オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのブーツ・靴のおすすめ品!おしゃれで防水・防寒性能が高い製品を紹介!

calendar

今の季節、バイクに乗るのは非常に寒いですよね。

しかし雪が積もっていなければバイクには乗れますし、乗らなくてはならない…と言う方もいるでしょう。

 

この季節に少しでも快適にバイクに乗るための防寒着を紹介しますよ。

かなり色々ありますので、各アイテムごとに書いていきたいと思います。

 

今回はブーツ・靴編です。

他のアイテムに関しては関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

バイクの防寒着、ブーツの選び方!

バイクの防寒としてのブーツの選び方ですが、防風はもちろん足首がポイントです。

これ怪我の面から考えると冬に限った話ではないのですが、とにもかくにも冬に足首が出ていると本当に冷えます

 

長めのブーツやライディングシューズで足首を隠すか、ズボンの丈をしっかりと見直すなどがおすすめですよ。

あまりにもロングブーツですと、バイクを降りた時が不便だったりしますけどね。

個人的には足首までのライディングシューズに、ちょっとブーツカットと言いますか裾広がりなズボンがおすすめですね。

 

裾広がりですとブーツに引っかからずに、しっかりと足首を隠すことが出来ます。

もしくはブーツインにしてしまうか…。

どちらも最近は(ファッション的には)流行っていない気もしますが…。

 

ブーツだけでは寒いという方にはブーツカバーと言う手もありますよ。

レイン用なら雨の時にも使えますし、防水防風性能が高いので寒さも結構防いでくれます。

見た目と…バイクを降りてからが不便ではありますけどね…。

バイク専用品は何が違うのか?

バイク用のシューズ・ブーツと普通のシューズ・ブーツの違いですが、やはり安全面ですね。

転倒した際に、バイクと地面の間に足を挟むことって結構あるんですよ…。

バイク用の靴は摩擦に非常に強く出来ています。

 

そしてライディングの際に必要な方向には曲がり、怪我をする方向には曲がりにくく出来ているというのもポイントですね。

革のブーツなら…と思うかもしれませんが、やはり普通に使うのとバイクで万が一を考えた時の設計が違うんですよね。

 

他にも靴紐が引っかかったりしないように工夫されていたり、シフトペダルでつま先がボロボロにならないような工夫がされています。

 

最近はバイク用品もバリエーションが増え、いかにもバイクって商品からオシャレな革ブーツ、スニーカーっぽいライディングシューズとありますよ。

オシャレなおすすめ品を紹介しますので、是非安全のためにバイク用品を使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

おしゃれでおすすめのブーツ4選!

おしゃれでおすすめのブーツ・シューズですが、印象がかなり違う物を選んでみましたよ。

バイクによって合う合わないもありますし、個人の好みの問題もありますからね。

 

まずはライディングシューズの定番、elfシンテーゼ14です。

ライディングシューズと言ったらこれの名前が挙がるくらいに定番商品です。

スポーツバイクに似合うデザインでして、ロングツーリングとかバイクに乗る時間が長い方におすすめですね。

防水機能も備わっているところが嬉しいです。

 

elfのシューズは派手過ぎる…とか、本気っぽいのが…なんて方にはコミネBK-061がおすすめです。

こちらの商品でしたらネイキッドなどでも似合いますよね。

くるぶしまで隠れるスニーカー的な感覚で使うことが出来ます。

こちらも嬉しい防水機能付きとなっていますよ。

 

もっとおしゃれ度の高い、バイク降りてもバイクっぽくない製品でしたらRSタイチRSS009がおすすめ。

もはやどこから見ても普通のスニーカーです。

しかししっかりとプロテクターや、つま先のシフトパッドなどを装備したライディングシューズですよ。

防水機能ももちろん搭載です。

街乗りや、バイクを降りた時間が長い方におすすめです。

 

そして革ブーツにこだわりたい方にはガエルネフーガがおすすめです。

レトロとかアメリカンとか似合いそうですよね。

冬はファッションとしてのブーツもアリですし、バイク降りてからもカッコよくいられるかと思いますよ。

もちろんライディング用の製品ですので、バイクに乗っている時のことは非常によく考えられた製品です。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクのブーツ・シューズは防寒と安全面からくるぶしが隠れる物がおすすめ

バイク用品は安全性に優れる(最近はオシャレな物も多い!)

おしゃれでおすすめのブーツ・シューズは本文内で紹介

 

ブーツは紹介した製品を基に、好みや履き心地で選んで下さいね。

私自身は2番目に紹介した、コミネ製品のようなライディングシューズを使っています。

 

他のアイテムに関しては関連記事からどうぞ!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