オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

Home » 用品 » バイクで帽子の持ち運び方法はどうしてる?カラビナやホルダー、クリップ、ハトメなど徹底紹介!

バイクで帽子の持ち運び方法はどうしてる?カラビナやホルダー、クリップ、ハトメなど徹底紹介!

calendar

バイクの時って帽子の持ち運びに悩みますよね…。

それだけのためにリュックを背負ったり、バッグを取り付けたりするのも面倒です。

かと言ってポケットには入らないタイプも多いですし、無理に詰め込んで型崩れしてしまうのも嫌なもの。

しかしヘルメットを脱いだ時の潰れた髪型を思うと…帽子は絶対に持ち歩きたい!

 

今回はバイクで帽子を持ち運ぶための色々な方法を徹底紹介します。

手軽かつ安価に出来るものから、ちょっとこだわりを感じさせる便利グッズまで、色々とありますので是非ともお気に入りの方法を見つけて下さい!

スポンサーリンク

バイクで帽子の持ち運び方法はどうしてる?

バイクでの帽子の持ち運び方法は結構悩ましいところですよね。

車体にボックスが付いていたり、リュックやバッグなどを持っているのであれば問題無いですが…それだったらこんな悩みは出ません。

手ぶらに近い感じで極力荷物を減らした状態でバイクに乗りたい方は多いでしょう。

そんな方に向けた帽子の持ち運び方法は下記の3種類です。

・カラビナ
・帽子ホルダー
・小型バッグ

カラビナ

まずはカラビナを使う方法です。

本来はアウトドア系の用品なのでしょうが、最近は一般的になってますしどこでも売っていますね。

100均でも販売されているので手軽に手に入るのもメリットです。

 

このカラビナをズボンのベルトループやジャケットのループなどに付けておきます。

そして帽子のサイズ調整部分をカラビナにかけておくという方法ですね。

付ける場所や帽子の形状・サイズによっては走行風の影響が強く、結構なバタつきを感じるので多少の試行錯誤は必要です。

そしてサイズ調整部分がプラスチックの製品ですと、劣化によって割れて…走行中に帽子を落とすなんてこともあるので注意!

心配な方は帽子に穴を空けてハトメを付けると安心ですよ。

道具さえあれば自分でハトメを付けるのも難しくはないです。

スポンサーリンク

帽子ホルダー

役割はカラビナと一緒ですが、専用の帽子ホルダーというのも存在します。

おすすめはデグナーのキャップホルダーでして、手頃な値段でありつつも本革を採用しているので見た目がオシャレ。

カラビナの武骨さも良いですが、さりげなく革製品を使うことで大人な印象になるのではないでしょうか?

 

皮革の部分を帽子のサイズ調整部分に巻き、ナスカンをくぐらせてからベルトループなどに取り付ける感じです。

使い勝手的にはカラビナと大差ないですね。

小型バッグ

ライディングの邪魔になりにくい小型のバッグというのも使い勝手が良いですよ。

先ほど紹介したカラビナや帽子ホルダーですと、ニット帽などの持ち運びは出来なかったりもします。

 

一昔前はウェストポーチ=ダサいみたいな風潮がありましたが、最近ではヒップバッグなんて名前になってオシャレな製品も増えています。

バイクですとレッグバッグやホルスターバッグと呼ばれる、太もも部分に固定出来るバッグは利便性が高いのでおすすめですね。

特に近年はスマホが大型化していることもあり、財布や鍵と共に持ち運びに悩んでいる方も多いでしょう。

折り畳んで小さく出来る帽子であれば、それらと一緒に小さい鞄に入れておくのがおすすめです。

特に紹介しているドッペルギャンガーの製品は、ベルト部分にカラビナを付けられるループが複数あり非常に使い勝手が良いタイプになっています。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

バイクでの帽子の持ち運び方法を3種類紹介

腰に付けるか小さなバッグを用意するのが定番

 

今回紹介した方法であれば手ぶらで帽子を持ち運ぶことが可能です!

ヘルメットを脱いだ後の潰れた髪型はこれでバッチリ防げますよ。

 

こちらも合わせてどうぞ!・寒さを乗り切る!秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・盗まれてから後悔しない!おすすめのバイクの盗難保険!

・高額査定の裏技!バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。