オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

【電動バイク】折りたたみを徹底比較!公道OK、原付クラスの価格や走行距離!

calendar

最近じわじわと人気が出てきているのが、折りたたみ式の電動バイク。

畳んでコンパクトになるので、駐車場や駐輪場が確保出来ない都内の方や、車に積んでアウトドアに持ち出したり。

その手軽さと利便性が人気となっていますよ。

 

似たような製品が非常に多く…果たして何がどう違うのか…って感じですよね。

ということで、折りたためる電動バイクの代表的な車種をいっぺんに比較しちゃいたいと思います!

スポンサーリンク

徹底比較!折りたたみ式の電動バイク8選!

今回紹介する折りたたみの電動バイクは、下記8種類となっています。

・glafitバイク GFR-01
・原付 電動自転車バイク「まめ吉」
・BLAZE SMART EV
・UPQ BIKE me01
・BIT Japan ScootMan S8
・ACCESS Cute-mL
・SMART SCOPA AK-1
・Lehe K1 Smart e-bike

 

最も大きな違いとしては、折りたたみ方がかというところ。

今回は最初に紹介する2車種が横折り、残りの6車種が縦折りとなっています。

 

それでは個別に紹介していきますよ。

スポンサーリンク

glafitバイク GFR-01 (横折り)

出典:glafit

走行距離:約40km
最高速度:約30km/h
充電時間:約4~5時間
車両重量:約18kg
定価:150,000円(税込)

まずは大人気のglafitバイク GFR-01です。

和歌山県のベンチャー企業なのですが、先日ヤマハ発動機と資本業務提携を結んだことが話題になりました。

 

パッと見は折りたたみ自転車ですね。

電動アシスト自転車と違い、ペダルを漕がずにバッテリーとモーターだけで進むことも可能となっています。

 

GFR-01の詳細は別記事が詳しいので、こちらも是非ご覧になって下さい。

原付 電動自転車バイク「まめ吉」 (横折り)

出典:モービルジャパン

走行距離:約40km
最高速度:約30km/h
充電時間:約6~7時間
車両重量:約24.5kg
定価:180,000円(税込)

モービルジャパン株式会社の、まめ吉です。

宮城県の会社でして、電動の三輪バイクが主力製品ですね。

 

こちらも横に折りたたむタイプとなり、パッと見は折りたたみ自転車です。

同じくペダルを漕ぐことも可能で、モーターだけでの走行も可能となっています。

スポンサーリンク

BLAZE SMART EV (縦折り)

走行距離:約30km
最高速度:約30km/h
充電時間:約3.5時間
車両重量:約18kg
定価:138,240円(税込)

ここから縦折りタイプの紹介です。

名古屋の株式会社ブレイズさんの製品ですね。

このタイプでは最もメジャーな製品と言っても良いかもしれません。

 

SMART EVの詳細は別記事が詳しいので、こちらも是非ご覧になって下さい。

UPQ BIKE me01 (縦折り)

出典:株式会社UPQ

走行距離:約35km
最高速度:約30km/h
充電時間:約3.5時間
車両重量:約18kg
定価:137,160円(税込)

こちらは東京都の株式会社UPQさんの製品です。

縦折りのタイプとなり、先ほどのSMART EVと非常に似たものとなっていますね。

スポンサーリンク

BIT Japan ScootMan S8 (縦折り)

出典:BIT Japan

走行距離:約35km
最高速度:約30km/h
充電時間:約4時間
車両重量:約22.5kg
定価:199,800円(税込)

こちらは東京都の株式会社ビット・ジャパンさんの製品です。

縦折りのタイプとなり、構造は先ほどまでに紹介したものと似ていますね。

 

なのですが、これはなんと折りたたみと展開が自動で可能です!

