オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクの置き場所が自宅にない!保管庫として使えるテントやコンテナを紹介!

calendar

バイクを買いたいけど置く場所がない…。

引越しをしたら置いておけるところが無かった…なんてこと、ありますよね。

 

盗難駐禁の心配もありますし、周囲への迷惑を考えると家の近くの道路に停めておく…なんてことも出来ません。

家の敷地にバイクを置けない方はどのようにして保管しているのでしょうか?

 

また、スペースはあるものの雨ざらしで劣化が心配…なんて方もいるでしょう。

今回はそんなバイクの保管の話を見ていきますよ。

スポンサーリンク

バイクの置き場所が自宅にない場合はどうしてる?

バイクの置き場所が自宅にない場合ですが、以下の方法を取る方が多いようです。

・バイク用の月極駐車場を借りる
・車用の月極駐車場を借りる
・駐輪場に置けないか交渉する
・駐車場のデッドスペースを借りれないか交渉する
・レンタルガレージ・レンタルコンテナを借りる

それぞれ個別に見ていきましょう。

バイク用の月極駐車場を借りる

これが最も簡単かつ確実な方法ですね。

ですが、多くの方がこれを出来ずに悩むように…そういったサービスを行っているところが非常に少ないんです。

 

自宅に置けずに、近くにバイク用の駐車場がある方はそこを借りるのが1番ですよ。

 

提携している地域は限定されますが、こちらのサイトからバイク専用駐車場を検索することが出来ますよ。

バイクパークDO物件詳細ページはこちら

特に東京都の23区に強いサイトです。

この地区は駐車違反に厳しいですからね…。

スポンサーリンク

車用の月極駐車場を借りる

バイク用は少ないものの、車用の月極駐車場は結構周囲にありますよね。

ここにバイクを置いても良いか交渉するという手があります。

 

管理者の考え方次第なのですが…トラブルを考慮してか断られるケースも結構あるのが難点なんですね。

ですがいくつか交渉してみると貸してくれるところが見つかる可能性は高いですよ。

 

ただし、当然ですが場所を借りるわけですので車と同じ料金が発生します。

スペースがかなり余ってしまうのが難点ですね。

 

そのスペースを利用して、複数台置くことを交渉してみても良いかもです。

実際私の例ですが、「スペースからはみ出さなければ何台置いても良い」という許可を貰ったことがありますよ。

そうすると数人で割り勘などにも出来るので安く済みますね。

駐輪場に置けないか交渉する

アパートやマンション住まいの方ですと、駐輪場に置くのが一般的でしょうか。

しかし規約で125cc以上は不可…なんてところも多いんですよね。

 

どうやら消防法が関係しているようで、消火設備のない駐輪場にバイクを置くことが出来ないようです。

原付であれば可のようですが、管理人の考え方で「バイクは全て禁止」なんてところもあります。

 

管理者次第なので、近隣のアパートやマンションの駐輪場に置かせてもらえないか交渉するという手もあります。

特に自分が借りているアパートやマンションの管理会社が管理しているアパートなどですと話がスムーズだったりしますよ。

住居者以外の駐輪は禁止とするところが多いですが、時々了承してくれるところもあるのでダメ元で頼んでみると良いかと思います。

スポンサーリンク

駐車場のデッドスペースを借りれないか交渉する

駐車場のデッドスペースには2通りありますよ。

1つは自分が車を停めている場合です。

 

車の前や後ろにバイクを置いてもスペースに収まっていればOKとしてくれるところもあります。

もちろん1台のみと言われる場合もありますので、しっかりと事前に確認を取って下さいね。

 

もう1つは文字通り駐車場の活かされていないスペースを交渉する方法。

三角形の土地などで多いですが、車1台分のスペースは取れないもののバイクなら置ける…なんてスペースありますよね?

駐車場の経営者としても使っていないスペースは勿体ないと思っているもの。

交渉してみると安く借りられる可能性がありますよ。

レンタルガレージ・レンタルコンテナを借りる

最後にレンタルガレージです。

結構良い値段するのがネックですが、バイク用のレンタルガレージは「バイク用」だけに使い勝手が良いのがポイントですね。

 

他には貸し倉庫とかレンタルコンテナなんて名前の、物置にバイクを停める交渉をするという手があります。

断られることも多いですが、バイクを入れても良いと言われることも多いですよ。

ただ、「駐車はOKだが整備は禁止」なんて条件が出されたりもしますので、しっかりとその辺りは確認をして下さい。

 

レンタルガレージやコンテナなんて近くに無い…と思っても、意外と身近にあったりしますよ。

こちらのサイトから地域ごとに検索して探すことが出来ます。

スペースプラス

スポンサーリンク

バイクの保管庫として使えるテントやコンテナ!

バイクの保管に使えるテントですが、いくつか種類がありますね。

先ほど紹介したレンタルコンテナなどとは違い、駐車場などのスペースに置くようなタイプです。

 

賃貸でしたら設置の許可が必要ですが、あくまでも置くだけの簡易ガレージですので許可も出やすいかと思います。

大抵の方は雨風防ぐためにバイクにカバーをかけていると思いますが、その延長みたいな感覚ですね。

 

主な製品としてはこんな感じ。

値段も違うので当然ですが、バイクバーンの方がクオリティは高い造りとなっています。

モーターサイクルドームはカーポートとか、雨が多少は防げる環境で使う方が良いかもですね。

 

アンカー打ち込んでしっかり固定すると安心ですが、一応バイクを置いておけば風などで飛ぶ心配はなさそうですよ。

下にコンパネなどを敷いておくと更に効果的かと。

ただ、バイクを置いてない時に、この簡易ガレージが盗まれる…なんて話もあるので、盗難対策は必要かもです。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクの置き場所が無い場合の対策は本文内で

バイク用の簡易ガレージは非常に便利

 

バイクは趣味性が高いためか…なかなか世間には理解されにくいところがありますよね。

駐車場問題などもその一部かと思います。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・高速乗るならETCを付けよう→ETCの取り付けやセットアップはDIYでも可?

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。