オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Vストローム250の新型の発売日は?価格やスペック、ABSやXTはどうなる?

calendar

250ccのアドベンチャーとして人気のV-Strom250ですが、こちらも新型の話が出ています。

まぁ…新型というよりはマイナーチェンジと言った方が正しそうですが…。

 

発売日値段スペックが気になるところです。

そして発売時から賛否両論あったABSはどうなるのでしょうか?

 

650と1000に設定されているXTの存在も気になるところですよね。

250アドベンチャーの中では1番オンロード寄りと言えるモデルですので、XTが出てほしいという方も多いのでは?

スポンサーリンク

新型Vストローム250の基本情報!

メーカー:スズキ
車種名:Vストローム250 ABS , Vストローム250
排気量:249cc
発売日:2018年10月1日 , 2018年10月29日
価格:60万2,640円 , 57万0,240円
カラー:全3色

・2018.09.26 ABSが正式に発表されました!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

新型Vストローム250の発売日は?

新型Vストローム250の発売日ですが、現状不明となっています。(追記有り)

ヤングマシンさんの今月号(2018年11月号)に多少情報が出ていたので、気になって販売店さんで聞いてきました。

 

詳細は言えないものの、9月末~10月頭に発表があるとのことですよ。

他に情報が無いかと色々と調べてみましたが、同じように10月頭に発表があると販売店から情報をもらった方のツイートを見つけました。

 

多少の前後はあっても、間もなく情報が出てくることは間違いないでしょう。

ちなみに後々紹介しますが、予想される変更であれば…恐らく発表後わりとすぐに発売開始となると思いますよ!

2018.09.26 追記

スズキの公式ホームページでマイナーチェンジが発表されています。

詳細ページも既に出来ていますよ。

Vストローム250公式ホームページ

 

ただ発売日などは書かれていないんですよね。

マイナーチェンジだけに、順次切り替えって感じになるのでしょうか?

2018.09.27 追記

公式ページには出ていませんでしたが、プレス向けのリリースですかね?バイクブロスさんで発見しましたよ。

BikeBros.

 

こちらによると、ABS仕様は10月1日発売予定、ABS無しのマイチェンは10月29日発売予定とのこと。

ABS無しは上記ページに26日と29日の2つの日付が載っていますが…公式リリースそのままと思われる文が29日なので、29日が正解かと思います。

 

ちなみにマイチェンの内容はマフラーカバーの形状変更だそうで…。

言われなければわからなかったレベルですね。

スポンサーリンク

新型Vストローム250の価格は?

新型Vストローム250の価格ですが、現状不明となっています。(追記有り!)

現行型はと言うと、57万0,240円ですね。

 

新型の変更点ですが後ほど紹介しますが、言ってしまうとABSが付くようです。

基本的にはその他の変更点は無いような話でしたよ。

 

スズキって現状のラインナップでは同じ車種でABS付きと無しの併売は…なかったような…。

ヤマハのR25で見てみましょうか。

 

YZF-R25はABS付きが61万0,200円で、ABS無しが56万7,000円となっています。

差額は4万3,200円ですね。

 

ちなみにヨーロッパではVストローム250はABS付きとなっています。

イギリスでは4,599ポンドということで、約68万2,180円です。

Vストローム650は7,399ポンドですので、約109万7,510円ですね。

 

日本のVスト650は90万7,200円ですので、イギリス価格の約0.83倍となります。

68万2,180円の0.83倍というと…56万6,210円となり、ABS無しよりも安くなってしまいましたね…。

 

ヤマハの4万円アップが妥当なところでしょうか?

となると、61万3,440円ということに。

まぁ60万円程度となりそうな感じでしょうか?

2018.09.26 追記

正式に発表となりましたが、ABSが60万2,640円となっています。

4万円ではなく、3万円アップということになりますね。

 

ちなみにABS無しも併売となっているようで、こちらはお値段変更無しで57万0,240円となっていますよ。

スポンサーリンク

新型Vストローム250のスペックは?

