オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクの防寒インナー最強装備!冬を乗り切るおすすめ製品を徹底紹介!

calendar

【2019年版に更新】

今の季節、バイクに乗るのは非常に寒いですよね。

しかし雪が積もっていなければバイクには乗れますし、乗らなくてはならない…と言う方もいるでしょう。

 

この季節に少しでも快適にバイクに乗るための防寒着を紹介しますよ。

かなり色々ありますので、各アイテムごとに書いていきたいと思います。

 

今回はインナー編です。

他のアイテムに関しては関連記事からどうぞ!

スポンサーリンク

バイクの防寒着、インナーの選び方!

バイクの防寒としてのインナーの選び方ですが、保温性が大切です。

インナーと言っても、本当のインナー…今回は肌に直接着る物の話ですよ。

 

最近はユニクロのヒートテックを筆頭に、似た様な製品が色々と出ていますよね。

空気の層を作って体温をキープするものや、汗などの水分を熱に変換するものなど機能も色々ですよ。

 

付加価値として色々な機能を持った製品があって、選ぶのが難しいのですが…速乾性は不要かと個人的には思います。

サーキットライディングでもない限り、真冬のバイクで速乾性が必要なほど汗をかくことはないですよね。

保温性能が落ちますので、速乾性は春・秋までで良いかと。

 

とは言っても多少の汗はかきますので、透湿性を唄った製品はおすすめですよ。

透湿度の高い製品ほど蒸れにくいので、汗冷えしないためにも出来れば透湿性を持った製品を選びたいところ。

バイク専用品は何が違うのか?

バイク用のインナーと普通のインナーですが、生地の厚さが違う商品が多いですね。

やはり時には100km/hもの速度で風を切って走るわけですので、バイク用は生地が厚く保温性に優れた製品が多いです。

 

あと、地味に嬉しいのは背中が長めに作られていること!

バイクに乗った姿を想像するとわかるかと思いますが、背中が丸まるので…背中側がズボンから出てしまうことってありますよね。

そうすると寒い…。

 

ですが他のライディングウェアと違い、インナーは普通に普段使っている物を使いまわしても全然問題ないと思いますよ。

バイク用の方がバイクに乗るには適しているのは確かですが、インナーはそれほど気にしなくても良いレベルでしょう。

スポンサーリンク

おしゃれでおすすめのインナー3選!

おすすめのインナーですが、ゴールドウィンの光電子シリーズが評判が良いですよ。

上下で1製品ずつと、靴下の合計3製品を紹介したいと思いますよ。

(※靴下は光電子シリーズではないですが)

先ほどバイク用で無くても問題無い…と書きましたが、これから買うのであればやっぱりバイク用がベスト。

その中でも現在非常に評判の良いのが光電子シリーズとなっています。

 

紹介する製品はこちらの3種類です。

・ゴールドウイン 光電子スーパーヘビーウエイトハイネック
・ゴールドウイン 光電子スーパーヘビーウエイトパンツ
・ラフ&ロード ATオートサーモソックス

それぞれ個別に見ていきましょう!

ゴールドウイン 光電子スーパーヘビーウエイトハイネック

バイクの真冬用に考えられた製品だけに、超厚手となっていますよ。

同じシリーズで普通のTシャツのような製品もありますが、個人的には断然ハイネックをおすすめします!

ネックウォーマーとかもそうですが、首を冷やさないのが防寒のポイントですよ。

 

サイズはS、M、L、XL、XXL4サイズ。

カラーリングは黒の1色となっています。

 

しかしハイネックはアウターの隙間から見えて嫌…とか、ネックウォーマーを使いたい…なんて方もいるでしょう。

そういった方にはTシャツタイプの、光電子スーパーヘビーウエイトシャツがおすすめ。

こちらはS、M、L、O、XO、BM6サイズ展開となっており、レディース別品番でS、M、L3サイズ展開となっています。

レディースはこちらです。

スポンサーリンク

ゴールドウイン 光電子スーパーヘビーウエイトパンツ

先ほど紹介した製品の、下版だと思って間違いないです。

こちらも非常に厚手となっており、真冬にバイクに乗ることを考えた製品となっていますよ。

 

サイズ展開はS、M、L、O、XO、BM6サイズ。

カラーリングは黒の1色です。

こちらもレディースは別品番でS、M、L3サイズ展開となっています。

レディースはこちらです。

ラフ&ロード ATオートサーモソックス

靴下だと思うと結構高いですけどね…とにかく抜群に暖かいです。

惜しむらくは…サイズ展開が少ないところ。

フリーサイズで24.5cm~27.0cmとなっております。

せめて2サイズでも展開してくれると、女性から足の大きな男性まで履けるんですけどね…。

 

ちなみに紹介したのがロングソックスという名称で、膝下までの長さのタイプです。

膝上まで覆うオーバーニーソックスと、脛の途中までのショートソックスと、全部で3タイプが用意されています。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクの防寒としてのインナーは保温性が大切

バイク用品はとにかく厚手

おすすめの商品は本文内で紹介

 

意外と侮れないのがインナーですからね。

これさえしっかりしていれば、あとはアウターで風を防げば寒くないですよ。

 

他のアイテムに関しては関連記事からどうぞ!

 

こちらも合わせてどうぞ!・最強防寒!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。