3色となるのであれば、現行同様に赤、黒、白の3色となりそうです。

 

下記gif画像では赤のみオプションのカウルガードが装備されています。

出典:Honda UK

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型NC750Xの発売日は2021年2月25日

価格は92万4,000円(MT),99万0,000円(DCT)

スペックは本文内で

仕様は本文内で

カラーは全3色

 

外見は好みの問題ですが、かなりカッコ良くなって好印象。

欧州ではオプションのパニアなども豊富ですので、この辺りも楽しみですね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さに負けない!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。