オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

バイクのヘルメットの寿命・耐用年数は?3年説の嘘と本当の交換時期を紹介!

calendar

バイクのヘルメットの寿命って…一体何年なんだろう?と思うことありますよね。

特にアライやショウエイなどを使っている場合は、そうそうポンポンと買い替えるのは躊躇してしまう額です…。

とは言っても、頭を守る物だけに…という思いもありますよね?

世の中では一般的に3年…なんて言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

3年で買い替えとは知っているけれども、と思いながら何年も使い続けている方も多いのでは?

果たして本当の寿命・耐用年数はどのくらいなのか?

3年説の根拠と、本当の交換時期について見ていきたいと思いますよ!

 

また、年数以外にもヘルメットの寿命に影響を与えることもあるので…そちらも最後に紹介します。

スポンサーリンク

バイク用のヘルメットの寿命・耐用年数は何年?

バイク用のヘルメットの寿命・耐用年数ですが、5~7年程度となっています。

世間で言われている3年に比べると随分と長く感じますが…そもそもこの3年説はいったいどこから出てきているのでしょうか?

そして、なぜ5~7年なのか…この辺りをしっかりと解説しますよ。

一般的な3年説の根拠は?

3年説の根拠ですが、ヘルメットメーカーが推奨しているからです。

世界的にも超一流のヘルメットメーカーである、日本の2大メーカーと言えばARAISHOEIですよね?

どちらも公式ホームページに3年と書かれていますよ。

 

しかしちょっと読み込んでいくと…アレ?と思わざるを得ないことが書かれています。

まずはARAIの方から見ていきましょう。

※アライヘルメットでは、SGマーク(製品安全協会の被害者救済制度)の有効期限(ヘルメット着用開始から3年)を目安に、お買い替えをお勧めしています。

出典:株式会社アライヘルメット

しっかりと、着用開始から3年と書かれています。

 

対してSHOEIはどうでしょう?

2.ヘルメットは、仕様に伴う経時変化によって新品の時と同じ性能を維持できなくなることがあります。このため、SGマークではその有効期間を「購入後3年」と定めています。弊社では、正常に使用して異常が認められなくても、使用後3年以内を目安として交換することをお勧めします。

出典:株式会社SHOEI

こちらは購入後3年となっていますね。

 

着用開始…と購入後…の違いはありますが、まぁどちらも使い始めてから3年と解釈して良さそうです。

そしてどちらにもSGマークの有効期限を理由に、3年と書かれていますね。

このSGマークの有効期限=3年というのが、ヘルメットの寿命3年説の根拠となっています。

では、SGマークとはなんぞやと?

スポンサーリンク

ヘルメットとSGマークの関係

SGマークとは、簡単に言うと一般財団法人製品安全協会というところが定める安全基準をクリアした製品に付けることが出来るマークです。

ヘルメットだけでなく色々な製品に定められていますので、日常生活でこのマークを見かけることも多いかと。

そして、このSGマークが付いていると何が起こるのか?

 

SGマークが付いている製品の欠陥が原因で、事故や怪我(人身損害)があった場合には保険金が支払われる…となっています。

製品の欠陥により人身被害が生じた場合、被害者1人辺り最高1億円の賠償額が支払われる制度なんですね。

この有効期限が、バイク用ヘルメットの場合は購入から3年となっています。

 

変な話ですが…購入から…ということで、長期在庫で何年も眠っていた場合…というのもありますよね?

製造から何年も経っていたとしても、購入から3年以内なら保証対象なわけです。

デッドストック品までは考慮されていないでしょうが、1,2年在庫となるケースは想定されているでしょう。

 

つまり3年というのはヘルメットの寿命…と言うよりはSGマークの期限だから、ということになります。

では、本当のヘルメットの劣化による寿命というのは何年くらいなのでしょうか?

本当の交換時期は何年?

ヘルメットの本当の寿命ですが、冒頭に書いた通り5~7年となります。

この根拠ですが、ARAIとSHOEIは海外では5~7年を交換時期に推奨しているから…となります。

まずARAIを見てみましょう。

Arai recommend replacing your helmet 7 years after date of manufacture and 5 years after date of purchase to maintain the maximum levels og protection.

