オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

原付は無くなるのか?排ガス規制で絶滅後は免許改正か電動化か?

calendar

日本が誇る名車とも言えるモンキーの生産終了が記憶に新しいですよね。

排ガス規制が直接の原因となりましたが、「原付」という存在が無くなるのではないかと言われています。

果たして原付は絶滅してしまうのでしょうか?

 

今回は原付全滅はいつ頃になるのか、無くなった後はどうなるのかを考えてみたいと思います。

今のところ有力視されているのは2020年での終了ですね。

 

そしてその後は免許制度の改正か電動バイクへの以降かと言われています。

スポンサーリンク

原付が無くなるのは2020年?

原付が無くなるのは2020年ではないかとされています。

と言うのも2020年に新しい排ガス規制が予定されているからなんです。

 

2016年10月にも欧州の規制であるEURO4とほぼ同等の排ガス規制が適用されました。

その際に冒頭で触れたモンキーを始め、SR400などの名車が軒並み生産終了となっていますよね。

 

2020年には更に厳しいEURO5と同等の排ガス規制が日本で適用される予定となっています。

この規制をクリアすることは技術的には可能なのですが…そのためのコストが非常にかかるんですね。

 

原付はある意味で安さも売りの1つですから、排ガス規制に対応して30万円とかになったら…誰が買うのかと。

そして原付…正しくは原付1種ですが、これは日本独自の排気量となっています。

 

世界を見渡してみると、東南アジアでは110cc程度が1番小さい排気量となっており、主流は150ccです。

欧州では125ccというのが日本で言う50ccと同じような扱いなんですよね。

 

完全に作らなくなる、ということはないかもしれませんが…ほぼ絶滅状態になる可能性は高いと思います。

スポンサーリンク

原付が無くなった後は免許改正?

原付が無くなった後は免許改正が噂されていますが、これは可能性は高くないかと思います。

この件に関しては別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

ザッと概要だけ紹介すると、普通自動車の免許で125ccまで乗れるようにしようという案となっています。

ですが安全面などの問題を含め、解決すべき問題は山積みといった感じです。

 

これが実現すると日本国内での125ccの販売台数も増えるでしょうから、この排気量の車両が少し安くなったり…なんて期待はありますよ。

残念なことですが自転車感覚で50ccに乗っている、非常に危険な方を見かけることも多いです。

そういったことを考えると、簡単に改正賛成とも言えないのが現状ですよね。

スポンサーリンク

原付が無くなった後は電動バイク?

原付が無くなった後は電動バイクが主流となるという意見ですが、個人的にはこちら派ですよ。

まだまだ電動バイクも発展途上であり、正直実用的とは言えない状態ではあります。

しかしこちらに力を入れて、2020年頃にはそれなりに使える電動スクーターが発売されるのではないかと思っています。

 

ホンダとヤマハが原付の分野での業務提携を発表しており、2018年頃からヤマハの50ccはホンダのOEMになると発表されました。

ですが、だけでなく「電動二輪車」でも業務提携なんですよね。

プレスリリース紹介します。

 

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、Honda)と、ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ)はこのたび、日本国内の50cc原付スクーターや、電動二輪車を含めた原付一種※領域での協業に向けた業務提携について検討を開始しました。

近年、日本では電動アシスト自転車や軽自動車など、近距離での移動手段の多様化により、原付一種市場は縮小しています。また、強化される保安基準や排出ガス規制など法規制への対応、さらには電動化の推進など、二輪車メーカーとして取り組むべき課題に直面しています。

こうした環境下、Hondaとヤマハはこれらの課題解決に向けた協力が必要、との共通認識に立ち、以下の項目に関して日本国内での原付一種領域における協業を目指します。

出典:本田技研工業株式会社

 

ヤマハは電動スクーターで先を行っているイメージがありますし、ホンダも郵政カブを電動化していくなんて話がありました。

今後は手軽な日常の足、シティコミューターとしての役割は電動バイクが担っていくのではないでしょうかね?

 

どんな電動バイク(スクーター)があるのか、おすすめ車種を比較した記事がありますので関連記事からどうぞ!

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

原付は2020年の排ガス規制で絶滅の可能性あり

原付が絶滅しても免許制度の改正はない…かも

原付が絶滅後は電動バイクが代わりとなりそう

 

良い機会ですので30km/h規制や二段階右折なども含めて見直してくれると良いのですけどね…。

初めてのバイクは原付だった…そこからバイクの世界に入った…って方は多いと思います。

「原付」にこだわりはないですが、そういった手軽さのあるカテゴリーは存続してほしいと思いますよ。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。