オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

M-SLAZ150の新型の日本発売日はいつ?価格やスペック、125ccの有無は?

calendar

タイヤマハで販売されているM-SLAZですが、どうやらフェイスリフトで新型となるようですよ。

なかなかカッコいい車体ですので、日本でも地味に人気のある車種!

 

ちなみにインドネシアではXabreという名前で販売されています。

現行型は日本では正規ラインナップになっていませんが、新型はどうか?

発売日値段が気になるところ。

 

そしてやっぱり日本の免許制度や保険を考えると、M-SLAZ125が出てほしいところですよね。

果たしてどうなるのか、新型のM-SLAZを見ていきましょう。

 

※日本でもMT-125として発売される可能性が出てきたので、こちらのMT-15の情報を基にMT-125の記事を作りました!

MT-15は正規ラインナップされず、国内販売があるとしてもMT-125になるかと思われます。

スポンサーリンク

新型M-SLAZ150(MT-15)の基本情報!

メーカー:ヤマハ
車種名:MT-15 150
排気量:154cc
発売日:2018年末?
価格:98,500バーツ
カラー:全4色

2018.08.15 予想CGが公開→追記箇所へ

2018.10.07 タイで発表!名称はMT-15に!

発売日関係の追記は→追記箇所へ

価格関係の追記は→追記箇所へ

新型M-SLAZ150(MT-15)の発売日はいつ?

新型M-SLAZ150の発売日ですが、恐らく2019年かと思われます。

というのも、既にスパイショットが報じられているんです!

情報元はスパイショットと言えば!のiwanbanaran.comさん。

iwanbanaran.com

 

インドネシアのメディアさんですから、新型Xabreですね。

スパイショットはこちらですよ。

出典:iwanbanaran.com

 

見ての通り、MT-09系の顔になっています。

記事によると、新型のMT-25ではないか?という声もあるようですが…どうでしょうね、個人的には150ccクラスに見えますよ。

 

日本での発売ですが…現行型はラインナップされていませんね。

バイカーズステーションSOXさんなど、輸入車に強いショップさんが独自に仕入れていますよ。

 

昨今の125cc人気や、150ccでもかなりの販売台数となったスズキのジクサーなどを考えると…新型は日本でも売れると思うんですけどね。

現行型はユーロ3ですし、排ガス規制の関係で厳しいのかな…。

スポンサーリンク

2018.10.07 追記

タイで行われたイベントでお披露目となりました!

実車の公開と、暫定的な情報が公開されているようですよ。

 

やはり名称はMT-15に変更となりました。

現地の様子はインドネシアメディアさんがYouTubeにアップしています!

 

そして正式な発売はモーターエキスポで、ということになるようです。

モーターエキスポは11月29日~12月10日の予定となりますので、現地では年内に発売開始って感じになるでしょうか?

スポンサーリンク

新型M-SLAZ150(MT-15)の価格はいくら?

新型M-SLAZ150の価格ですが、現状不明となっています。

ちなみに現行型はと言いますと、カラーリングによって値段が異なっていますね。

 

タイヤマハのM-SLAZはこんな感じです。

出典:YAMAHA THAILAND

・限定(グレー×グリーン)・・・105,500バーツ(約35万2,370円)
・ブルー×ブラック・・・90,000バーツ(約30万0,600円)
・グレー×ブラック・・・89,500バーツ(約29万8,930円)
・ホワイト×ブラック・・・89,500バーツ(約29万8,930円)
・ブラック・・・89,500バーツ(約29万8,930円)

限定版の奴は…グリーンとなっていますが、どうみても黄色…。

 

そしてヤマハインドネシアのXabreはこんな感じです。

出典:YAMAHA INDONESIA

・グリーンアーミー・・・30,700,000ルピア(約23万6,020円)
・マットレッド・・・30,700,000ルピア(約23万6,020円)
・シルバーホワイト・・・30,700,000ルピア(約23万6,020円)

これまたグリーンアーミーの名称が悩ましいですが…確かに黒よりはカーキと言うかオリーブグリーンと言うか…。

 

ちなみに国内ではSOXさんで25万9,000円となっています。

カラーリングを見ると、2015年モデルを輸入したようですね。

 

現在の2017年モデルも基本的にはカラーリング違いです。

新型となると、また新たに輸入してくれるかもですね!

スポンサーリンク

2018.10.07 追記

イベントにて値段も発表となりました。

98,500バーツということで、日本円にすると約34万1,150円といったところ。

タイでの旧型M-SLAZがカラーによりけりですが、89,500~105,500バーツでした。

となると、ベースモデルが9,000バーツの値上げって感じになるでしょうか?

