オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

YZF-R125の新型の国内発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

calendar

なんとYZF-R125の新型がヨーロッパで発表されています!

ノーチェックな存在でしたが…なかなか色々と変わった部分があり興味深い存在と言えそうですよ。

 

旧型はフランス製で…日本国内でも販売店さんが輸入していましたが、かなり高価な車両でしたよね。

新型の発売日や国内販売の有無などが気になるところ。

 

また値段がどのくらいとなるのか、スペックはどう変化したのかも大事です。

なんだか125ccスポーツが熱くなってきましたね。

スポンサーリンク

新型YZF-R125の基本情報!

メーカー:ヤマハ
車種名:YZF-R125
排気量:124.7cc
発売日:2019年?
価格:40万円程度?
カラー:全3色

新型YZF-R125の日本販売はいつ?

新型YZF-R125の発売日ですが、現状不明となっています。

とりあえず既にヨーロッパでは公式ページが完成していますよ。

とりあえずイギリスのものを紹介します。

YAMAHA UK

 

公式サイトには…正直あまりこれといった情報は出ていませんね。

対したことは書かれていませんが、公式Twitterにも情報が出ています。

 

このタイミングで発表になったということは、恐らく10月頭のインターモトで実車展示となるでしょう。

となると…欧州では2018年末までには販売を開始するかもしれません。

 

気になる日本での国内販売ですが…以前よりも可能性がありそうですね。

というのも、旧型は冒頭で紹介したようにフランス製。

あまり日本と関りがないようで…R125に限らず日本には入ってきていません。

 

しかし今度の新型はどう見ても見た目がインドネシアのYZF-R15 V3と同じ。

間違いなくインドネシア仕様の排気量ダウンとなるでしょう。

出典:YAMAHA INDONESIA

 

インドネシア製と言えば兄貴分であるYZF-R25や、NMAX等がありますよ。

日本で嬉しい125ccですし、導入される可能性は高いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

新型YZF-R125の価格はいくら?

新型YZF-R125の価格ですが、現状不明となっています。

旧型も日本に輸入はされていますが…あまり参考に出来ないような高額ですよね。

 

新型が日本に入ってくるか、現状ではわかりませんが…入ってきた場合の価格を予想してみたいと思いますよ。

まずはインドネシアのYZF-R15が35,300,000ルピアです。

日本円にすると約26万8,880円といったところ。

 

インドネシアと日本の価格差を見るために、R25を見てみましょう。

YZF-R25はABS付きが63,000,000ルピアで、ABS無しが57,000,000ルピアとなっています。

日本円にすると約47万9,870円の、約43万4,170円となります。

 

日本のYZF-R25はと言うとABS付きが61万0,200円の、ABS無しが56万7,000円です。

日本価格はインドネシア価格の約1.29倍といった計算になりますよ。

 

となると、YZF-R15の日本価格は計算上34万6,860円程度に。

ただし、R15にはABSが装備されていません。

ABSの有無はR25を見ると、45,700円の差となっています。

 

単純にその額を上乗せすると、39万2,560円ですね。

GSX-R125が38万6,640円でして、カワサキのNINJA 125は価格が発表されていないもののこちらの記事41万7,270円と計算しました。

ホンダはCB125Rが44万8,200円ですが…あれはまたちょっと高級路線気味。

 

といったことを考えると、R125は計算上の約40万円というのは良い線付いているような気がしますね。

一応40万円と予想しておきます。

スポンサーリンク

新型YZF-R125のスペックは?

新型YZF-R125のスペックですが、既に発表されています。

…と思ったら、公式サイトのスペックは旧型のままですね…。

 

海外のメディアでは断片的にスペックが発表されているので、ある程度の情報は出ている模様。

いくつかのサイトをチェックしましたので、それをまとめてみます。

せっかくなので旧型と、R15と比較してみましょう。

車名  YZF-R125 (New)  YZF-R125 (Old)  YZF-R15
型式      
全長[mm]    1,955  1,990
全幅[mm]    680  725
全高[mm]    1,065  1,135
ホイールベース[mm]    1,355  1,325
シート高[mm]  825  825  815
重量[kg]  142  142  137
エンジン型式    水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  124.7  124.7  155.1
ボア×ストローク[mm]    52.0×58.6  58.0×58.7
圧縮比    11.2  11.6
最高出力[ps/rpm]  15/9,000  15/9,000  19.3/10,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  1.26/8,000  1.25/8,000  1.5/8,500
タンク容量[L]  11  11.5  11
フレーム  デルタボックス  デルタボックス  デルタボックス
トランスミッション  6速リターン  6速リターン  6速リターン
キャスター    25°00′  
トレール[mm]    89  
フロントフォーク  Φ41mm倒立  Φ41mm倒立  Φmm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ    Φ292mmシングル  Φ282mmシングル
Rブレーキ    Φ230mmシングル  Φmmシングル
Fタイヤ  100/80-17  100/80-17  100/80-17
Rタイヤ  140/70-17  130/70-17  140/70-17
税込価格      

 

寸法関係は恐らくR15と同様になるかと思います。

重量がR15に比べて5kgアップしているのは…なんでしょうね?

重くなる要素はABSくらいなので、表記の関係や乾燥重量や装備重量などの関係でしょうか?

 

画像(次で詳しく紹介)を見ると、フロントのディスクが左右逆になっており…R125はラジアルマウントですね。

元々R125はラジアルマウントではありますが…。

スポンサーリンク

新型YZF-R125のカラーリングと画像!

新型YZF-R125のカラーラインナップですが、全3色のようです。

イギリスの公式ページを見ても、青、黒、白の3色が発表になっていますね。

 

なぜか青以外に切り替わらず、他のカラーは見れないのですが…海外のメディアさんが報じていますね。

出典:TMC blog.com

 

公式画像の多くが、かなり走りを意識させるものとなっています。

出典:YAMAHA UK

 

公式動画もサーキットを走るものとなっていますね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型YZF-R125の発売日は2019年?

恐らく日本にも入ってくるのでは?

価格は不明も40万円程度?

スペックはR15がベース

 

125ccクラスのスポーツ車が各メーカー勢ぞろいとなりそうな感じですね。

あとはホンダですが…度肝を抜くようなCBR125RRとか出してくるでしょうか?

 

ミニバイクレースでもこのクラスはありますし、選択肢が増えるのは良いですね。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。