オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

CB650Rの新型の発売日は2019年?価格やスペックはどうなる?

calendar

どうやらホンダからCB650Rなる車種が出るようですね。

確かにCB-Rシリーズはというと、CB1000Rが最大排気量であり、他には300、250、150、125と存在しており…中間排気量が空いているんです。

 

そしてフランスでは以前からちょっとした噂と言うか…があったんですよね。

そんな中ドイツのインターモトに向けてティザー広告が公開されています。

これはもうCB650Rの発売は間違いないでしょう!

 

となると、気になるのは発売日がいつになるのかですよね。

特に日本国内販売があるのかどうか…。

 

そして値段スペックといった辺りもどうなるのか気になりますね。

今回はそんなCB650R情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

CB650Rの基本情報!

メーカー:ホンダ
車種名:CB650R
排気量:648cc
発売日:2019年
価格:9,199ドル(米)
カラー:全4色

・2018.12.11 発売日に関する追記は→追記箇所へ

・2018.12.11 価格に関する追記は→追記箇所へ

CB650Rの発売日はいつ?

CB650Rの発売日ですが、恐らく2019年になるでしょう。(追記有り)

ホンダの公式Facebookに「NEO SPORTS CAFE」のティザー広告が出ています。

 

このように第1段は全く車種情報はありませんね。

2018年10月3日と書かれており、これはドイツのインターモトの日付となっています。

(フランスのパリモーターショーでの発表でした)

 

そしてこちらの第2段ではクラッチカバーがアップとなっています。

 

このカバーですが、CB650Fのものと全く一緒ですね。

画像作ろうかと思いましたが…既にヤングマシンさんが記事にしているのでそちらをご覧下さい。

ヤングマシンWEB

スポンサーリンク

2018.10.04 追記

パリモーターショーでコンセプトモデルである、ネオスポーツカフェコンセプトが発表されました。

ほぼ間違いなくCB650Rのコンセプトモデルでしょう。

 

そしてどうやら市販モデルは11月のEICMAで発表となるようです。

あくまでもコンセプトですので、このままではないでしょうが…CB1000Rの時を考えると、ほぼこのままで発売になるでしょう!

 

コンセプトの画像はこんな感じです。

出典:MoreBikes

 

リアがスタンドにかかっているので…角度が違うのですが、CB650Fとの比較画像も作ってみました!

 

倒立フォークラジアルマウントのフロントキャリパーが見えますね。

エンジンは事前情報通り、恐らく同じものかと。

 

スイングアームはマフラーで見にくいですが…同じようにも見えますね。

メインフレームは微妙に形状が変わっているようにも見えます。

少なくともシートレール…サブフレームに繋がる部分が違いますね。

スポンサーリンク

2018.11.08 追記

EICMAで発表され、既にヨーロッパでは公式ページが出来ていますよ。

カラーリングは全4色でしょうか?

出典:HONDA UK

 

また、発売時期の明言はありませんが…日本でも発売することも明らかにされています。

EICMA2018に出品した下記モデルは、日本での販売を予定しています。

CB650R、CBR650R

出典:本田技研工業株式会社

 

コンセプトモデルに比べると、随分とCB1000Rと言いますか…CB-Rシリーズに寄せてきた印象です。

2018.12.11 追記

ヤングマシンさんがドリーム向けの新製品内見会を記事にしています。

そちらで予定発売時期と予定価格が報じられていますよ!

ヤングマシンWEB

 

こちらによると2019年3月中旬が発売予定となっています。

スポンサーリンク

フランスホンダのCEOへのインタビューで存在が明らかに!

で、冒頭でも触れたように実は以前からフランスで噂というかが出ています。

ソースはこちらの記事ですね。

MOTOCICLISMO(イタリア語)

 

ザっとかいつまむとこんな感じです。

・フランスホンダのCEOへのインタビュー
・650ccモデルが2モデル発売
・数ヶ月以内で発表
・ホーネットではないか?

 

海外ではCB650Fにホーネットというペットネームが付いています。

そしてクラッチカバーがCB650Fのものと同じでネオスポーツカフェとなれば…CB650FがCB650Rになるのは間違いないでしょう。

 

じゃあもう1モデルは何か?

