オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

プジョースクーター シティスターの国内発売日はいつ?価格やスペックは?

calendar

プジョーのスクーターが日本に上陸することが話題になっていますが、かなり詳細が判明しましたよ。

販売店さんが個別に輸入しているケースはありましたが、今回は正規輸入となっています。

 

入ってくる車種はDJANGO(ジャンゴ)、SPEEDFIGHT(スピードファイト)、CITYSTAR(シティスター)の3モデル!

ジャンゴとスピードファイトは別記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

 

この記事ではシティスターについて見ていきたいと思いますが、いったいどんなスクーターなのでしょうか?

日本での販売開始時期値段スペックなどを調べてみましたよ。

スポンサーリンク

シティスターの国内発売日はいつ?

シティスターの日本発売日ですが、本日4月21日より予約受付開始となっています。

ルーフ付きのスクーターなどで有名なADIVAさんが、2018年3月より輸入総代理店となり、東京モーターサイクルショーなどでも展示を行いましたね。

 

ADIVAブランドのスクーターもエンジンはプジョー製を使っており、ずいぶんと長いことプジョーとは関わりがある会社なんです。

そんなこともあり、プジョーのスクーターの日本での総代理店となったようですよ。

 

同じく本日、4月21日に東京赤坂にADIVAのショールームがオープンとなっています。

こちらのショールームにはADIVAとプジョーとどちらも展示を行う予定でして、ショールームにて実車を見ながら予約の受付が出来るようです。

遠くて行けないって方は、プジョーの公式ホームページから各車予約も可能となっています。

プジョー公式ホームページ

スポンサーリンク

シティスターの価格はいくら?

シティスターの価格ですが、下記の通りとなっています。

・Smartmotion・・・38万1,240円
・RS ABS・・・39万9,600円
・Black Edition・・・39万9,600円

 

スペックの違いは次の段落で紹介しますが…どうも積んでいるエンジンが違うっぽい感じですね。

RS ABSとBlack Editionは同じエンジンですが、Smartmotionは違うようです。

ホームページにはPowerMotion125エンジンという表記と、SmartMotion125エンジンとなっていますよ。

 

カラーラインナップはそれぞれのモデルで異なる感じですよ。

まずはSmartmotionですが、全2色となっています。

出典:PEUGEOT SCOOTERS

 

そしてRS ABSが1色。

出典:PEUGEOT SCOOTERS

 

Black Editionも1色となっています。

出典:PEUGEOT SCOOTERS

スポンサーリンク

シティスターのスペックは?

シティスターのスペックですが、各モデル表にまとめてみましょう。

車名  Smartmotion  RS ABS  Black Edition
型式      
全長[mm]  1,985  1,985  1,985
全幅[mm]  750  750  750
全高[mm]  1,300  1,300  1,300
ホイールベース[mm]  1,430  1,430  1,430
シート高[mm]  795  795  795
乾燥重量[kg]  143  150  150
エンジン型式  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC  水冷単気筒SOHC
総排気量[cc]  125  124.8  124.8
ボア×ストローク[mm]  52.4×57.8  57.0×48.9  57.0×48.9
圧縮比      
最高出力[ps/rpm]  11/7,400  14.4/9,000  14.4/9,000
最大トルク[kgf-m/rpm]  1.1/5,400  1.2/7,000  1.2/7,000
タンク容量[L]  8.2  9.0  9.0
フレーム      
キャスター      
トレール[mm]      
フロントフォーク  Φ37mm正立  Φ37mm正立  Φ37mm正立
リヤサスペンション  モノショック  モノショック  モノショック
Fブレーキ  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル  Φ240mmシングル
Rブレーキ  Φ210mmシングル  Φ210mmシングル  Φ210mmシングル
Fタイヤ  120/70-13  120/70-13  120/70-13
Rタイヤ  130/60-13  130/60-13  130/60-13
税込価格  38万1,240円  39万9,600円  39万9,600円

 

やはりエンジンが違うことがわかりますね。

フォーク径やブレーキディスク径などは、日本の公式ページには載っていなかったので海外モデル情報となります。

まぁ恐らく日本モデルも同じだとは思いますが…。

 

ミッションは全車CVTとなっていますね。

ブレーキは全車SBC、前後連動ブレーキを採用しています。

モデル名から予想出来ますが、ABSを搭載しているのはRS ABSのみとなっていますよ。

 

気になる各部の画像も紹介しましょう。

まずはSmartmotionです。

出典:PEUGEOT SCOOTERS

 

そしてRS ABS。

出典:PEUGEOT SCOOTERS

 

最後にBlack Edition。

出典:PEUGEOT SCOOTERS

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

シティスターの発売日は2018年4月21日より受付開始

シティスターの価格は38万1,240円~

シティスターのスペックは本文内で比較

 

果たして現在のプジョーのスクーターはどの程度のものなのか…?

信頼性や故障時の対応など気になるところはありますが、値段もそれほど高くはないですよね。

 

3モデル日本に導入され、今後の動向も楽しみと言えそうです。

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。