オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

ヘルメットのあご紐を閉めないと違反になるの?それ以上に怖い事故の事実!

calendar

バイクに乗っているとたまに見かける光景が、ヘルメットのあご紐を締めていない方…ではないでしょうか?

特に若い子のスクーターが多い印象がありますが、紐がぷら~んと垂れ下がっているやつですね。

 

安全の為にはあご紐を締めるべきなのは間違いありませんが、ちょっと気になるのは「これって違反なのか」ということ。

お巡りさんに止められた場合に切符を切られることはあるのでしょうか?

 

また、今日からあご紐を締めたくなる…違反よりも怖い事故の真実を紹介しますよ。

スポンサーリンク

あご紐って締めないと違反になるの?

ヘルメットのあご紐を締めていない状態ですが、どうやら違反にはならない可能性が高そうですね。

曖昧な表記ですので絶対とは言えないですが、あご紐を締めない=ノーヘルではなさそうです。

 

「衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること」という文章が書かれているのですが、「有すること」ですからね…。

まぁ使うことが当然という解釈なのだとは思いますが…。

 

これもよく見かけるパターンですが、ヘルメットを首に引っ掛けて後頭部というか首の後ろにある状態…、これは「被っていない」と見なされてノーヘル扱いのようですよ。

現場のお巡りさんの判断になるようですが、あご紐だけの場合ですと注意を受けるだけで違反切符を切られるということは少ないみたいですね。

あご紐の正しい締め方を紹介!

あご紐の正しい締め方ですが、ヘルメットメーカーがちゃんと説明していますよ!

今回はヘルメット界の二大勢力とも言えるSHOEIのものを参考にしたいと思います。

 

あご紐は大きく分けて3種類に分かれるんですよね。

それなりに値段のするヘルメットですとDリング方式が一般的でしょうか?

他にはワンタッチバックルラチェット式なんかがありますね。

 

まずはDリング方式。

出典:SHOEIプレミアムヘルメット

そしてこちらがワンタッチバックル。

出典:SHOEIプレミアムヘルメット

こちらがラチェット式ですね。

出典:SHOEIプレミアムヘルメット

 

どれにも共通していることは、あご紐はなるべくキツめに締めておくということです。

苦しいのはダメですが、指1本入るか入らないかくらいには締めた方が良いですよ。

ゆるゆるの状態ですと、イザという時に意味ないばかりか首に余計な負担がかかることもあるそうです…。

 

ちなみに、この中で最も安全性に優れているのはDリングとのことです。

引っ張られた時の強度が1番高いんですね。

1番手間がかかる方式かもしれませんが、慣れれば数秒で出来ますのでDリングがおすすめですよ。

スポンサーリンク

違反よりも怖い事故の真実!

違反よりも怖い事故の真実ですが、死亡事故の35%がヘルメットが外れていた状態なんです!

もちろん、事故の衝撃で…ということなんですが…あご紐が切れたケースというのはほぼ無いそうですよ!

 

つまり、あご紐をしっかりと止めていなかった…もしくはしっかりと被っていなかったというのが真相なんです。

車の場合でもシートベルトをしていなかったがために被害が大きくなった…なんてケースがありますよね。

まさにアレと同じ状態なんです。

 

この35%のうち、しっかりとあご紐を締めていたら助かったケースがどのくらいあるかはわかりません。

ですがノーヘルの時のダメージと、ヘルメットを被っていた時のダメージが全然違うであろうことは簡単に想像出来ます。

控え目に見ても、半分は命が助かっていたのではないでしょうかね。

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

ヘルメットのあご紐を締めていなくても違反にならない可能性は高い

あご紐の正しい締め方は本文内にて紹介!

あご紐をしっかり締めていれば助かったであろう事故のケースは非常に多い

 

よく「誰に迷惑かけるわけでもないから良いだろ」という方がいますが、それは間違いですよ。

相手がいた場合は…あなたが怪我で済んだ時とそうでなかった時では扱いが違うんです。

つまり…あご紐を締めないことは人に迷惑をかける可能性があるんですね。

 

こちらも合わせてどうぞ!・夏におすすめのメッシュジャケット→メッシュジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。