 

日本との価格差はというと、だいたいタイ価格の1.38倍が日本価格となります。

となると約47万0,790円という計算になりますね。

 

なぜここで日本価格を計算してみたかと言うと、名称がMT-15になったこともあり…日本にもMT-125として入ってくる可能性があるかもなんです!

というのも兄弟車とも言えるYZF-R15が、排気量ダウンして欧州でYZF-R125として発表されています。

この辺りは別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ。

 

となると、次期MT-125はこのMT-15がベースとなる可能性が高いんですよね。

インドネシア製は日本にも入ってきていますので、MT-125の導入も期待がかかるところです。

スポンサーリンク

新型M-SLAZ150(MT-15)のスペックは?

新型M-SLAZ150のスペックですが、現状不明となっています。

一応旧型と比較するために、スペック表を作っておきましょう。

せっかくなのでスズキのジクサーとも比較してみますか。

車名  M-SLAZ 150(新)  M-SLAZ (現行)  GIXXER
型式      2BK-NG4BG
全長[mm]    1,955  2,005
全幅[mm]    795  785
全高[mm]    1,065  1,030
ホイールベース[mm]    1,350  1,330
シート高[mm]    805  785
重量[kg]    135  135
エンジン型式    水冷単気筒SOHC  空冷単気筒SOHC
総排気量[cc]    150  154
ボア×ストローク[mm]    57.0×58.7  56.0×62.9
圧縮比    10.4  9.8
最高出力[ps/rpm]    16.3/8,500  14/8,000
最大トルク[kgf-m/rpm]    1.5/7,500  1.4/6,000
タンク容量[L]    10.2  12
フレーム    ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション    6速リターン  5速リターン
キャスター      25°45′
トレール[mm]      105
フロントフォーク    Φ37mm倒立  Φ41mm正立
リヤサスペンション    リンク式モノショック  モノショック
Fブレーキ    Φmmシングル  Φ266mmシングル
Rブレーキ    Φmmシングル  Φ220mmシングル
Fタイヤ    110/70-17  100/80-17
Rタイヤ    130/70-17  140/60R17
税込価格      32万1,840円

 

参考になりそうなのは、YZF-R15でしょうか?

新型となり、VVA採用の155ccエンジン搭載となっています。

このエンジンがM-SLAZにも乗るような気はしますね。

 

アシストスリッパークラッチなども採用となるような気がしますよ。

この辺りはもう少し情報が出てから改めて、って感じですね。

スポンサーリンク

2018.08.15 追記

MOTO BLASTさんが予想CGを公開していますよ。

MOTO BLAST(インドネシア語)

出典:MOTO BLAST

 

うん、MT-09顔ですね。

スパイショットもそうでしたが、ライトは3つという表現が正しいでしょうか?

下の目が点灯しているように見えるので、上2つはアッパーなのでしょうかね?

 

記事内では名称がMT-15に変更されるといったことが書かれています。

確かにMTシリーズとして売った方がマーケティング的には良いような気もしますよね。

なぜ今までM-SlazとXabreだったのか…?

スポンサーリンク

新型M-SLAZ125は出ないの?

M-SLAZの125cc版ですが、恐らく発売されないと思います。(追記有り)

YZFには125ccのYZF-R125が存在しますし、MT-125というのも存在しています。

ですが、どちらもヨーロッパなんですよね。

 

そしてこちらのM-SLAZとXabreはアセアンですので…。

アジア圏で使えそうな125ccエンジンと言うのも記憶に無いですね。

R15のエンジンをあれこれすれば125ccにダウンすることは可能かもしれませんが、日本以外のアジア圏で150→125のメリットが無いですから…。

2018.10.07 追記

日本でもMT-125として発売される可能性が出てきましたね!

価格のところでも書きましたが、YZF-R125が欧州で発表されましたが…これがインドネシアのYZF-R15ベース。

 

YZF-R15とこのMT-15は兄弟車とも言える存在です。

フランス製のYZF-R125とMT-125は日本に入ってきませんでしたが、インドネシア製となることで日本導入にも期待が出来る展開となってきましたよ!

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型M-SLAZ150の発売日は2019年(タイやインドネシアで)

新型M-SLAZ150の価格は98,500バーツ

スペックは不明も、R15のエンジンになる

125ccモデルは発売される可能性が出てきた!

 

色々と課題があるのだとは思いますが、ジクサーの成功や昨今の125ccのラインナップの拡大を見ると…ヤマハにも小排気量のMTが欲しいですよね。

まぁ時間はかかるかと思いますが、どこかの販売店さんが新型を輸入してくれることに期待です。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。