出典:Arai Helmet EU

ザザッと訳すと、製造から7年購入から5年での交換と書かれていますね。

ホームページにはもう少し詳しく書かれており、内装の発泡スチロールが徐々に劣化7年後にアライの安全基準を下回ると書かれています。

 

そしてSHOEIがこちら。

5. Even if none of these is applied, we, SHOEI, recommend replacement in 5 years after it’s first purchased at retail.

出典:Shoei-helmets.com

こちらもザザッと訳すと、購入してから5年以内に交換することを推奨…と書かれています。

購入から5年というのはアライと同様ですね。

 

その他にも有名メーカーを調べてみました。

AGV・・・少なくとも購入から5年
SUOMY・・・発見出来ず…
SIMPSON・・・購入から5年ごと
HJC・・・購入から5年間保証

といった感じです。

どのメーカーも購入から5年というのが基本スタンスのようですね。

 

そして購入から…となっているので、やはり製造日からはアライの7年というのが妥当と思われます。

アライでは7年後には安全基準を下回ると書かれていますが…それがどのくらいのレベルかは…正直不明です。

一流メーカーのヘルメットはかなり基準値が高いので、7年以上でも全然問題無かったり…なんて可能性もありそうです。

この辺りは自己責任で。

 

ということで、一般的には購入から5年。

製造から7年というのが、ヘルメットの劣化的な意味での寿命と言えそうです。

自己責任ではありますが…安全率を考えると、丁寧に取り扱えば10年くらいは大丈夫そうですね。

(推奨はしません。自己責任で!)

スポンサーリンク

ヘルメットの寿命は年数だけではない!気を付けるべきこと

ヘルメットの寿命は年数だけでなく、衝撃によって短くなります。

各メーカーごとに色々な書き方をしていますが…要点だけを引っ張ってみますとこんな感じです。

・落とした程度なら大丈夫
・事故などで頭を打っている場合はNG
・顎紐や内装にほつれ、擦り切れがあるのはNG

 

よく言われるのが、ヘルメットは1度の衝撃から守るように作られている…ということ。

中の発泡スチロールが潰れることで衝撃を吸収するため、1度大きな衝撃を受けると元に戻らないんですね。

 

メーカーの説明を読んでいると、重要そうなのは中身…頭が入っているかどうか…かなと思われます。

ヘルメット単体で落とした場合は、例え相手がコンクリートやアスファルトであろうとOKなことが多いようですね。

しかし、被った状態で(ヘルメットに頭が入った状態で)衝撃を受けたら1度きり…って感じの解釈で良さそうです。

事故にあった場合は、買ったばかりであろうとも交換した方がベター…ということですね。

 

ちなみに、どの程度の衝撃からNGなのか…というのは素人には判断が出来ないものです。

アライヘルメットでは再使用可能かどうかの検査を行っているそうですよ。

往復の送料のみの負担となっており、検査は無料!

気になる方は検査してもらうというのもアリかと。

他メーカーでも似たようなことをやっている可能性は高いので、問い合わせてみると良いかと思います。

 

そして…ついついやりがちですが…確実にヘルメットの寿命を縮める行為がコレ!

バイクのミラーにヘルメットをかける…です。

例え丸ミラーだとしても、やはり中の発泡スチロールの一部に負担がかかりやすいそうで…繰り返すことでそこが潰れてしまうそうです。

一部でも潰れてしまうと、設計上の安全基準を下回るようですので注意ですね。

ヘルメットの盗難防止にもなりますので、メットホルダーを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

ヘルメットの本当の寿命は5~7年

3年はSGマークの有効期限

事故などの大きな衝撃を受けたら再使用不可

 

3年で寿命は短いんじゃ…?と思っていた方も多かったのではないでしょうか?

3年にはSGマークが絡んでいたということですね。

SGマークのない海外では、購入から5年が一般的となっています。

もちろん年数だけではないので、取り扱いは丁寧に!

 

こちらも合わせてどうぞ!・最強防寒!冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。