海外ではCB650Rと新型CB650F(ホーネット)ではないかという報道が多かったですね。

ですが、個人的にはヤングマシンさんの記事に書かれている新型CBR650F説を推したいと思いますよ。

つまりCBR-Rシリーズの650cc版ですね。

現行のCBR650Fが新型となり、他の車種に合わせてCBR650Rに名称が変わるというものです。

2018.11.08 追記

CBR650Rも発表されています。

こちらは別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

CB650Rの価格はいくら?

CB650Rの価格ですが、現状不明となっています。(追記有り)

今のところ特に情報は出ていませんね。

 

参考になりそうなのは…やはりCB1000Rでしょうか?

お値段163万6,200円となっています。

ちなみにCB650F92万3,400円でして、CBR650F99万9,000円となっています。

 

さて、そうなると…100万は間違いなく超えてきそうな感じですね。

CB-Rシリーズは正直…わりと強気な価格設定かと。

そうなると、130~140万円程度となりますかね?

 

値段に関してはインターモトでも明らかにされない可能性も。

ですが、もう少し情報が出てきた方が予想しやすいですね。

2018.11.08 追記

アメリカホンダで価格が明らかになっています!

そちらによると8,899ドル9,199ドル(ABS)とのこと。

日本ではABSのみでしょうから、9,199ドル…約104万4,910円程度です。

 

ちなみにアメリカではCB1000Rが12,999ドル(約147万6,560円)です。

日本のCB1000Rは163万6,200円ですね。

となると日本価格はアメリカ価格の1.11倍程度ということに。

CB650Rは115万9,850円という計算になりますね。

 

計算上は予想していたよりも安くなりそうな予感ですが…果たして?

2018.12.11 追記

価格に関しても明らかになっています。

予定価格が96万1,200円だそうで、かなり安いと言って良いのではないでしょうか?

アメリカホンダの価格がほぼそのままですが…となると、CB1000Rの日本価格が高かった…ってことですかね?

スポンサーリンク

CB650Rのスペックは?

CB650Rのスペックですが、現状不明となっています。(追記有り)

こちらもほとんど情報がありません。

 

先ほど紹介したように、クラッチカバーがCB650Fのものと同じように見えるということくらいですね。

となると…基本的なエンジンのベースは変わらずでしょうか?

CB650FのRC83Eをベースにしたエンジンが搭載されることになりそうですが、どのくらい手を入れてくるか…ですね。

 

今のところ全く情報は無いですが、こちらはある程度インターモトで発表されるでしょう。

一応比較出来るようにCB650FとCBR650Fと並べたスペック表を作っておきます。

車名  CB650R  CB650F  CBR650F
型式    2BL-RC83  2BL-RC83
全長[mm]  2,130  2,110  2,110
全幅[mm]  780  780  755
全高[mm]  1,075  1,075  1,145
ホイールベース[mm]  1,450  1,450  1,450
シート高[mm]  810  810  810
重量[kg]  202  208  213
エンジン型式  水冷直列4気筒DOHC  水冷直列4気筒DOHC  水冷直列4気筒DOHC
総排気量[cc]  649  648  648
ボア×ストローク[mm]  67.0×46.0  67.0×46.0  67.0×46.0
圧縮比  11.6  11.4  11.4
最高出力[ps/rpm]  95.2/12,000  90/11,000  90/11,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  6.5/8,500  6.5/8,000  6.5/8,000
タンク容量[L]  15.4  17  17
フレーム  ダイヤモンド  ダイヤモンド  ダイヤモンド
トランスミッション  6速リターン  6速リターン  6速リターン
キャスター  25°50′  25°30′  25°30′
トレール[mm]  101  101  101
フロントフォーク  Φ41mm倒立  Φ41mm正立  Φ41mm正立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φ310mmダブル  Φ320mmダブル  Φ320mmダブル
Rブレーキ  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル
Fタイヤ  120/70ZR17  120/70ZR17  120/70ZR17
Rタイヤ  180/55ZR17  180/55ZR17  180/55ZR17
税込価格    92万3,400円  99万9,000円~

2018.11.08 追記

スペックも明らかになっているので、イギリス仕様を表に追記しました!

また、装備類に関しては公式動画が非常にわかりやすいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

CB650Rの発売日は2019年3月中旬

価格は96万1,200円

スペックは現状本文内で

 

これで一通りネオスポーツカフェのラインナップが埋まることになりますね。

個人的には600cc辺りの排気量って良いと思うんですけど…あまり人気はないようで。

 

まぁですが、ほぼ間違いなく日本でも販売されるかと思いますよ。(決定です!)

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。