オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » YZF-R7【新型】の発売日は?価格やスペックはどうなる?

YZF-R7【新型】の発売日は?価格やスペックはどうなる?

calendar

YZF-R6が生産終了となり、後継モデルとして新型YZF-R7が発売されるのではないかという噂が出ていますね。

どうやらピュアスポーツ路線ではなく、万能なスポーツバイクといった路線になるのではないかという話。

 

そんな新型YZF-R7ですが、やはり気になるのは発売日がいつになるのか?

そして値段やスペック、カラーラインナップなども気になるところです。

 

今回はそんなYZF-R7情報を紹介しますよ。

スポンサーリンク

YZF-R7の基本情報!

メーカー:ヤマハ
車種名:YZF-R7?
排気量:688cc?
発売日:不明
価格:不明
カラー:不明

YZF-R7の発売日はいつ?

新型YZF-R7の発売日ですが、現状不明となっています。

まだ噂段階で本当に出るのかもわかりません。

 

前提情報として、現行のYZF-R6が生産終了になるという話がありますね。

ユーロ5が2020年12月より導入となるわけですが、R6はそれに対応せずに生産終了となるのではないかと言われています。

(継続車ですので販売は2022年11月まで可能)

 

そしてヤングマシンさんが「妄想」と言いつつもスクープを掲載しています。

出典:WEBヤングマシン

 

最近のヤンマシさんのスクープの的中度は高いですので、妄想と言いつつも何らかの情報を掴んでいる可能性もありそうです。

スポンサーリンク

YZF-R7の価格は?

新型YZF-R7の価格ですが、現状不明となっています。

値段はベースモデルとなりそうなMT-07が参考になりそうです。

先ほど紹介したヤングマシンさんでも、ベースモデルはMT-07を予想していますね。

R6のようなレース志向ではなく、アプリリアRS660と同様に、フル電脳やウイングなど本気で造り込みながら、適度なパワーを持つ軽快FUNライドマシンを希望したい。

(中略)

これぞ万人をスポーツの世界に誘う、MT-07のコンセプトを一段と推し進めたモデルとなるハズ。

出典:WEBヤングマシン

 

現実的に考えると、上記のようにMT-07をベースとしたフルカウル(もしくはハーフカウル)スポーツツインとなるでしょう。

ヤンマシさんも触れているようにアプリリアのRS660、そしてカワサキのNinja 650のようなミドルツインが欧州を中心に人気になっています。

 

ではMT-07の価格はと言うと79万2,000円です。

アプリリアRS660は今のところ価格は発表されておらず、カワサキNinja 650は88万0,000円からとなっています。

カワサキと同等…少し安いくらいの85万円くらいと予想してみます。

YZF-R7のスペックは?

新型YZF-R7のスペックですが、MT-07がベースとなりそうです。

先ほど紹介したように、MT-07ベースのミドルツインとなるのが濃厚でしょう。

 

欧州ではミドルツインが人気と書いたばかりですが、逆にYZF-R6のようなミドルSSの人気が下火なんですよね。

ホンダは新型CBR600RRを発表したものの…他のメーカーが追従するかと言うと…という状態。

600cc4気筒クラスも636ccのZX-6RやCBR650といったように、排気量を650cc程度まで拡大したストリート向けとも言うべき製品が主流。

競技用のZX-6Rも販売されていますが…基本設計の古さは隠せない感じです。

 

こういった世の中の状況を考えると、ヤマハも新型YZF-R6というのは販売されず…ストリートを向いたMT-07ベースのミドルツインになるのではないかといった状況ですね。

しかし名称がYZF-R7となると…これを思い出す方も多いでしょう。

出典:BikeBros.

 

そう0W-02こと当時のスーパーバイク世界選手権に勝つべく作られたマシン。

当時は4気筒は750ccまで、2気筒は1,000ccまでというレギュレーションだったので749ccのYZF-R7がサーキット向けマシンとして誕生。

こういった事情を考えると、ストリートに向くであろう新型YZF-R7にこの名称を付けるのは違和感があるかもしれません。

YZF-R7のカラーラインナップは?

新型YZF-R7のカラーラインナップですが、現状不明となっています。

最近のヤマハの動向を考えると、青・黒・銀あたりのラインナップとなるでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型YZF-R7の発売日は不明

価格は不明も、85万円くらい?

スペックは不明も、MT-07ベースを予想

カラーラインナップは不明も、青・黒・銀の3色を予想

 

まだまだ不確定要素が大きいですが、かなり楽しみな存在になりそうです。

 

下記の記事でバイクの買取業者を比較しています。

乗り換えを検討中の方は是非ご覧下さい!

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さを乗り切る!秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。