オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » 【新型】CB1000Rの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

【新型】CB1000Rの発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

calendar

欧州で新型CB1000Rのティザー動画が公開となりました!

2018年に登場したわけですが、ついにモデルチェンジとなりそうです。

 

気になるのは日本での発売日がいつ頃になるのか?

そして値段やスペックがどうなるかも気になるところですよね。

今回はそんな新型CB1000R情報をお届けします。

スポンサーリンク

新型CB1000Rの基本情報!

メーカー:ホンダ
車種名:CB1000R
排気量:998cc
発売日:2020年11月10日発表(欧州)
価格:不明
カラー:全3色+特別仕様

2020.11.12 欧州発表

スペックに関する追記は→追記箇所へ

装備に関する追記は→追記箇所へ

カラーに関する追記は→追記箇所へ

新型CB1000Rの発売日はいつ?

新型CB1000Rの発売日ですが、欧州では11/10に発表予定となっています。

既にティザー動画で具体的な日付が公開されているので、この日に情報が出ることは間違いないでしょう。

となると、欧州では2021年モデル扱いで早ければ年内の納車…といった形に。

 

気になるのは日本での国内販売です。

販売されない…という可能性は考えにくいので、国内販売されるとは思いますが欧州よりも多少遅れて…となるでしょう。

ホンダの場合、日本では2月~5月頃に発売されることが多い傾向。

新型CB1000Rも同様のパターンで、欧州から遅れて2021年2月頃の発売となるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

新型CB1000Rの価格は?

新型CB1000Rの価格ですが、現状不明となっています。

欧州でも価格は現状発表されていない状態ですね。

 

現行型はと言うと、167万0,900円となっています。

現行型と新型の違いはスペックや装備のところで触れていきますが、内容を考えると大幅に価格が上がる…ということはないかと思われます。

しかしエンジンはユーロ5に対応となり、細かい部分に色々と変更が入ってそうな感じですので…多少の値上げ…にはなるのではないでしょうか?

現時点では予想は難しい状態ですが、現行型から多少アップして170~175万円程度と予想してみます。

新型CB1000Rのスペックは?

2020.11.12 追記

欧州で正式に発表されたので、旧型(日本仕様)と比較してみましょう。

車名  CB1000R(新)※欧州  CB1000R(旧)
型式    2BL-SC80
全長[mm]  2,120  2,120
全幅[mm]  789  790
全高[mm]  1,090  1,090
ホイールベース[mm]  1,455  1,455
シート高[mm]  830  830
重量[kg]  212  212
エンジン型式  水冷直列4気筒DOHC  水冷直列4気筒DOHC
総排気量[cc]  998  998
ボア×ストローク[mm]  75.0×56.5  75.0×56.5
圧縮比  11.6  11.6
最高出力[ps/rpm]  145(107kW)/10,500  145(107kW)/10,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  10.6(104Nm)/8,250  10.6(104Nm)/8,250
タンク容量[L]  16.2  16
フレーム  バックボーン  ダイヤモンド
トランスミッション  6速  6速
キャスター  25°00′  25°00′
トレール[mm]  100  100
フロントフォーク  Φmm倒立  Φmm倒立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φ310mmダブル  Φ310mmダブル
Rブレーキ  Φ256mmシングル  Φ256mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  190/55ZR17  190/55ZR17
税込価格  –  167万0,900円

 

スペック的には全く同じと言って良いでしょうか。

ユーロ5対応があるので、多少パワーが落ちるかなと予想していましたが…変更なしで対応してきましたね。

 

新旧の比較gif画像を作ってみました。

エンジン位置が違ってますが、これは撮影角度の違いによるものですね。

メインフレームに変更は無いようですが、サブフレームの変更がよくわかります。

出典:Honda UK , 本田技研工業株式会社

2020.10.24 元記事

新型CB1000Rのスペックですが、現状不明となっています。

ティザー動画でもスペックに関する部分はわかりませんが、現行型をベースに大幅な変更は無さそうに見えます。

排ガス規制の関係でエンジンはユーロ5に対応となりますので、それに伴い吸排気系の変更が入ると思われます。

スペックとしては多少のパワーダウンとなる可能性もありますね。

この辺りは11/10に欧州仕様が発表されるので、情報が出たら現行型と比較してみましょう。

スポンサーリンク

新型CB1000Rの装備は?

