オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

XSR155の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?XSR125は出るの?

calendar

ヤマハのネオレトロとして人気のXSRシリーズ。

現状は700と900しかありませんが、155ccの噂が出ていますね。

250ccと300cc(320cc)、更には125ccも噂があるように…ベースとなるMTシリーズがありますので可能性はどの排気量も捨てきれないところ。

 

そんなXSRですが、インドネシアではなかなか現実的なXSR155の噂が聞こえてきています。

気になるのは発売日や、日本での国内販売があるのかどうか…。

更には値段スペックなんかも気になるところですよね。

 

今回はそんな小排気量ネオレトロのXSR155について見ていきたいと思います。

XSR250に関しては別記事が詳しいので、そちらもどうぞ!

スポンサーリンク

XSR155の基本情報!

メーカー:ヤマハ
車種名:XSR155
排気量:155cc
発売日:2019年8月16日(泰)
価格:9,1500バーツ
カラー:全4色

・2019.08.16 タイで発表されました!

発売日に関する追記は→追記箇所へ

価格に関する追記は→追記箇所へ

スペックに関する追記は→追記箇所へ

カラーラインナップに関する追記は→追記箇所へ

・2019.09.05 SOXさんで輸入予定→追記箇所へ

XSR155の発売日はいつ?

2019.09.05 追記

輸入車と言えば!のバイカーズステーションSOXさんで輸入決定だそうです!

このTweetの通り11月入荷予定とのこと。

気になる方は早めに問い合わせてみて下さい!

2019.08.16 追記

事前情報通り、本日タイで発表されました。

発売に関しては…不明ですがとりあえず、現時点ではタイでのみ存在が確認出来ます。

下記動画は発表会の様子ですが…めちゃくちゃ長いので、開始箇所をXSR155が出てくるところに設定しました。(27分55秒辺りからどうぞ)

 

気になるのは日本での国内販売ですが、正規ラインナップの可能性は低いかと…。

恐らくバイカーズステーションSOXさんを始めとする、輸入車に強い会社は仕入れるかと思います!

そちらに期待ですね。

2019.08.06 追記

タイ、インド、インドネシア等で新たな情報が出てきています。

インドネシアのメディアであるTMC blogさんの記事がわかりやすいでしょうか。

TMC blog.com(インドネシア語)

 

こちらによると、コードネームがB1Vと判明しておりタイで2019年8月16日に発売?されるとのこと。

実に来週末となりますので…発売ではなく発表のような気がしますね。

ここで情報が明らかになる…って感じではないでしょうか?

スポンサーリンク

2019.07.06 元記事

XSR155の発売日ですが、2019年末頃にインドネシアで…と予想されています。

なぜかタイやインドのメディアさんで情報が活発なのですが、2019年末頃という予想が多いですね。

ちなみにインドのメディアであるINDIAN AUTOS BLOGさんでは、具体的に2019年11月までに…となっていますよ。

INDIAN AUTOS BLOG(英語)

 

確かにベース車両はYZF-R15であり、MT-15であるわけで…作る気になればそれほど時間はかからないものと思われます。

そしてR15、MT-15の流れとなると…日本での正規ラインナップは無いということに…。

しかしMT-15の新型はバイカーズステーションSOXさんが輸入することを発表していますよ!

 

現状どうなるかわかりませんが…XSR155が発売された場合、恐らく日本発売は無し。

どこかの販売店さんが輸入してくれることに期待…という感じになりそうです。

スポンサーリンク

XSR155の価格は?

2019.08.16 追記

タイで正式に発表され、91,500バーツとなっています。

日本円にすると約31万4,950円といったところ。

日本とタイの価格差が約1.38倍ですので…約43万4,630円ということに。

 

ただ…恐らく正規ラインナップはされないでしょうから、SOXさん価格で見てみましょう。

インド仕様ではありますが、YZF-R15(Ver.3.0)が29万9,000円で、支払い総額が38万5,000円となっています。

タイでのYZF-R15は97,500バーツですので、XSR155は約0.94倍。

となると、XSR155のSOX価格は28万1,060円の、支払い総額36万1,900円という計算に。

もちろんキリの良い数字にしてくるでしょうし、YZF-R15がインド仕様を輸入しているっぽいので…変わってくる部分もあるかと思います。

まぁですが、以前の予想通り40万円以下では乗り出せそうな雰囲気ですね。

2019.07.06 元記事

XSR155の価格ですが、現状未定となっています。(追記あり)

参考になるであろう車種は、もちろんYZF-R15MT-15です。

どちらもタイ価格を見てみましょうか。

YZF-R15・・・97,500バーツ(約34万3,310円)
MT-15・・・98,500バーツ(約34万6,830円)

そしてタイと日本の価格差は約1.38倍程度。

R15が約47万3,770円の、MT-15が約47万8,630円という計算になります。

 

恐らくR15とMT-15と同等の価格となるかと思いますが…日本ではXSR700/900ってMT-07/09に比べると割高な価格設定でしたね。

そして、先ほども少し紹介しましたがMT-15はバイカーズステーションSOXさんが輸入しており、車両価格が28万9,000円で支払総額37万1,000円となっています。

XSR155が発売されても日本ではラインナップに加わらないでしょうから…同じようにSOXさんなどが輸入して40万円弱ってところでしょうか?

