オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

新型ムルティストラーダ1260の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

calendar

出典:Ducati Italy

ドゥカティの新型Multistradaが2018年モデルから、1200→1260となりますね。

結構大きく変わりそうな感じなだけに、期待感も高まるというものです。

 

気になる発売日値段を調べてみましたよ。

そして新型のスペックと共に、旧型とも比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型ムルティストラーダ1260の発売日はいつ?

新型ムルティストラーダ1260の国内販売ですが、2018年4月頃かと思われます。

一応確か無印とS、Pikes Peakの3種類がラインナップされる予定となっていますよ。

 

パッと見た印象は現行型のムルティストラーダ1200と変わりがないですね。

正直私には見分ける自信がありませんよ。

 

カラーラインナップは全4色でして、無印がレッドのみとなっています。

出典:Ducati Italy

 

そしてSがレッド、グレー、ホワイトの3色。

出典:Ducati Italy

 

パイクスピークが専用色のみの展開のようですよ。

出典:Ducati Italy

 

公式のPVは通常のモデルとパイクスピークの2つが公開されていますね。

新型ムルティストラーダ1260の値段はいくら?

新型ムルティストラーダ1260の価格ですが、231万6,000円~となっています。

バリエーションがありますので、それによって値段が違う感じですね。

 

ちょっとまとめてみると、こんな感じとなっていますよ。

・無印・・・231万6,000円
・S・・・262万5,000円(レッド)
・S・・・266万5,000円(グレー、ホワイト)
・Pikes Peak・・・306万9,000円

 

国内ではまだホームページに公開されていませんが、本国イタリアでは既に公式ページが出来ていますよ。

かなりたくさん画像が公開されているので、その中から個人的な主観と偏見でいくつかピックアップしてみました。

出典:Ducati Italy

スポンサーリンク

新型ムルティストラーダ1260のスペックは?

新型ムルティストラーダ1260のスペックですが、既に公開されていますね。

簡単にまとめて表にしてみましたよ。

車名  Multistrada 1260 [S] (Pikes Peak)
型式  
全長[mm]  
全幅[mm]  
全高[mm]  
ホイールベース[mm]  1,585
シート高[mm]  825~845
装備重量[kg]  232 [235] (229)
エンジン型式  水冷L型2気筒
総排気量[cc]  1,260
ボア×ストローク[mm]  106.0×71.5
圧縮比  13
最高出力[ps/rpm]  158/9,500
最大トルク[kgf-m/rpm]  13.2/7,500
タンク容量[L]  20
フレーム  トレリス
キャスター  25°00′
トレール[mm]  111
フロントフォーク  Φ48mm倒立
リヤサスペンション  モノショック
Fブレーキ  Φ320mm[330](330)ダブル
Rブレーキ  Φ265mmシングル
Fタイヤ  120/70R17
Rタイヤ  190/55R17
税込価格  

 

スペック的にはどのグレードもほぼ差はないですね。

装備の差がグレードの違いとなっていますよ。

 

ざっと分かる範囲で違いを見ると

無印 [S] (Pikes Peak)
・ホイール・・・鋳造 [鋳造] (マルケジーニ鍛造)
・フロントフォーク・・・内製 [ザックス セミアクティブ] (オーリンズ)
・リヤサスペンション・・・ザックス [ザックス セミアクティブ] (オーリンズ)
・メーター・・・LCD [TFT] (TFT)
・コーナリングライト・・・無 [有] (有)
・クイックシフター・・・無 [有] (有)
・マルチメディアシステム・・・無 [有] (有)

といった感じですかね。

 

旧型からの変更点は排気量はもちろん、スイングアームが延長されたことによりホイールベースが56mm長くなっています。

それと関係があるのかないのか…キャスターが1°寝たことでトレールも5mmほど長くなっていますね。

全体的に、より安定志向になったって感じでしょうかね?

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型ムルティストラーダ1260の発売日は2018年4月頃?

新型ムルティストラーダ1260の価格は231万6,000円から

新型ムルティストラーダ1260のスペックは本文内で

 

ちょっとスペックやグレードの違いは見落としがある気がします。

本国イタリアのサイトを見ながらまとめたのですが、ちょっと見づらくて…。

 

また、日本仕様のスペックは多少の変更がある可能性もありますね。

紹介しているのはイタリア仕様となりますよ。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