2020.11.12 追記

正式に発表されたので装備に関してまとめます。

・5インチフルカラーTFTメーター
・スロットルバイワイヤ
・3つのデフォルトライディングモード,1つのユーザーカスタマイズモード

 

メーターが新型に変更され、スマートフォン音声制御システムを搭載。

今時のメーターになりました。

出典:Honda UK

 

スロットルバイワイヤと、ライディングモード、などは従来通りと言えるでしょうか。

 

ティザー動画の段階でメーターバイザーなどにも触れましたが、これはどうやらブラックエディションという特別仕様のみのようです。

通常モデルに関しては、旧型同様にメーターバイザーは付きません。

「スペック」のところに新旧比較画像がありますので、そちらをご覧下さい。

 

ブラックエディションと通常モデルの違いはこんな感じです。

・各パーツのブラック加工
・メーターバイザー
・シングルシートカウル
・クイックシフター

見た目がブラックな以外にも、メーターバイザーとシングルシートカウルが付いています。

そしてクイックシフターも標準装備になっていますね。

日本でこのブラックエディションが販売されるかどうかは…微妙なところですが、バイザーやシートカウルはオプションで設定されるでしょうか。

gif画像でも通常モデルとブラックエディションの違いを見てみましょう。

出典:Honda UK , Honda UK

スポンサーリンク

2020.10.24 元記事

新型CB1000Rの装備ですが、現状わかるのは下記の通りです。

・新型LEDヘッドライト
・スイングアームマウントリアフェンダー(新型?)
・新型ホイール
・メーターバイザー

まずはティザー動画を見てすぐに目に入ったのが、形状が変更されたヘッドライト。

現行型と同様にヘッドライトとテールライトはLEDになっているでしょう。

最近流行っている?ちょいと傾斜したライトです。

出典:Honda Motorcycles Europe(YouTube)

 

CB1000Rの特徴でもあった片持ちスイングアームと、スイングアームに付けられたフェンダーは継続のようです。

しかしフェンダーの形状が違うようにも見えますが…どうでしょうね?

ラジエターシュラウドも形状が違うように見えます。

出典:Honda Motorcycles Europe(YouTube)

 

ちょっと暗くて見づらいので明るく加工して、現行型と並べてみました。

この画像だと新型ホイールの形状がわかりやすいですね。

出典:Honda Motorcycles Europe(YouTube) , 本田技研工業株式会社

 

そしてメーターバイザーが付いています。

出典:Honda Motorcycles Europe(YouTube)

 

これは日本では販売されていないようですが、欧州では現行型でもアクセサリーとして存在します。

画像を見る限りでは現行型と同じ物…のように見えますね。

ちなみにこちらが現行型の欧州のアクセサリー装着車です。

出典:Honda UK

 

ティザー動画で付いているということは…新型は標準装備になるのでしょうかね?

スポンサーリンク

新型CB1000Rのカラーラインナップは?

2020.11.12 追記

正式に発表されカラーラインナップも判明しました。

通常モデルが全3色となり、ブラックエディションと合わせて4色という形になるようです。

・キャンディクロモスフィアレッド
・マットバリスティックブラックメタリック
・マットベータシルバーメタリック
・ブラックエディション

通常モデルの3色は日本にも間違いなく入るでしょうが、ブラックエディションに関してはどうなるでしょうか?

日本ではラインナップされない可能性が高いような気もしますね…。

出典:Honda UK

2020.10.24 元記事

新型CB1000Rのカラーラインナップですが、現状不明となっています。

現行型はグラファイトブラック、キャンディークロモスフィアレッド、マットパールグレアホワイトの3色。

2019年モデルでは白の代わりにソードシルバーメタリックがいましたね。

 

恐らく新型CB1000Rも黒がイメージカラーとなり、赤系白系の全3色と思われます。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型CB1000Rの発売日は不明も、欧州では11/10発表

価格は不明も170~175万円程度と予想

スペックは本文内で

仕様は本文内で

カラーラインナップは全3色+ブラックエディション(欧州)

 

CB1000Rももちろん気になるところですが、恐らく兄弟車も近いうちにモデルチェンジになるということですよね。

デザインは兄弟で共通コンセプトでしょうから、まずは新型CB1000Rが楽しみなところです。

 

下記の記事でバイクの買取業者を比較しています。

乗り換えを検討中の方は是非ご覧下さい!

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さを乗り切る!秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。