スポンサーリンク

XSR155のスペックは?

XSR155のスペックですが、現状未定となっています。

現状まだまだ情報が不足しているといった状態です。

しかしベースモデルは何度も書きますがR15とMT-15ですので、ある程度スペックの参考にはなりますね。

この2台と比較出来るように、スペック表を用意しておきます。

※2019.08.16スペック追記

車名  XSR155  YZF-R15(タイ仕様)  MT-15(タイ仕様)
型式      
全長[mm]  2,000  1,990  1,965
全幅[mm]  805  725  800
全高[mm]  1,080  1,135  1,065
ホイールベース[mm]  1,330  1,325  1,335
シート高[mm]  810  815  810
重量[kg]  134  137  133
エンジン型式  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  155  155  155
ボア×ストローク[mm]  58.0×58.7  58.0×58.7  58.0×58.7
圧縮比  11.6  11.6  11.6
最高出力[ps/rpm]    19.3/10,000  19.3/10,000
最大トルク[kgf-m/rpm]    1.5/8,500  1.5/8,500
タンク容量[L]  10.0  11.0  10.0
フレーム  デルタボックス  デルタボックス  デルタボックス
トランスミッション  6速リターン  6速リターン  6速リターン
キャスター  25°70′  25°50′  25°70′
トレール[mm]  89  88  89
フロントフォーク  Φmm倒立  Φmm倒立  Φmm倒立
リヤサスペンション  リンク式モノショック  リンク式モノショック  リンク式モノショック
Fブレーキ  Φmmシングル  Φ282mmシングル  Φmmシングル
Rブレーキ  Φmmシングル  Φmmシングル  Φmmシングル
Fタイヤ  110/70-17  100/80-17  110/70-17
Rタイヤ  140/70-17  140/70-17  140/70-17
税込価格      
スポンサーリンク

XSR155のカラーラインナップ

2019.08.16 追記

XSR155のカラーラインナップですが、タイで全4色が発表されています。

出典:YAMAHA Thailand

 

微妙に位置ズレ・角度ズレしている辺り…全色写真を撮っているんでしょうね。

コンピューターで色変えているだけじゃないんだ…と思ったり…。

 

公式に推しているっぽいのはアルミシルバーに茶シートでしょうか?

なんだかホンダのアレ…っぽい気がしませんか?

往年のヤマハファンにはもちろん、赤白でしょう。

個人的には黒フレームに黒タンクという、真っ黒仕様が気に入りました。

2019.07.06 元記事

XSR155のカラーラインナップですが、現状未定となっています。

予想CGでお馴染みのJulak Sendie DeSignさんが予想CGを作っており、を公開しています。

出典:Julak Sendie DeSign

 

どちらもヤマハらしいカラーリングでカッコいいです。

見た目に関してもほぼこのまま…という感じになるのではないでしょうかね?

XSR125は出るのか?

XSR125ですが…かなり予想が難しいところです。

というのも、元々150ccのモデルはインドネシア生産で、125ccはヨーロッパ生産だったんです。

互換性がないモデルだったんですよね。

 

それが新型のYZF-R125は欧州でもインドネシア製のR15がベース。

製造国等はわかりませんが、インドネシアのR15の排気量違い…と言って良さそうです。

 

しかしMT-125はインドネシアのMT-15…ではなく、元々の欧州製MT-125が進化って感じです。

スペックを見てもMT-15がベースではなさそうに見えますね。

 

ということでXSR155が発売された場合、XSR125が発売されるのかというのは…かなり難しい予想に。

しかしヨーロッパではXSRの人気も高いようですし、ワンチャンあるかもしれません。

日本的には125ccの方が嬉しい、って方が多いでしょうから…是非ともXSR125も発売となってほしいものです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

XSR155の発売日は2019年11月にSOXさん取扱予定

日本の国内販売は期待薄、SOXさんの輸入決定

価格は91,500バーツ(これを基にした国内価格は本文内で)

スペックは本文内で

XSR125は…可能性は低そうだが期待したい

 

最近はジクサーの成功からもわかるように、125ccを超えても人気のあるモデルというのもあるんですよね。

軽軽二輪なんて言葉もありますし。

XSR155も是非とも日本で販売してほしいものです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・2019最新モデル秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。