オートバイのある生活 Life With Motorcycles

バイクの様々な楽しさを紹介していきたいと思います。バイクブーム再来を夢見て。

モンキー125の発売日予定はいつ?新型の最新情報とモーターショー!

calendar

出典:レスポンス

生産終了が惜しまれているモンキーですが、後継者である新型のモンキーが噂されていますね。

こちらのブログでも以前に紹介したことがありますが、新型が気になる方は非常に多いようです。

 

東京モーターショーも近づいていますし、新型の最新情報を調べてみましたよ。

何と言っても1番気になるのは、発売日はいつになるのか?ですよね。

スポンサーリンク

モンキー125の発売予定はいつ?

モンキー125の発売予定ですが、恐らく2018年になってからではないでしょうか?(追記あります!)

2017年に新型が発表される…なんて噂もありましたが、現時点では特にこれといった新しい情報は出てきていないですね。

 

以前にも紹介しましたが、2016年3月末にタイのモーターショーにて新型モンキーのコンセプトモデルが発表されています。

恐らくではありますが、10月に行われる東京モーターショーで同じコンセプトモデルが展示されるのではないでしょうか?

もしくは、そこから多少進んだモデルの展示かと思われます。

 

市販車両とほぼ同等と言える、市販プロトタイプの車両は2018年3月のモーターサイクルショーでお披露目と予想していますよ。

この辺りにて、発売日や価格なども明らかになるものと思われます。

2017.10.26 追記

東京モーターショーにてコンセプトモデルが発表となりました!

ほぼ予想通りな感じで、しっかりモンキーですよ。

出典:本田技研工業株式会社

2017.10.30 追記

なんと!東京モーターショーにて会場の人が言うには、「市販検討中で発売する予定は決まっていない」とのこと。

確かに「市販予定モデル」ではなく、「コンセプトモデル」としての発表になっていますからね…。

 

需要が大きければ市販される…その需要をモーターショーで見たい、的な感じだそうです。

となると、市販が決まってもすぐには発売とならない可能性もありますね。

 

ちなみに、公式のPVが発表されていますよ!

個人的にはこれで良いのですが、モンキーと言うには大きくエイプみたいですね。

スポンサーリンク

2017.11.24 追記

まだハッキリとした情報ではありませんが、2018年7月に発売予定といった噂があるようですね。

価格は40万円程…とのことですよ。

正式に決まったらまた追記します。

2018.01.18 追記

販売店向けの、ビジネスミーティングで正式に発表となりました。

予定通り、7月発売予定の価格は40万円程度とのことです。(ABSは43万円)

カラーリングは黄色の他、赤が追加され2色展開となるようですよ。

出典:ホンダドリーム静岡

スポンサーリンク

2018.04.23 追記

公式プレスリリースが発表されました!

7月12日発売予定で39万9,600円となっています。

ABS(フロントのみ)付きモデルは43万2,000円となりますよ。

 

公式ページからザザっと画像も紹介です。

出典:本田技研工業株式会社

スポンサーリンク

モンキー125の最新情報!

モンキー125の最新情報ですが、特にこれと言って新しい情報はありません…。(色々出てきたので追記してます!)

沈黙が保たれている感じですね。

 

ちょっと心配になってしまいますが、開発は間違いなく進んでいるでしょう。

新しい情報ではありませんが、GROMをベースとして12インチのモンキーとなるのはほぼ間違いなさそうです。

 

賛否両論あるとは思いますが、個人的には125cc化と12インチ化は賛成ですね。

やはり元々の8インチタイヤですと…路面のちょっとしたギャップが怖いですから…。

 

法定速度は30km/hですので、それで走っていれば問題はないのかもしれませんが…現実30キロで走っていたら逆に危ないシーンも多いですからね。

2017.10.26 追記

グロムベースとなり、旧モンキーに比べると非常に大きく見えますね。

エンジンは空冷4ストロークOHC単気筒。

外見から見るに、グロムのものを採用していると思われます。

ロント倒立フォーク、前後ディスクブレーキ、ホイール系は12インチと発表されています。

2018.04.01 追記

タイで開催されているバンコクモーターショーにて、日本で披露されていないカラーリングが発表されています!

