オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクはイヤホンで音楽を聴くのは違反?おすすめはBluetoothスピーカー!

calendar

バイクに乗りながら音楽が聴きたいことってありますよね。

ですが、気になるのは「それって違反じゃないの?」というところです。

 

確かにイヤホンで音楽を聴くというと…危ないイメージがありますが、果たして法律的にはどうなのでしょうか?

また、他にもバイクに乗りながら音楽を聴く方法を考えてみましたよ。

スポンサーリンク

イヤホンで音楽を聴くのは違反なの?

イヤホンで音楽を聴く行為ですが、道交法違反ではない道路交通規則に引っかかる可能性があるようです。

ちょっとややこしいのですが、道交法違反ではないようです。

 

道交法的には「イヤホンで音楽を聴いてはいけない」という文章は無いんですね。

あるのは「周囲の音が聞こえる状況である」ということだけなんです。

なのでイヤホンで音楽を聴いていても、小さい音で周囲の音が聞こえているのであればOKということですね。

 

ですが道交法以外に、都道府県で定める道路交通規則というものがありまして…そちらでは禁止されているとも取れる文章が多いんですよね。

詳細はお住いの都道府県の決まりを見て頂きたいのですが、一例として東京都ではこう書いてあります。

 

高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

出典:東京都道路交通規則

 

イヤホンの使用は禁止とも取れますし、運転に必要な音が聞こえればOKとも取れますね…。

この辺りの解釈は取り締まりの警察官によっても違いがありそうですので、イヤホンはグレーだと思っていた方が良さそうです。

 

そもそもとして、特に耳に直接入れるカナル型イヤホンは周囲の音が聞きづらく…危ないからおすすめしませんけどね。

スポンサーリンク

バイクで音楽を聴く方法!

バイクで音楽を聴く方法ですが、大きく分けて3つですね。

 

最初の1つは先ほど紹介したように、イヤホンを使う方法です。

道路交通規則がグレーな上に、危険という意味でもあまり推奨はしない方法ではあります。

 

2つ目はバイクにスピーカーを取り付ける方法ですね。

田舎の方では…いわゆるDQNと言われる方々がスクーターやアメリカンでやっているイメージがありますが…。

 

まぁあそこまで大音量ではなく、ヘルメット越しになんとなく聞こえるくらいであればそんなに迷惑ではないかと思います。

ですが、自分はヘルメットを被っていますが…歩行者は何もないですからね。

音楽が外に漏れている車くらいの迷惑度はあるかと思いますよ。

 

そして3つ目が1番おすすめの方法でして、ヘルメットスピーカーを使うという方法ですね。

ヘルメットにスピーカーを埋め込む方法でして、安全面や迷惑度を考えるとこれが1番良いと思います。

スポンサーリンク

おすすめはBluetoothスピーカー!

音楽を聴く方法のおすすめはヘルメットスピーカーですね。

特にワイヤレスのBluetoothのものが使いやすくておすすめです。

 

最近バイク業界で名前を聞くのがB+COMですね。

元々はワイヤレスインカムでして、ツーリングなどの際に走りながら仲間と会話が出来るといった製品でした。

その技術の応用と言いますか…超簡単に言うとマイクを無くしたものですね。

 

インカムに関しては関連記事が詳しいので、関連記事からどうぞ!

 

マジックテープでヘルメットの外側に付ける商品が多く、落としそうで心配だったりはしますが意外と大丈夫です。

そしてヘルメットの内側、内装に薄型のスピーカーを取り付ける感じですね。

 

耳を塞がないので周囲の音も聞きやすく、かといって音楽が聞こえないわけでもない絶妙なバランスが良い感じです。

とは言ってもそこそこの速度で走ると、そもそもロードノイズと風切音がするのがバイクですけどね。

それに負けないように音量を大きくすると、周囲の音が聞こえなくて危険ですのでほどほどの音量で。

 

音楽を聴くだけの用途であれば、個人的にはB+COM Musicという製品がおすすめですよ。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

イヤホンで音楽を聴くことは違反ではないがグレーなので止めた方が無難

音楽を聴く方法は結局のところヘルメットスピーカーしかない

ヘルメットスピーカーはBluetoothのものが使いやすい

 

とここまで書いてきてナンですが、個人的にはバイクに乗りながら音楽を聴くことはあまり推奨しない派であります。

特にフルフェイスの場合は周囲の音が聞きづらいですからね。

そしてなぜか車と違ってバイクだとあまり音楽を聴きたくならないのも不思議です。

 

音楽だけでなく会話も出来るインカムは関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。