新型Vストローム250のスペックですが、恐らく変更無しかと思います。

ABSが追加されて、車重が多少アップするだけ…でしょう。

 

ABSが設定されると現行のものは在庫限りとなる可能性もありますので、不要派の方は急いだ方が良いかもしれません。

他にも変更点がある可能性もありますので、この辺りは正式に発表された段階で追記していきますよ。

 

とりあえず現行型と比較出来るようにスペック表を作っておきます。

車名  Vストローム250 ABS (New)  Vストローム250 (Old)
型式  2BK-DS11A  2BK-DS11A
全長[mm]  2,150  2,150
全幅[mm]  880  880
全高[mm]  1,295  1,295
ホイールベース[mm]  1,425  1,425
シート高[mm]  800  800
重量[kg]  189  188
エンジン型式  水冷直列2気筒SOHC  水冷直列2気筒SOHC
総排気量[cc]  248  248
ボア×ストローク[mm]  53.5×55.2  53.5×55.2
圧縮比  11.5  11.5
最高出力[ps/rpm]  24/8,000  24/8,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  2.2/6,500  2.2/6,500
タンク容量[L]  17  17
フレーム  セミダブルクレードル  セミダブルクレードル
トランスミッション  6速リターン  6速リターン
キャスター  25°10′  25°10′
トレール[mm]  100  100
フロントフォーク  Φ37mm正立  Φ37mm正立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φ290mmシングル  Φ290mmシングル
Rブレーキ  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル
Fタイヤ  110/80-17  110/80-17
Rタイヤ  140/70-17  140/70-17
税込価格  60万2,640円  57万0,240円

2018.09.26 追記

正式に発表されたので、スペック表を埋めました。

ABSの分、重量が1kgアップって感じのようですね。

ABS無しに関してはスペックに変更はありません。

 

カラーリングも今までと同じで、全3色のようですよ。

出典:スズキ株式会社

スポンサーリンク

新型Vストローム250はABS搭載?XTも設定されるのか?

新型Vストローム250ですが、ABSが搭載となるようです。

そしてなんとXTが設定されるといった情報も出ていますよ。

 

XTに関しては冒頭で少し出てきたヤングマシンさんです。

詳細は買って読んで頂くとして、XTが2019年モデルとして追加されるというのが概要となっています。

 

ちなみにXTって何かというと、兄貴分である650と1000に存在するスポークホイール仕様ですね。

650ですが、画像で見るとこんな感じです。

出典:スズキ株式会社

 

650は他に、アンダーカウルナックルカバーが追加となりますよ。

1000は他に、中央部分が少し太くなったテーパーハンドルが特別装備となっています。

 

250はアンダーカウルもナックルカバーも標準装備ですね。

なので値段的には1000が参考にしやすいかと。

 

Vストローム1000は140万4,000円となっており、XTは144万7,200円です。

その差は4万3,200円ですので…ホイール3.5万円、ハンドル0.5万円ってところでしょうかね?

 

そう考えるとXTはABS付けて、計7.5万円アップといった感じに。

税込ですと65万1,240円という計算になりますね。

 

ちなみにABSは先ほど紹介したように、ヨーロッパでは標準装備です。

製造国である中国にもABS仕様はいますね。

イギリススズキのサイトによると、ボッシュ製とのことですよ。

 

画像はこんな感じ。

ABSがわかるようにディスクローターを拡大してみました。

出典:SUZUKI UK

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型Vストローム250の発売日は2018年10月1日 ABS無しは29日

価格は不明も60万2,640円(ABS)

スペックは変更無し

ABSが追加、XT発売の情報アリ

 

個人的にはかなり好きな車両がVストローム250です。

オンがメインで、オフはキャンプ場とかのちょっとしたフラットダートを走る程度という方は多いかと。

そんな用途にピッタリですよね。

 

私はABS推奨派ですので、ABS搭載も嬉しいニュースです。

XTはもう少しオフの比重が高い人にとっては嬉しいスポークホイールですね。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。