日本では黄色と赤の2色でしたが、その2色に加えてが展示されていますよ!

一部カスタム済みのモデルもありますが、フランスのメディアであるMINI4TEMPS.FRさんの画像を紹介します。

出典:MINI4TEMPS.FR

 

黒とかかなりカッコいいじゃないですか!

日本には残念ながら入ってこない可能性が高いですが…。

2018.04.23 追記

公式リリース発表されました。

予想通りではありますが…日本仕様は黄色の2色となっています。

出典:本田技研工業株式会社

 

今のところは海外のみとなっており、後から追加されるのかどうかはわかりません。

しかし長期売るでしょうから、どんどんと今後カラーラインナップが増えることは予想されますね。

往年のモンキーのカラーリングをモチーフにした特別仕様なども期待出来そうです。

くまモンモデルとか…また出るかもしれませんね。

スポンサーリンク

モンキー125の個人的希望!

出典:WEBヤングマシン

モンキー125の個人的希望ですが、2本サスの採用をお願いしたいです。

コンセプトモデルを見る限り心配はいらないと思いますが、GROMがモノサスですからね。

 

やっぱりモンキーのイメージを作るうえで大切なのは2本サス丸型ヘッドライト、特徴的な燃料タンクでしょう。

あの車体横に配置されるマフラーも再現して頂きたいですね。

ヤングマシンさんから予想CG画像をお借りしましたが、個人的にはコレがかなりイケてると思うんです。

しっかりと現代版モンキーでして、これは欲しいですね。

 

それと、先ほども書きましたが125ccと12インチは歓迎です。

他にもブレーキのディスク化も歓迎したいところですね。

 

気になるのは125ccとなったことで2人乗りに対応するのか?というものがあります。

個人的には正直どちらでも良いと思っていますが…。笑

 

モンキーらしさといった意味ではあのシートも捨てがたいですので、必然的に1人乗りになってしまうかもですね。

2人乗りに対応させるために、見た目の印象を大きく崩してロングシートにする…なんてことは避けてほしいと思います。

2018.04.23 追記

公式リリース発表されました。

やはり乗車定員は1人となっていますね。

タンデムステップも装備されませんので、二人乗りは禁止ということになりますよ!

まとめ

ということで今回の記事のまとめです。

 

モンキー125の発売予定ですが、7月12日に39万9,600円の43万2,000円

モンキー125の最新情報は追記でちょっと更新!

モンキー125に求めるのは、個人的には今までのイメージを崩さないこと

 

規制規制で非常に大変な2輪業界な感じですが、試行錯誤で名車を引き継いでいってほしいですね。

なんだかんだと好き勝手書きましたが、かなり新型モンキーには期待しています!

 

こちらも合わせてどうぞ!・秋冬におすすめ→秋冬用ジャケットのおすすめ3選を紹介!

・バイクもドラレコ!→バイクのドライブレコーダーおすすめ3選!前後撮影モデルやヘルメット取り付けの利点!

・ツーリングのお供にインカム!→インカムのおすすめ品5選!

スポンサーリンク

今のバイクの下取りはちょっと待って!実は○万円損をしているかも!

新車を買おうと思ったときに、今乗っているバイクの下取りはどこに出す予定ですか?

実は新車を買ったお店で下取りをしてもらうと、○万円という単位で損をしている可能性が高いですよ!

 

なぜなら、そういったお店は新車販売や整備をメイン業務にしているからなんです。

バイクの買取を専門に行っている業者であれば、ノウハウ豊富で通常よりも高く買い取れたり、不人気で値が付かないような車種も高く買い取れたりするんです。

 

以下の記事で、おすすめの中古バイク査定業者を紹介しているので、是非ご覧になって下さいね♪

バイクを下取りよりも○万円お得に手放す方法!

 

オトクに売って、そのお金でカスタム?ウェアの新調?ちょっと遠くにツーリング?

夢が広がりますね♪

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。