オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 新型車・コンセプトモデル » CBR250RR-R【新型】の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?【ホンダ4気筒?】

CBR250RR-R【新型】の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?【ホンダ4気筒?】

calendar

ホンダからも250cc4気筒が発売されるのではないか…という噂が出ていますね。

CBR1000RR-Rが登場したことで、250にもRRR…いわゆるトリプルアールが出るのでは?という話があります。

 

カワサキのZX-25Rの対抗馬というわけですが、あれだけ話題になっているので…他社が続いても全然おかしくはない状況。

特にホンダは負けず嫌いと言いますか、この手の状況では必ず後から本気を出してくる印象があります。

名称は現時点では未定ですが…恐らくCBR250RR-Rに。

 

そんなCBR250RR-Rですが、果たして発売日値段はどうなるのでしょうか?

4気筒となるのか…スペックカラーリングなども気になるところ。

 

今回はそんなCBR250RR-Rを見ていきましょう。

スポンサーリンク

CBR250RR-Rの基本情報!

メーカー:ホンダ
車種名:CBR250RR-R?
排気量:249cc?
発売日:不明
価格:不明
カラー:不明

CBR250RR-Rの発売日はいつ?

CBR250RR-Rの発売日ですが、現状未定となっています。

この噂の出処はというと…もちろんヤングマシンさんですね。

妄想とか飛ばし記事…なんて言う方もいますが、最近のヤンマシさんの的中率の高さはかなりのもの。

ZX-25Rの時も早くから報じていましたよ。

 

最初に報じられたのは少し前に戻り、2020年3月号です。

さすがにもう書籍は無いかもですが…電子版はまだ販売されているハズ。

 

ちなみにヤングマシンさんの予想CGはこんな感じで紹介されています。

出典:WEBヤングマシン

もちろん4気筒で予想していますね。

 

発売時期に関して…と言いますか、そもそも発売されるのかどうかから不明な状況ではあります。

出るとしても2022年頃…ではないかと個人的には思っていますよ。

 

ZX-25Rがあれだけ話題になっているわけで、日本でも秋頃には発売予定。

これの売れ行きと性能をしっかりと確認して、それを上回るモデルをぶつけてくるのではないでしょうかね?

となると、早くても2021年中に発表できるかどうか…というところになるかと思います。

スポンサーリンク

CBR250RR-Rの価格はいくら?

CBR250RR-Rの価格ですが、現状未定となっています。

これまた非常に予想が難しいところ…。

ZX-25Rも現時点では値段は不明なものの、90~100万円程度ではないかと思われます。

 

現行のCBR250RRはと言うと、ABS付きのモデルが82万1,700円からとなっています。

250ccでも高性能高品質モデルなら高額でも売れる…というのはCBR250RRで実証済み。

ただし、ZX-25Rの後になることから「現行クラス唯一の4気筒」という価値は無いわけで…。

となると、ZX25-Rよりも少し高いくらいになるのでは?

 

具体的には100万ちょっと越え、110万円くらいかなと思われます。

この辺りはもう少し情報が出てきたら、改めて考えてみたいと思いますよ。

CBR250RR-Rのスペックは?

CBR250RR-Rのスペックですが、現状未定となっています。

CBR250RRはマイナーチェンジしましたからね、名称が別になる可能性は否定出来ないですが…やはりRR-Rは4気筒となるのではないでしょうか?

 

スペックは現時点では全くもってわかりませんが、かなりハイスペックな方向に振ってくることは予想出来ます。

ZX-25Rも相当のハイスペックモデルと言って良いのですが、少なくとも同等以上になるでしょう。

過去の歴史の繰り返しではありませんが、ホンダが後から凄いモデルを出してきてシェアを奪うというのは度々ありましたね。

 

まぁ先駆けとなったのは…今まではカワサキではなくスズキが多かった印象ですが。

RZ250がTZ250レプリカという声もありますが、やはりレーサーレプリカの先駆けはRG-250Γでしょう。

そこにKR250やNS250が出てきて、ヤマハの本気がTZR250で…。

しかし結局はホンダが本気のNSR250を出し、全てを持って行くという流れに。

 

ミニバイクでもスズキがギャグでジャンルを開拓。(本来の目論見ではなかったようですが)

そこにヤマハがYSR50で追従。

ここまでは遊び心溢れるおもちゃ的なジャンルだったものの…ホンダがNSR50で高性能路線になりシェアを独占。

ヤマハこそTZM50で追従しましたが…結局はホンダが勝利といった状況になっています。

 

現在の250ccフルカウルスポーツに関しては、ニンジャ250のシェアを奪いきったとは言えない状況なだけに…ZX-25Rにも並々ならぬライバル意識があるような気がするんですよね。

かなりスペックから逸れた話にはなりましたが、こんな歴史の繰り返しなだけに…ホンダの本気モデルが見られるような気がしますよ。

スポンサーリンク

CBR250RR-Rのカラーラインナップは?

CBR250RR-Rのカラーラインナップですが、現状未定です。

とりあえず真っ先に予想出来るのが、ワークスカラーであるホンダトリコロール。

現行のCBR250RRでも、新型のCBR1000RR-Rでもグランプリレッドとして販売されているあの色です。

 

あとは…初年度はとか、地味なカラーリングの2色展開になるのではないでしょうか?

赤かもしれませんが単色系の1色と、グランプリレッドの全2色といった感じで。

翌年からカラーラインナップが増えていくのではないでしょうかね?

 

しかし最近はレプソルカラーとかが日本では売られていなくて寂しいところ。

(車種によっては海外では販売されている)

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

CBR250RR-Rの発売日は未定だが…2022年とか?

価格も不明だが110万円~くらい?

スペックは不明もハイスペックモデルとなるだろう

カラーラインナップは不明

 

果たして本当にホンダから4気筒は出るのでしょうか?

しかし…ホンダならやってくれるような気がします。

 

下記の記事でバイクの買取業者を比較しています。

乗り換えを検討中の方は是非ご覧下さい!

 

こちらも合わせてどうぞ!・バイクシーズン到来!春・夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。