ACCESS Cute-mL

走行距離:約30km
最高速度:約30km/h
充電時間:約3~5時間
車両重量:約25kg
定価:144,000円(税込)

こちらは山梨県のACCESSさんの製品です。

折りたたみだけではなく、一般的なスクータータイプの電動バイクも販売していますよ。

 

同様の構造の縦折りタイプですが、デザインが結構異なります。

グリップエンドがウインカーになっているのが面白いですね。

スポンサーリンク

SMART SCOPA AK-1

走行距離:約35~45km
最高速度:約30km/h
充電時間:約3~4時間
車両重量:約22.5kg
定価:181,440円(税込)

こちらは大阪府のFID株式会社さんの製品です。

セグウェイなどを販売している会社のようですよ。

 

こちらは先ほどのScootman S8と非常に良く似た製品です。

同じくボタン1つで、折りたたみと展開が自動で行われるタイプですね。

Lehe K1 Smart e-bike

走行距離:約35km
最高速度:約40km/h
充電時間:約4.5時間
車両重量:約18kg
定価:オープン価格

こちらは東京都の株式会社アンドゥートロワさんの商品です。

子供服などの会社のようで、電動バイク関連はLehe JAPANで展開という形のようです。

 

BLAZE SMART EVやUPQ BIKEと同様の製品と思って良いかと。

スポンサーリンク

スペックを徹底比較!

上記で紹介してきた製品のスペックを比較してみましょう。

最高速や走行距離は一定の条件下のものとなっており、メーカーにより多少異なることもあるようです。

各メーカーの公称値となりますので、厳密な意味での比較ではないことをご了承下さいね。

 

車種が多くて見づらいのですが…スマホの方は横に向けると少しは見やすいかと思います。

車名  GFR-01  まめ吉  SMART EV  me01  S8  Cute-mL  AK-1  Lehe K1
型式                
全長[mm]  1,250  1,330  1,200  1,220  1,244  1,156  1,244  1,130
全幅[mm]  590  540  650  610  612  578  612  610
全高[mm]  1,050  1,020  950  985  1,095  1,035  1,095  985
重量[kg]  18  24.5  18  18  22.5  25  22.5  18
定格出力[W]  250  350  350  240  350  350  350  350
バッテリー電圧[V]  36  48  –  36  48  48  48  –
バッテリー容量[Ah]  9.6  15  –  8.8  8.7  12  –  –
バッテリー種類  リチウムイオン  リチウム  リチウムイオン  リチウムイオン  リチウムイオン  リチウム  –  リチウムイオン
充電時間[h]  4~5  6~7  3.5  3.5  4  3~5  3~4  4.5
航続距離[km]  40  40  30  35  35  30  35~45  35
最高速度[km/h]  30  30  30  30  30  30  30  40
税込価格  15万0,000  18万0,000  13万8,240  13万7,160  19万9,800  14万4,000  18万4,400  –

 

縦折りタイプの製品は、基本的な構造は同様と思って良さそうです。

会社の案内を見ても「輸入販売」となっている所が多いので、製造元は同じって可能性もありそうですね。

恐らくではありますが、製造元は中国の同じ工場なのでは?

スポンサーリンク

必要な免許とヘルメットについて!

これまでに紹介してきた折りたたみの電動バイクですが、免許とヘルメットが必要です。

全て扱いは50ccの原付と同じになりますので、歩道を走ることも出来ませんよ。

原付の扱いですので、免許は原付免許もしくは普通自動車免許などが必要ってことですね。

 

現行の法律ですと、ペダル付きタイプでも歩道の走行は禁止となっています。

ペダルを漕いでいる状態でも不可…とのこと。

 

原付未満、自転車以上って感じではありますが…道交法的には原付バイクとなっています。

ヘルメットは当然バイク用が必要となり、ノーヘルですと反則金はありませんが違反点数1点ですので注意です。

 

とは言っても車道を走る必要がありますので、安全のためにもヘルメットは必要ですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

折りたたみの電動バイクを8車種紹介

詳細は本文内で比較

 

非常に目の付け所というか、面白い試みの存在ですよね。

現状は原付扱いなので…法律上ちょっと不便な面も多いです。

 

法改正などがあれば、近場の移動手段として定着すると思うのですが…。

 

こちらも合わせてどうぞ!・暑さを乗り切れ!→春夏用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。