オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

新型モンキーは出るのか?125ccモデルの発売日や価格が高いとの噂を検証!

calendar

出典:レスポンス

2017年のモーターサイクルショーにて、現行型のモンキーが生産終了となることが発表されましたね。

やはり排ガス規制からは逃れることが出来なかったわけですが…50年という歴史を持っているだけに残念です。

 

生産終了となると、やはり気になるのは「新型がホンダから出るのか?」ということですよね。

現在では125ccのGROMベースでの発売になる、なんて噂が出ていますね。

 

果たして本当に新型モンキーは発売されるのか?

排気量は125ccなのか?

発売日や価格はどうなるのか?

 

この辺りについて予想してみます。

 

※新型モンキーに関しての最新の話題は別記事にまとめなおしています。

よろしければ下の関連記事から、そちらもご覧になって下さい。

スポンサーリンク

新型モンキーは本当に出るのか?

新型モンキーですが、発売されることは間違いなさそうです。

あれだけの人気車種ですし、ホンダの動向を見ていると後継機を出すことは間違いないと思いますよ。

 

ただ、少し気になるのは「モンキーという名前になるのか?」ということですね。

他にも「それはモンキーと言えるのか?」という問題もあります。

これだけ長く売っていましたし根強い人気がある車種ですので、新型が「こんなのモンキーじゃない!」とユーザーから言われる可能性はあるかと思います。

 

ホンダの動向を見ると後継機を出しそうだと書きましたが、やはり1番は2016年のバンコクモーターショーにて「モンキーコンセプト」が公開されたことでしょう。

メーカー関係者は多くを語らなかったようで、「モンキー愛好家のために作りました」としか語っていないようです。

ただし、コンセプトモデルと言いつつもライトやウィンカーなどの灯火類も付いていますし、市販モデルと言われても違和感ないですよね。

出典:レスポンス

 

更にはパテントデザインを申請したとも言われていますので、「新型モンキー」ではなくても「モンキーの後継機」を作る気はあると思って良いでしょう。

 

2017.10.26  追記

東京モーターショーにて新型モンキーのコンセプトモデルが発表されていますよ!

ヘッドライトやテールライトはLED、更にはデジタルメーターを採用しています。

 

それにも関わらず、きっちりとモンキーらしさが出ていて良いですよね。

ベースは予想通りGROMとなっていますので、サイズは今までに比べると結構大きくなりましたよ。

出典:本田技研工業株式会社

スポンサーリンク

新型モンキーは125ccになる?

新型モンキーですが、125ccとなる可能性が高いですね。

先ほど紹介したコンセプトモデルに関してもMSX125、つまり日本で言うグロムをベースにしたとなっています。

出典:BikeBros.

 

となると排気量だけでなく車体サイズも一回り大きくなるということですね。

グロムベースですからグロムと同等、エイプなどとも同等の大きさとなりそうです。

 

そもそも50ccが軒並み生産終了となっているのも排ガス規制が原因ですので、新型モンキーが50ccという可能性は極めて低そうです。

新設計ではなくGROMという現行車の使いまわしと思うと残念な部分はありますが、まぁ仕方がない部分ですよね。

 

あくまでもコンセプトモデルの話ですが、リヤショックもツインショックですし単に「カウル剥がして丸型ライト付けました」ではないところが好感です。

ここまでやってくれれば「グロムベース」とは言っても、個人的にはちゃんとモンキーだと思いますね。

ディスクブレーキやキャストホイールに関しても、現代の道路事情を考えると「好ましい」かと思います。

125ccという排気量に関しても同様のことが言えるかもですね。

 

2017.10.26 追記

排気量は予想通り125ccと発表されています。

空冷4ストOHC125ccとのアナウンスでして、外見を見るにやはりグロム用で間違いないでしょう。

スポンサーリンク

新型モンキーの発売日や価格を予想してみた!

新型モンキーの発売日や価格ですが、早くて2017年秋頃で35万円~くらいではないでしょうか?

現行型が2017年8月末で生産終了と発表されましたので、新型の発売はこれより後になることは間違いないですね。

 

コンセプトモデルがバンコクモーターショーに展示されたことを考えると、先に海外で発売という可能性も考えられます。

そうなると日本への導入は…下手したら2018年春かもしれませんね。

この辺りは全く情報がないので、あくまでも予想でしかありませんが…。

 

価格に関してはGROMが34.5万円ですので、それに近い価格…もしくはそれを少し超えるくらいと見ています。

結構高いなと思ったのですが、現行のモンキーに関しても1番安いモデルで29.8万円なんですね!

50周年記念モデルは35万円を超えていますから…やはりこのくらいの価格となるかと思います。

 

ホンダの社長さんだったかと思いますが、以前に「バイクの価格が高いので安くしたい」的なことを語っていたような記憶があります。

ソースや詳細は失念してしまいましたが…確か「排気量÷10万円」が妥当ではないかといった話だったと思います。

それで考えると、新型モンキーは125ccということで12.5万円!

 

現実を考えるとそんな値段では作れないのでしょうが、このくらいの価格でしたらもっと多くの方がバイクに乗りそうですよね。

現実的には「排気量÷10万円×2」くらいでしょうかね?

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

新型モンキーが発売される可能性は高そうコンセプトモデルも発表!

しかし、125ccとなりグロムがベースとなりそうですね。で間違いない。

発売時期は未定ですが、2018年春くらいになるかもしれません。

そして、価格は35万円~と予想します。

 

コンセプトモデルを見る限りでは、結構魅力的な新型モンキーです。

デザイン的にもGROMとは買う層が違いそうですので、そこそこ売れると思うんですけどね。

 

続報に期待しながら待つことにしましょう。

2017.10.30 追記

新しい情報も含めて、別記事の方を更新しております。

よろしければ下の関連記事から是非ご覧になって下さい!

 

こちらも合わせてどうぞ!・真冬におすすめ→冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。