オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

G310GSの日本発売日はいつ?オフロード性能やスペック価格も判明!

calendar

出典:BMW Motorrad Japan

BMWから普通自動二輪で乗れるモデルが発売されると、話題になっていたG310GSです。

ついに発売日価格スペックなどの情報が明らかになってきましたよ。

 

313cc単気筒のオフロード車という意味でも、結構注目なモデルですよね。

日本でもそこそこ売れるような気がしますが…やはり外車ということで気になるのは値段!

 

あまりにも高いと…この排気量的に売れるのか?という疑問も出ますからね。

スポンサーリンク

G310GSの日本発売日はいつ?

G310GSの日本発売日ですが、11月1日に決定となりました!

最近はスモールアドベンチャーが流行っていますからね。

 

日本車では多くが250ccクラスだけに、313ccという排気量が販売的に吉と出るのか凶と出るのか…。

ちなみに、カラーリングは全3色となっています。

ロードモデルであるG310Rもそう言えば3色展開でしたね。

出典:BMW Motorrad Japan

 

G310Rをそのままアドベンチャーにしましたよ…ではあるのですが、GSシリーズの意匠をうまく取り入れてGSシリーズの末弟と言った感じが出てますよね。

G310GSの価格やスペックを紹介!

G310GSの価格ですが、66万9,900円に決定しています。

G310Rが59万9,000円ですからね、約7万円のアップということになります。

 

基本的なスペックは兄弟車であるG310Rと共通となりそうですね。

ざっと見てみると、DOHC単気筒で水冷。

出力は25kW(34PS)でトルクは28Nmとなっています。

 

サスペンションストロークは前後180mmと、G310GSから実に40mm以上も延ばされています。

アドベンチャーだけに、オフロードもかなり走れると言えそうですね。

 

タイヤサイズはフロントが110/80-R19でリアが150/70-R17です。

車両重量170kgというのも、現在では軽量な部類でしょうかね?

スポンサーリンク

G310GSのオフロード性能は?

G310GSのオフロード性能ですが、かなり期待出来るのではないでしょうか?

もちろんアドベンチャーであってオフロード車やトライアル車ではないですけどね。

 

デュアルパーパスといった意味合いの車両としては、オフロード性能は結構期待出来そうに思います。

何といっても先ほども紹介した180mmのサスストローク!

そして腹下には樹脂製ですがガードも付けられているんです。

出典:VIRGIN BMW

リアサスの後ろにもガードが取り付けられていたりと、オフロード走れます!な雰囲気が漂っていますよ。

 

海外では実際にオフロードを走ってみたレビューも結構あるんです。

Bennettsという…イギリスのバイク保険ブローカーなんですかね?がレビュー動画をYouTubeにアップしていますよ!

海外は本当に良いオフロードが多くて羨ましいです。

 

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

G310GSの日本発売日は11月1日!

G310GSの価格は66万9,900円!

G310GSのオフロード性能は結構高そう

 

最近の流行りはネオクラシックとアドベンチャーですよね。

日本の公道で使いやすい400ccくらいのアドベンチャーが海外メーカーから出るというのは嬉しい限りです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