オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

MWT-9の発売予定は?免許区分や価格、スペックを予想してみた!

calendar

出典:ヤマハ発動機株式会社

ヤマハが現在開発している3輪バイク、MWT-9が販売される予定になっているようですよ!

2015年の東京モーターショーで展示されてから、ずっと話題になっていましたからね。

 

ヤマハの3輪と言うとトリシティがあるわけですが、あれは想像以上にバイクなんだそうです。

今まで3輪というと、どちらかと言うと車に近い乗り物でしたよね。

 

新時代のバイクとなるのか、非常に気になっているモデルではあります。

発売予定はいつ頃になるのか、必要な免許は何なのか、そして価格はいくらくらいとなるのか、調べてみましたよ。

 

この記事は2017年のプロトタイプです。

発売が決まったNIKENに関しては下記記事が詳しいので、そちらをどうぞ!

スポンサーリンク

MWT-9の発売予定はあるの?

MWT-9の発売予定ですが、2020年の予定とのことです。

当初は2018年頃と言われていましたが、少し伸びて2020年頃になるようですね。

 

この辺りは産経ニュースが報じていますよ。

 

ヤマハ発動機は前輪が2つ付いた3輪バイク(フロント2輪)のラインアップを拡大する。

現行の排気量125~155ccに加え、平成32年までに850cc級の大型車を追加する。

高排気量と安定性を兼ね備えたスポーツ走行の魅力をアピールし、低迷する国内需要の喚起を目指す。

出典:産経ニュース

 

平成32年ということは2020年ですね。

2015年の東京モーターショーでかなり市販に近い状態に見えたので、思ったよりも時間がかかっている印象ではあります。

しかしハッキリと年号を発表したということは、かなり開発は進んで形になっているのでしょう。

2017.10.26 追記

東京モーターショーにてNIKENというMWT-9を引き継ぐモデルが参考出品されていますよ。

「ニケン」じゃなくて「ナイケン」だそうですが、二刀流からイメージされた名前とか。(ニケンじゃん)

しかも2018年に投入とヤマハの柳弘之社長が名言!

詳細は11月6日のミラノ国際モーターショーにて発表の予定だそうです。

出典:ヤマハ発動機株式会社

 

公式のPVも公開されましたよ。

 

NIKENについては別記事を作りましたので、そちらも是非ご覧になって下さい!

NIKENの日本発売日は2018年?国内販売価格やスペックはどうなる?

 

スポンサーリンク

MWT-9の免許区分はどうなる?

MWT-9の免許区分ですが、ほぼ間違いなく大型二輪免許となるはずです。

トライクは結構ややこしく、車の免許で乗れるものもありますよね。

 

例えばカンナムスパイダーとかが有名でしょうか?

こちらは車の免許で乗ることが出来て、ヘルメットの着用義務もないんですよね。

出典:MOTOR PLAZA KAWAI

 

逆にバイクと同じ扱いになるのが、先ほどチラッと名前が挙がったヤマハのトリシティ。

他にはジレラのフォコピアジオのMP3などがありますよ。

 

ちょっと調べてみたんですけど、2009年までは全てのトライクが普通自動車免許で運転出来たそうです。

ですが2009年に法改正が行われ、特定の条件を満たしているトライクは自動二輪車に準じた扱いになることが決まったとのこと。

その条件というのがコチラです。

 

ア 3個の車輪を備えていること。

イ 車輪が車両中心線に対して左右対称の位置に配置されていること。

ウ 同一線上の車軸における車輪の接地部中心点を通る直線の距離が460ミリメートル未満であること。

エ 車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有すること。

出典:平成二十一年内閣府告示第二百四十九号

 

簡単に言ってしまうと、「バイクのように車体が傾斜して曲がるのはバイクと同じですよ」ということですね。

「車のようにハンドルを切って曲がるのは車と同じですよ」と解釈して良さそうです。

スポンサーリンク

MWT-9の価格やスペックを予想!

MWT-9の価格ですが150万円くらいではないでしょうか?

いや、かなり予想は難しい感じですね。

 

その名前の通り、エンジンなどはMT-09の物が使われているんです。

市販時にはどうなるかわかりませんが、まぁ進んでもMT-09の改良型になると思いますが…。

先ほど紹介した産経ニュースでも850cc級と書かれており、MT-09は845ccですし。

 

そんなMT-09の価格が100万4,400円なんですね。

もちろんフロント周りなどは全て新規の部品でしょうし、今までの車種から流用も不可能でしょう。

となるとMT-09と比較すると結構値段は上がってしまうと思うんですよね。

 

ジレラのフォコ500ieも確か130万円くらいしてましたよね?

あれは500ccでしたし、基本はスクーターですから…MWT-9よりは安いような気がします。

…イタリア製だから同クラスよりは高いと考えても、MWT-9の方が高いことは間違いないでしょう。

フォコ500ieはもう10年は前のバイクですしね。

 

ちなみに、なんとヤマハはこの3輪技術であるLMW(リーニング・マルチ・ホイール)は40年も前の1977年から研究していたそうです。

それが市販車として日の目を見たのが2014年発売のトリシティですからね、かなり難しい研究だったと言えそうですね。

そうそう40年前のベース車両はパッソルだったとか。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

MWT-9の発売予定ですが、2020年までに発売される予定! 2018年にNIKEN投入を名言!

MWT-9の免許区分はほぼ間違いなく大型二輪免許となる。

MWT-9の価格は150万円程度と予想してみる。

 

乗り味はどうなのか?果たして新しいバイクの形となるのか、かなり気になるモデルです。

今年の東京モーターショーでも、完成市販モデルにかなり近い物が展示されるのではないかと言われていますよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。